logo

「Alibaba JAPAN」、エコ自動車に関する調査 環境に最も良いイメージの車は「電気自動車」4割強

~ 「Alibaba JAPAN」、エコ自動車に関する調査 ~

環境に最も良いイメージの車は「電気自動車」4割強
関心はあるものの200万円未満で購入希望、半数以上



 世界最大級の企業間トレードサイト「Alibaba JAPAN」(リンク)を運営するアリババ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:香山 誠、以下 アリババ)では、2008年12月9日~12月11日 の 3日間、全国の自家用車を保有している20代~50代の男女に対してインターネット調査を実施、計300名(男女 各150名)の回答を集計しました。

 環境省が今年、電気自動車や燃料電池車などの普及を推進するための「次世代自動車討導入促進事業」を発表し、2009年には 三菱自動車や富士重工業がこれまで開発を進めてきた電気自動車を市販する予定など、電気自動車が本格的に普及していく土台は整ってきました。今回の調査では、エコ自動車全般のイメージや、電気自動車への関心、イメージ、購入したい価格帯、開発で期待するメーカーなどを調査することによって、自動車ユーザーの電気自動車へのニーズや意識を把握することができました。

~調査結果~

■環境に最も良いイメージ「電気自動車」4割、電気自動車の「内容を理解している」7割弱
 環境に最も良いとイメージする自動車を聞いたところ、トップは「電気自動車」で41.7%、2位は「ハイブリッドカー」26.0%、3位「水素自動車」23.7%となりました。性別で見てみると、1位は男女ともに「電気自動車」(男性40.7%、女性42.7%)となりましたが、男性の2位は「水素自動車」34.0%、3位「ハイブリッドカー」16.7%、一方女性は2位「ハイブリッドカー」35.3%、3位「水素自動車」13.3%となり、2位以下は男女差があることが明らかとなっています。
 電気自動車の認知については、全体では「知っており、内容も理解している」との回答が66.3%、「名前を聞いたことがあるが、内容は理解していない」32.7%となり、ほぼ全回答者が電気自動車を「知っている」ことが分かりました。男女差で見ると、「知っており、内容も理解している」は男性が84.0%であるのに対し、女性は48.7%にとどまり男女で2倍近く差が出るという結果になりました。さらに電気自動車を知っている297名に、どの電気自動車を知っているかを、具体的な車種名を挙げて複数回答形式で聞いたところ、トップは「i MiEV(三菱自動車)」42.4 %、続いて「スバルR1e(富士重工)」16.5 %、「でんきキューブ (日産) 」11.1 %となり、圧倒的に「i MiEV(三菱自動車)」の認知が高いことが分かりました。ただ、具体的な車種名を「知らない」との回答が48.0%あり、電気自動車のことを何かしら知っていても、車種名までは認知されていないという実態が明らかになりました。

■電気自動車「関心がある」6割強
 電気自動車の関心有無を尋ねたところ、「とても関心がある」18.0%、「やや関心がある」45.7%となり、6割強が電気自動車に「関心がある」ということが明らかになりました。次に、電気自動車に関心がある回答者191名に電気自動車のイメージを複数回答形式で聞いたところ、トップは「環境にやさしい(二酸化炭素を放出しない)」78.5%、2位「静かな(騒音が出ない)」75.4%となりましたが、次に「充電において不便な面(充電時間がかかるなど)がある」69.6%と「価格が高い」66.5%が続き、環境にはプラスのイメージがある一方、設備面や価格に関してはまだ不十分だというイメージがあることがうかがえる結果となりました。

■200万円未満で購入希望が半数
 電気自動車を購入したいと思っている150名に電気自動車を購入する場合、どの程度の値段のものを購入する、または購入したいと思うかを聞いたところ、最も多い価格帯は「150~200万円未満」24.7%、次に「100~150万円未満」20.0%、「200万円未満」で購入したいと思っているユーザーが全体の5割に上り、環境への配慮は理解しているものの実際に購入するにあたっては出来るだけコストを抑えたいというユーザーのニーズが明らかとなりました。
 また、電気自動車の開発において最も期待するメーカーを尋ねたところ、トップは「トヨタ」39.8%、2位は「ホンダ」19.9%、3位「三菱」8.9%という結果になりました。さらに各メーカーを選んだ理由を自由回答形式で聞いたところ、「トヨタ」は“ハイブリッドカーで実績がある”“世界のトップメーカーだから”、「ホンダ」は“好きなメーカーだから”“技術力がある”、「三菱」は“TVCMでよく見る”“一番進んでいる感じがする”などの意見が見られ、TVCM等を通じたブランドイメージの浸透が回答者に影響を与えている様子が伺える結果となりました。

■調査概要(クローズド調査)
◆調査テーマ・・・「電気自動車に関する調査」
◆回答サンプル数・・・300サンプル
◆対象者・・・全国の自家用車を保有している20代~50代 男女 計300サンプル(男性:150名 女性:150名)
◆調査内容
・環境に最も良いとイメージする自動車
・電気自動車の認知
・知っている電気自動車
・電気自動車への関心の有無
・電気自動車のイメージ
・電気自動車の購入価格
・電気自動車の開発において最も期待するメーカーとその理由

■「Alibaba JAPAN」での電子電工について
 「Alibaba JAPAN」は、世界規模の企業間トレードサイトとして、新たな商材のリサーチ・仕入れ先選定や、自社製品のさらなる販売拡大等、バイヤー企業とサプライヤー企業の国際的なマッチングの場を提供しています。現在のサイト内では130万点以上の製品を取り扱っており、その中でも電子電工に関連した商品は90,572点と豊富に取り扱っております。より多くのお客様にご利用頂けるよう今後もさらなる登録商品の拡充が見込まれています。

■Alibaba JAPANとは・・・(リンク
 Alibaba JAPANは、Alibaba.comの日本語サイトで、自社製品の販売先を求める売り手企業と、新たな仕入れ先を求める買い手企業とをインターネットを通じて結び、世界規模での売買取引を実現する企業間トレードサイトです。現在、130万点以上の製品点数を誇る最大級の企業間トレードサイトです。
中国向け輸出支援サービス」を0円で利用いただける利用モニター先行登録キャンペーンを実施中。
お申し込みURL:モニター登録サイト(リンク
お問い合わせ:0120-288-378 (アリババお客様サポートセンター)

■Alibaba.comとは・・・(リンク
 「Alibaba.com」は、アリババドットコム リミテッドが運営する世界中の企業との売買取引が可能な企業間トレードサイトです。1999年のサイト開設以降、中国国内で圧倒的なシェアを獲得するのみならず、世界規模で取り扱いを拡大し、ユーザー登録ID数約3,560万、240あまりの国・地域で利用されている世界最大規模のトレードサイトです。

本リリース内容の転載にあたりましては、アリババ調べという表記をお使い頂けますよう、お願い申し上げます。

■会社名    :アリババ株式会社
■代表者名   :代表取締役 香山 誠
■所在地    :東京都中央区日本橋浜町2-12-4 エスエス製薬本社ビル4階
■事業内容   :企業間トレードサイトの開発および運営
■ホームページ :リンク

【一般の方からのお問い合わせ先】
アリババお客様サポートセンター
■TEL     :0120-288-378  
■E-mail   :info@alibaba-inc.jp

【本件に関する報道関係者のお問い合わせ先】
アリババ株式会社 広報担当:安藤・浜迫
■TEL     :03-6892-0288(代表) 
■FAX     :03-6892-0212 
■E-mail   :pr@alibaba-inc.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。