logo

BSPのジョブ管理ツール「A-AUTO(R)」の新バージョン Ver7.1 1月26日より販売開始

~大幅なパフォーマンスアップとともに“使いやすさ”を徹底追求し、クライアント機能を一段と強化~

 株式会社ビーエスピー(本社:東京都港区、代表取締役社長 竹藤 浩樹、以下BSP)は、主力製品であるジョブ管理ツール「A-AUTO(エーオート)」の新バージョン Ver7.1を、本日より販売開始します。
 基本価格は、55万円(1~4コア※)からとなります。


 BSPの「A-AUTO」は、1977年の発売以来30年以上にわたって使い続けられているロングセラー製品です。最近では、内部統制対応の本格化による新規導入も増えてきており、基幹業務に強いジョブ管理ツールのスタンダード製品として、業種・業界を問わず、多くのお客様から高い評価と支持を得ています。


 新バージョン Ver7.1は、主要機能の一層の強化と大幅なパフォーマンスアップによって、オペレーション工数の大幅な低減と、運用コストの削減を可能にします。
 さらに、Web化による管理画面の統合や画面の刷新による、使い勝手の一段の向上を実現、より円滑で効率的な運用をサポートします。


 今後は、企業の基幹業務システムの運用において、高い優位性を有するメインフレーム市場に加え、オープン系市場においても、「A-AUTO」の新バージョン Ver7.1によって意欲的な営業展開を図ってまいります。


 なお、「A-AUTO」の新バージョン Ver7.1の販売開始にあわせ、来る2月25日(水)に「基盤から見直すシステム運用改善セミナー」を開催し、新バージョンにおける主要な機能をご紹介予定です。詳しくは当社HPをご覧ください。
リンク


※「A-AUTO」Ver7.1より、従来のCPU課金からコア課金を基準とした価格体系になります。


以上



<お問い合わせ>
■ 報道関係からのお問い合わせ
株式会社ビーエスピー
広報室:井上
URL:リンク
Tel : 03-5463-6385 Fax : 03-5463-6392 Email:info@bsp.co.jp


■ 製品・サービスについてのお問い合わせ
株式会社ビーエスピー 
営業本部 営業推進部 販売企画チーム:川原(かわはら)
Tel : 03-5463-6383 Fax : 03-5463-6392 Email:product@bsp.co.jp


本プレスリリースに記載の会社名、製品名は商標または登録商標です。
また、記載の情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更される可能性があります。




(別紙)ご参考

「A-AUTO」について


「A-AUTO」はメインフレーム/UNIX/Windows/Linux/OS400など、さまざまなプラットフォームで稼働するジョブ管理ツールです。情報系システムから基幹システムまで、異なるプラットフォーム間のジョブ連携を実現し、24時間365日止まらない安定したジョブスケジューリングを構築します。
「A-AUTO」は、業務量、デーダ量が増加しても、正確かつ安定した進捗管理を行い、効率的な管理をしっかりサポートします。


<A-AUTO Ver7.1の特徴>
○混在するプラットフォームに柔軟に対応
メインフレームを含め、UNIXやWindowsなどが混在した環境でも、全てのジョブを連携したジョブスケジューリングが実現できます。バージョンの上位互換、下位互換を意識する必要はありません。


○スケジュール日による確実なジョブ管理
基幹システムのジョブ運用では、確実なジョブの実行制御が求められます。「A-AUTO」は、長年のメインフレームにおけるバッチ処理などの実績を活かした確実なジョブ管理を実現します。


○IT業務処理統制対策に効果を発揮
「A-AUTO」が管理するジョブログより、バッチジョブが予定どおりに正しく実行されたことを証明できます。IT業務処理統制の対策にも効果的です。


<A-AUTO Ver7.1の新たな機能>
◎ユーザビリティを重視したクライアント機能の改善
◎大規模化に対応したパフォーマンスの向上
◎開発から本番への移行の簡易化
◎負荷分散による安定運用
◎ジョブネットワークの柔軟な設定



詳細はHPをご参照ください。
■A-AUTO製品ご紹介ページ:リンク
■導入事例ご紹介ページ:リンク


以上

このプレスリリースの付帯情報

BSPの「A-AUTO」は30年以上にわたって使い続けられているジョブ管理ツールのスタンダードです。

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事