logo

~好きな魚、男性は「マグロ」、女性は「サンマ」~「魚」に関する調査結果【ネットリサーチDIMSDRIVE】

●好きな魚、男性は「マグロ」、女性は「サンマ」
●28.3%が「魚の調理ができない」・・・家で魚を調理しない理由

インターワイヤード株式会社運営のネットリサーチサービス「ディムスドライブ」(本社:東京都品川区)では、
『魚に関するアンケート』を2008年10月1日~10月16日にかけて行い、
好きな魚、魚の調理、鮮魚の購入などについてまとめました。
10代~60代以上のDIMSDRIVE登録モニター9,524人から回答を得ています。

調査結果の詳細 リンク



<85.7%が「週に1回以上魚を食べる」>
魚・魚料理を食べる頻度は「週に2~3日」49.3%が最も多く、
『週に1日以上』食べている人は85.7%であった。

性年代別では、男女とも年代が上がるにつれて魚を食べる頻度が高くなっており、
『週に1回以上』魚を食べる割合は、男女とも50代以上は90%を超えている。
また、40代を除いたすべての年代で、男性よりも女性の方が『週に1回以上』と回答した割合が高かった。
-------------------------------------------------------------

<好きな魚、男性は「マグロ」、女性は「サンマ」>
月に1回以上魚を食べる人に“よく食べる魚料理”を尋ねたところ、
「焼き魚」91.7%が最も多く、9割を超えた。次いで
「刺身」76.8%、
「煮魚」54.5%、
「寿司」51.8%、
「干物」45.2%と続き、上位5つが和食であった。

また、“好きな魚”を自由回答で3つまで尋ねたところ、
1位:「サンマ」3596票、
2位:「マグロ」3322票、
3位:「サケ」2503票、
4位:「サバ」2416票、
5位:「アジ」2232票という結果となった。

男女別では、
男性は・・・1位「マグロ」、2位「サンマ」、3位「サバ」、4位「アジ」、5位「サケ」となり、
女性は・・・1位「サンマ」、2位「サケ」、3位「マグロ」、4位「サバ」、5位「アジ」となっている。
-------------------------------------------------------------

<魚を食べる理由は? 「おいしさ」と「健康を意識して」>
“魚を食べる理由”については、「美味しいから」が82.1%で圧倒的だった。
次いで「健康に良いから」53.4%、「魚が好きだから」50.5%、「お米・日本食に合うから」47.8%、
「DHAなど、魚に多く含まれる栄養分を撮るため」33.3%と続いた。

「魚が好きだから」よりも、「健康に良いから」の方が多く回答され、
また、「DHAなど、魚に多く含まれる栄養分を撮るため」も3割を超えるなど、
『健康を意識して』魚を食べている人も多いことが伺える結果であった。
-------------------------------------------------------------

<鮮魚の購入、9割が「スーパーで」。 チェックするのは「価格」よりも「新鮮さ」>
“鮮魚”の購入場所は、「スーパーマーケット」91.0%が圧倒的であった。
鮮魚を購入する時にチェック・重視することについては、
「価格」77.8%よりも「新鮮さ」83.4%の方が多く回答された。
この上位2項目が断トツで、以下、「魚の種類・名称」48.4%、「産地」38.9%、「色・つや」37.3%と続いた。
-------------------------------------------------------------

<28.3%が「魚の調理ができない」・・・家で魚を調理しない理由>
月に1回以上魚を食べているが、家庭(自分・家族含め)で調理はしていない人に、
その理由を尋ねたところ、
「家庭では調理そのものをしないから」31.7%、
「調理が面倒・大変だから」30.6%、
「魚の調理ができないから」28.3%、
「買ってきた方が早い・おいしいから」22.2%、
「手・部屋・ゴミの臭いが気になるから」21.8%と続いた。

3割近くの人が「魚の調理ができない」と回答し、
「美味しく調理するのが難しいから」も19.0%と2割近くが回答。
『調理の難しさ』から、家庭で魚の調理をしない人が多いことが伺える。
-------------------------------------------------------------

<食べる頻度は高いが、「足りていない」・・・魚の摂取は女性の方が意識>
“日頃の魚の摂取”については、
『足りている』と回答した人は41.0%、『足りていない』人は38.9%であった。

男性よりも女性の方が『食べる頻度』は高かったが、
『足りていない』と回答した割合は男性よりも女性の方が高くなっており(10代を除く)、
女性の方が魚の摂取についてより意識している事が伺える。

また、【1人暮らし】の人は『足りていない』の割合が高く、55.3%と半数以上が『足りていない』と回答した。



-------------------------------------------------------------
■調査概要
調査方法 : インターネットを利用した市場調査
調査期間 : 2008年10月1日~10月16日
有効回答数 : DIMSDRIVE登録モニター男女 9,524人

■調査項目
・魚を食べるのは好きですか
・魚を食べる頻度
・家庭で調理する頻度(自分・家族問わず)
・よく食べる魚料理
・最も好きな魚
・魚を食べる理由
・鮮魚の購入場所
・鮮魚を購入する際に重視すること
・魚を食べない理由
・家庭で魚を調理しない理由
・魚の摂取は足りているか

-------------------------------------------------------------

●ネットリサーチのDIMSDRIVE
インターワイヤード株式会社が運営する『DIMSDRIVE』は、全国に18万人のモニターを擁し、
インターネットリサーチを通じて調査企画・設計から分析・提案までを提供する、
マーケティングのトータルソリューションサービスです。
広告効果測定や新製品需要調査など、目的に応じた調査でお客様の戦略立案をサポートしています。

DIMSDRIVEホームページリンク


●インターワイヤード株式会社
<所在地>東京都品川区東品川2-2-25 サンウッド品川天王洲タワー3F
<TEL>03-5463-8255
<ホームページ> リンク
<代表者>斉藤 義弘
<事業内容>ネットマーケティングリサーチサービス「DIMSDRIVE」運営

-------------------------------------
■調査結果に関するお問い合わせ先■
DIMSDRIVE(ディムスドライブ)事務局
担当 : 三浦
TEL : 03-5463-8256(DIMSDRIVE事務局)
Email : timely@dims.ne.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。