logo

VoIPの将来:期待される機能と効果

トロント発 – 数年前、VoIPは、通信業界でもっとも注目を集め非常に大きく扱われたテクノロジーの1つでした。今日では、すべての国際音声トラフィックのうち約30%**がVoIP網により伝送されており、人々は今後どうなっていくのかと思いを巡らせています。これからのVoIPはどのようなものになるのでしょうか。

Carrier VoIPの世界的リーダーであるNortel* [NYSE/TSX: NT]が、1つだけ確かなこととして言えるのは、VoIPの将来は音声だけに留まらないということです。VoIPは、音声とマルチメディアの両方を含む革新的な通信アプリケーションを実現する次世代ネットワークのビルディングブロック(基礎的要素)です。Nortelは、これまでに1億を超えるVoIPポートを世界中に提供してきました。そして、VoIPは将来的に、興味深い新たな方法で私達の生活、家庭、およびビジネスのあらゆる面を変えていくと確信しています。

IPを基盤とした生活:シンプルなIP通信が生活を豊かに
VoIPは、音声だけでなく非常に多くのものを網羅していきます。以下は、VoIPテクノロジーで実現可能なアイデアのほんの数例です。

・テレビ会議とチャットをデジタルTVに統合した音声およびマルチメディア・アプリケーション
・新たなVoIP対応のデュアル・モード電話機がFMC(Fixed Mobile Convergence)ソリューションを使用することで、WiFiネットワークと携帯電話のネットワーク間をシームレスに切り替え。この手軽なソリューションでは、ユーザーが、家庭や屋外のWiFiでカバーされるエリアでローミングしているときに通信時間や長距離通話の料金が適用されないため、携帯電話の月額通話料金を削減することができます。
・将来、VoIP機能は、ブログ、eコマース、およびeBayやFacebookなどのSNSにも統合され、これらのサイトを訪れる人々は、リンクをクリックするだけで、Webからそのままオンライン・テレビ会議や音声コールを介して、他の人々と直接対話することができます。

IPを基盤とした家庭
あなたの自宅には常に電話から離れない家族がいますか? 今では、家庭で固定電話線が1本という状態は過去のものです。Nortelの消費者向けVoIPおよびマルチメディア対応のIP Powered Homeのコンセプトは、家庭でVoIPを使用することで、より簡単により手頃な料金で、家族全員が好きな時に好きな人と話すことができます。次に例を示します。

・VoIP回線を使用すると、家族のそれぞれが固有の番号を持つため、他の家族の電話とぶつかることなく電話をかけたり受けたりできます。従来の電話サービスでは、家族の各メンバーが同時に通話するには個別の物理回線が必要でした。
・VoIPでは、ホーム・コンピュータのソフトウェア・インターフェースや、ポータブル・デバイス、SIP電話機から、より低価格で国際電話をかけることができます。これは、高額な料金を支払うことなく連絡を取り合うことのできるより便利なオプションを提供します。

実例をご覧になりたい場合は、YouTubeの「IP Powered Home」ビデオ(リンク)を参照してください。

IPを基盤としたビジネス
出張中は、携帯電話の料金がかさみますよね? 遠いオフィスの同僚との非効率的なビジネス上のやりとりにうんざりしていませんか? NortelのVoIPおよびマルチメディア対応のIP Powered Businessソリューションを採用すれば、オフィス内での対面の会議と同じぐらい効果的かつ手頃な価格で、世界中の同僚とコミュニケーションできます。

・多くの企業は、コミュニケーション・ニーズに応じて異なるサービス・プロバイダーを利用しています。これは、特に専任で常駐するサポート担当者がいないSMB(中小企業)の場合は、非効率である上、混乱を招くことがあります。サービス・プロバイダーがNortelのIP Powered Businessソリューションを採用して最新のVoIPサービスを顧客に提供すれば、各企業は、音声、プレゼンス、IMおよびライブ・テレビ会議のワンストップ・ショップとなるPersonal Communicatorアプリケーションにアクセスし、手頃な価格のIP接続を介して、場所を問わず簡単に同僚とコラボレートしたり連絡を取ったりできます。
・また、NortelのIP Powered Businessソリューションによって、企業は、ユーザーが机上の電話機から携帯電話にシームレスにコールを転送できるMobile Extensionと呼ばれるVoIPアプリケーションを使用して、コミュニケーションをモバイルな状態に保つことができます。

NortelのIP Powered Businessソリューションによってビジネス効率を改善するその他のアイデアについては、YouTubeでこのビデオ(リンク)を参照してください。

NortelのCarrier VoIPおよびアプリケーション・ソリューション部門プレジデントのサミー・エルヘイジ(Samih Elhage)は次のように述べています。「Nortelは、VoIPが音声だけでなくそれ以上のものであることを理解しています。VoIPは、日常的な連絡や業務上の通信の両方のコミュニケーションをより動的に効率良く、さらに低価格にすることができるたくさんのマルチメディア・アプリケーションの出発点です。」

「Nortelは、VoIPにおける長い歴史を持ち、このテクノロジーの発展を先導してきました。Nortelは、PSTN(公衆交換電話網)をVoIPに完全に置きかえることに成功した最初の企業です。また、北米で初めてCarrier VoIPネットワークを導入し、米国で初めてフル機能装備の長距離VoIPネットワークを展開し、最初のグローバル・ケーブルVoIPを配備しました。当社は、このテクノロジーにおける長い歴史に基づき、お客様が何を望んでいるかを理解しており、それを提供するための専門知識を備えています。Nortelは、業界をリードするCarrier VoIPテクノロジーを主軸に、さらに事前パッケージ化された消費者と企業向けの音声およびマルチメディア・ソリューション、従来のClass 5展開ソリューション、およびトランジット/マルチメディア相互接続ソリューションを利用して、VoIPを次のレベルへ引き上げます。さらに、VoIPの次のレベルへの発展に継続して取り組み、FMCやビデオなどの次世代コミュニケーション・アプリケーションの水準を設けていきます。」

サミー・エルヘイジ(Samih Elhage)のVoIPの将来に関する見解についての詳細は、新しいポッドキャスト(リンク)を参照してください。

NortelとVoIPに関する事実
・Dell'Oro Groupによれば、Nortelは引き続きCarrier VoIPにおける世界的リーダーであり、世界中で320社を超えるCarrier VoIPおよびアプリケーション顧客にサービスを提供しています。
・Nortelは、最近、VoIPポート出荷数が1億を超えました。これにより、IP Powered HomeやIP Powered Businessなどの最先端のコミュニケーション・ソリューションを実現できます。
・Nortelは、IDCによってランキングされた世界トップ20(収益順)キャリアの3分の2にVoIPソリューションを提供しています。
・2008年初頭以降、70社を超える新たなCarrier VoIP顧客を獲得しています。新たな顧客には、ドバイのdu、モスクワのComstar、米国のClearwireなどが名を連ねています。Nortelは、通信事業者が確信を持ってテクノロジーを実装し、最高品質のコミュニケーション・サービスをそれぞれのお客様に継続して提供できるように、業界をリードするCarrier VoIPソリューションを通信事業者に提供し続けていきます。

>ビデオ
IPを基盤とした家庭 (リンク
IPを基盤としたビジネス(リンク

>リンク
マイクロサイト:IP Powered Life(リンク ) – 最新ソリューションの概要、セールス・ガイド、ポッドキャスト、およびデモにアクセスするためのポータル。最新の業界ニュースが配信されるNortel Updateに登録することもできます。
ビデオ:Adaptive Application Engine(リンク ) – IP Powered HomeおよびIP Powered Businessを支えるテクノロジー
プレスリリース:Adaptive Application Engine
リンク
プレスリリース:IP Powered Business
リンク
プレスリリース:IP Powered Home
リンク

Nortelについて
Nortelは、通信技術分野のリーダーとして、BUSINESS MADE SIMPLE(ビジネスをよりシンプルに)という理念を具体化して顧客の皆様に提供します。Nortelは通信事業者と企業の双方に向けた次世代技術により、マルチメディアやビジネスに必要不可欠なアプリケーションをサポートします。またNortelは、ネットワークを簡素化し、人と必要な情報を必要なときに結びつけて、効率改善、迅速化、パフォーマンス向上における障害を取り除くよう技術設計を行っています。Nortelの事業展開は世界150か国以上におよびます。詳しくは、www.nortel.com をご覧下さい。またNortelに関する最新のニュースは、www.nortel.com/news でご覧いただけます。

当プレスリリースには、「可能性」「見込み」「場合」「期待」「思われる」「意向」「約」「計画」「想定」「努める」およびそれらに類似する表現およびそのバリエーションが含まれている場合があります。これらの表現は、関連証券法にもとづく予示的声明や情報を示しています。これらの情報は、Nortelを囲む事業環境、景気、市場に対するNortelの現時点における期待、見積、予測、予想に基づいています。またこれら情報は、予想が難しい重要な推定、リスク要因、不確定要因の影響を受けます。当プレスリリースで説明された結果や出来事は、実際の結果あるいは出来事と異なる場合があります。これらの要因やその他の詳細については、Nortel が米国証券取引委員会に提出した年次報告書Form 10-K、四半期報告書Form 10-Qおよびその他の提出書類に記載されています。Nortelは、適用法により要求されない限り、新情報、将来の出来事、その他の如何にかかわらず、あらゆる予示的声明を含め、このプレスリリースのあらゆる記載情報について、それを更新・改正する意思あるいは義務を放棄します。

* Nortel、Nortel ロゴ、グローブマークは Nortel Networksの商標です。
** Infoneticsによると、現在の国際音声トラフィックの約30%はVoIPによるものです。国際音声トラフィックとは受信と発信の音声トラフィックの分数の総和で計算されます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。