logo

オバマ大統領の支持率89.7% / オバマ大統領に関する調査

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       オバマ大統領の支持率89.7%

    オバマ氏のPR広告を「ネットで見た」21.1%

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
 インターネットを活用して新しい生命保険サービスを提供するライフネット生命保険株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 出口治明)は2009年1月9日~1月13日の5日間、オバマ氏がアメリカ大統領に就任することを知っていた(※就任前に調査実施)10代~50代の男女に「オバマ大統領に関する調査」をモバイルリサーチで実施、968名の有効回答を得ました。



━━━━━━━━━━━アンケート総括━━━━━━━━━━━

◆ オバマ大統領のイメージ「演説が魅力的」34%

 オバマ氏がアメリカ大統領に就任することを知っていた(※就任前に調査実施)10代~50代の男女968名に対し、先日就任したオバマ大統領のイメージについて尋ねたところ、全体でトップになったのは「新鮮である」52.3%、2位「革新的である」38.0%、3位「演説が魅力的」33.9%、4位「人気がある」24.1%、5位「アメリカの多様性の象徴である」22.7%という結果になりました。
 
 10代ではトップが「革新的である」・「演説が魅力的」で、同率の39.5%という結果となりましたが、今回の大統領選でのチーフ・スピーチライターを務めた当時26歳のスタッフの感性を活かしたオバマ氏の広報戦略は、これからの日本を担う若者のハートもしっかり掴んでいるように推察されます。



◆ 「オバマ氏のPR広告はSNSやブログ、YouTubeで見た」21%

 今回のアメリカ大統領選挙でのオバマ陣営は、主にクチコミを重視し、YouTube(ユーチューブ)などの動画共有サイトや、MySpace(マイスペース)、Flickr(フリッカー)といったSNSなど、インターネットを駆使した選挙キャンペーンを展開しました。
 
 そこで、オバマ陣営のクチコミ戦略を含めたキャンペーンの影響が日本でどの程度あったのかを検証すべく、10代~50代の男女968名に対し、オバマ陣営がキャンペーンで利用したサイトやツールの日本での認知状況を調査したところ、最も認知率が高かったのは「YouTube」で60.3%、次に認知率が高かったのは「オバマ氏の公式サイト」19.1%、「MySpace(マイスペース)」13.4%が続きました。

 次に、オバマ氏の情報への関わりについて調査したところ、「オバマ氏の演説をテレビで見た経験がある」と回答したのは88.1%、「家族や友人とオバマ氏について話した経験がある」57.4%、「オバマ氏のPR広告をSNSやブログ、YouTubeなどのインターネットサイトで見た経験がある」21.1%、「ブログに書いた経験がある」3.0%という結果になりました。マスメディアやインターネットを通じて、オバマ陣営のキャンペーンは海を越えて日本国民にまで影響を及ぼしたということが、十分に裏付けられる結果となりました。



◆ オバマ大統領の支持率89.7%

 オバマ氏がアメリカ大統領に就任することを知っていた(※就任前に調査実施)10代~50代の男女968名に対し、オバマ大統領を支持するかどうかについて尋ねたところ、どの世代においても90.0%前後(全体平均:89.7%)の支持率があることがわかりました。

 この高い支持率は、米CNNテレビが行ったアメリカでの世論調査結果である支持率84.0%(09年1月18日に発表 ※調査期間:09年1月12日~1月15日)を5.7ポイント上回るもので、日本においてオバマ大統領への期待が大きく膨らんでいる状況が推察されます。

 次に同回答者に対し、オバマ大統領に期待したいことを限定回答形式(3つまで選択可)で聞いたところ、トップになったのは「金融危機の克服」78.7%が圧倒的で、2位「日本経済への好影響」48.0%、3位「環境政策への取り組み」37.3%、4位「北朝鮮問題の解決」34.0%、5位「中東情勢の安定化」22.7%となりました。




■■調査概要■■

■調査タイトル:オバマ大統領に関する調査
■調査対象:ネットエイジアリサーチのモバイルモニター会員を母集団とする
      オバマ氏がアメリカ大統領に就任することを知っていた
      10代~50代の男女 968名を対象
■調査対象者の内訳: 10代(男性:93名 女性:92名)、20代(男性:96名 女性:98名)
           30代(男性:98名 女性:95名)、40代(男性:99名 女性:98名)
           50代(男性:100名 女性:99名)
■調査期間:2009年1月9日~1月13日
■調査方法:モバイルリサーチ
■調査地域:全国
■有効回答数:968サンプル
■実施機関:ネットエイジア株式会社





■■報道関係者様へのお願い■■

本リリース内容の転載にあたりましては、「ライフネット生命調べ」 という表記をお使い頂けますよう、お願い申し上げます。

■会社名 :ライフネット生命保険株式会社
■代表者名 :代表取締役社長 出口 治明
■設立 :2006年10月
■所在地 :東京都千代田区麹町二丁目14番地2 麹町NKビル
■業務内容 :インターネットを利用した生命保険の販売
■ホームページ :リンク

本件に関する報道関係者のお問い合わせ先
ライフネット生命保険株式会社
マーケティング部 松岡  TEL:03-5216-7900

調査協力会社
ネットエイジア株式会社
担当:馬場

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事