logo

勘定奉行のOBCグループ ビズソフト 「ツカエル会計 2009」「ツカエル青色申告 2009」をバージョンアップ~1月20日より電子申告、電子帳簿保存法に対応~

勘定奉行のOBCグループ ビズソフト
「ツカエル会計 2009」「ツカエル青色申告 2009」をバージョンアップ
~1月20日より電子申告、電子帳簿保存法に対応~



勘定奉行で知られるOBCグループのビズソフト株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大島 敦、以下ビズソフト)は「ツカエル会計 2009」「ツカエル青色申告 2009」の2タイトルを1月20日にバージョンアップ致します。

今回のバージョンアップにより、「ツカエル会計 2009」及び「ツカエル青色申告 2009」で作成した決算書データをNTTデータの電子申告ソフト「電子申告の達人2009(個人納税者用)(※1)」に取り込むことが可能になります。これにより、日々の帳簿付け(仕訳・記帳)・所得税・確定申告・決算書作成から電子申告までがスムーズに連携します。(※2)

また、「ツカエル会計 2009」では新たに「電子帳簿保存機能」を追加し、国税関係帳簿書類の保存方法に関する法律「電子帳簿保存法」(※3)に対応致しました。電子帳簿保存機能により、データ新規作成時・年次更新時に訂正・削除の履歴確保の選択ができるだけでなく、訂正・削除の履歴確認も可能になります。これにより、データに対するリスク管理、保存帳簿の印刷にかかる時間やコストの軽減、保存スペースが削減されます。

(※1)個人納税者用のソフトウェアですので、法人税の申告には対応しておりません。
(※2)電子申告を行うには、電子証明書(住民基本台帳カード等)の取得、ICカードリーダライタ、e-Taxの開始届出等の事前準備が必要です。
(※3)電子帳簿での保存については、税務署への申請が必要です。


【バージョンアップ詳細】
■対象者:「ツカエル会計 2009」「ツカエル青色申告 2009」のユーザー登録が済んでおり、「基本使用サービス(サポート&サービス)」が有効な方。

■バージョンアップ方法:対象者には、製品の起動時にバージョンアップをお知らせするダイアログが表示され、インターネットを利用し案内にしたがっていくだけで自動的にプログラムがバージョンアップされます。

【電子申告とは・・・】
これまで書面で提出していた申告、納税、申請・届出などの手続きを、 インターネットを利用して行うシステムのことです。

■電子申告のメリット
・自宅やオフィス等から時間を気にせず申告から納税まで行え、時間が節約できます。
・最高5,000円の税額控除が受けられます。
 (平成19年分または平成20年分の確定申告のいずれか1回のみ)
・添付書類の提出が不要です。
・還付金を受け取るまでの期間が短縮されます。


【ツカエル会計・ツカエル青色申告】
個人・法人に対応した会計ソフト「ツカエル会計 2009」と個人事業者用青色申告ソフト「ツカエル青色申告 2009」は、2008年12月4日より全国家電量販店にて発売中。両タイトルに「電子申告の達人2009(個人納税者用)」を同梱し、誰でもツカエルソフトを抜群のコストパフォーマンスでご提供いたします。

・「ツカエル 会計 2009」…メーカー希望小売価格 ¥26,250(税込)
・「ツカエル 青色申告 2009」…メーカー希望小売価格¥10,500(税込)
・NTTデータ「電子申告の達人2009(個人納税者用)」…メーカー希望小売価格¥1,980(税込)


【会社概要】
ビズソフト株式会社は、株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)と株式会社ワァットコミュのジョイントベンチャーとして、2005年7月に小規模事業者向けソフトウェア開発会社としてスタートしました。「ものづくり」の精神を大切にしながら、中小企業の経営者・個人事業者に真に役立つ新しいサービスとは何かを常に問い続けて事業展開を進めています。

本社:東京都新宿区高田馬場3-46-25 第18荒井ビル4F
代表:代表取締役 大島 敦(おおしま あつし)
設立:2005年7月
資本金:5,000万円
主要株主:株式会社ワァットコミュ/株式会社オービックビジネスコンサルタント

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事