logo

インターネット専業銀行の「口座を持った理由」と「不便な点」の調査を実施【保険の窓口インズウェブ】

***********************************************************************
[ 「保険の窓口インズウェブ」 ユーザーアンケート調査 ]

 インターネット専業銀行についてのアンケート調査を行ったところ、インターネット専業
銀行口座を所有した理由は「ネットショッピングをするのに便利だから」と回答したユーザ
が68.9%という結果になった。
 また、インターネット専業銀行の不便な点について任意で聞いてみたところ多くの回答が
得られた。

詳細についてはこちらから
リンク
***********************************************************************



 昨年9月には「住信SBIネット銀行」が、今年6月には「じぶん銀行がサービス」を開始し、
PCや携帯で簡単に残額の確認や、振込み、外貨預金等を行えるサービスを提供することを専業
とするインターネット専業銀行が近年増えてきています。そこで今回、自動車保険一括見積もり
サービス等の保険比較サイトを運営している「保険の窓口インズウェブ」では、どのくらいの
ユーザーが利用しているのかを探る為に、インターネット専業銀行の利用動向について調査を
実施しました。

≪質問内容≫
◇質問1 インターネット専業銀行の口座を開設した理由は何ですか?(複数回答)
 ◎回答項目
 ・ネットショッピング(ネットオークションを含む)をするのに便利だから
 ・オンライン証券、FX等の決済手段として便利だから
 ・一般の銀行より金利が高いから
 ・振込み手数料が安いから
 ・ローン等のサービスを利用するため
 ・その他

◇質問2 インターネット専業銀行の不便なところがあれば教えてください。(自由記入)

≪質問1 調査結果≫
 調査の結果、ネットショッピング等のネットでの取引を目的としてインターネット専業銀行を
持ったと回答したユーザーが一番多く、68.9%という結果になった。特にネットオークションで
の個人間での金銭の振込みや、ネットショッピングでの購入代金の支払い手段として使用されて
いる。
 次いでオンライン証券、FX等の金融商品における決済手段としての活用が51%、金利が高いと
いう貯蓄等の目的が26.3%、振込み手数料が安いからという理由が17.2%、ローン等のサービ
ス利用の為が2.2%という結果となった。インターネットでの株の取引を始めると共に、インタ
ーネット専業銀行の口座を作る傾向があるという結果となった。
 そしてその他の意見として多かったのが、「インターネット上でのポイントの現金化」、「公
営競技」等であった。インターネットを便利に使いこなしていると言えるだろう。
<その他の理由で多かったコメント>
 ■ネットで貯めたポイントの現金換金の為
 ■競馬やtoto等の公営競技の為
 ■自宅で24時間使えるから
 ■振込み等が即時反映されるから便利

≪質問2 調査結果≫
<多かった回答>
 ■パソコンを立ち上げないと預金額等が分からない
 ■パスワードの管理が非常に面倒
 ■給与の振込み先に指定できない
 ■年々利用者側にとって有利な条件が減ってきている
このような4つの指摘が多く見受けられた。
(その他インターネット専業銀行の不便な点についてのコメント一覧はこちらからご覧下さい。
リンク )

 「パソコン等を立ち上げないと預金額等が分からない。」というのは、パソコンで預金残高が
常に確認できるメリットの裏返しでもあるが、「通帳が無い。」という点が影響しているのだろ
う。実際にユーザーからの意見としては、「通帳が無いので、昔の明細が見れない。」、「通帳
が無く、証拠が残らない。」等の意見が見られ、取引の証拠を通帳として形に残したいという需
要が多い事が分かった。
 又、「年々利用者側にとって有利な条件が減ってきている。」という点については、「ATMで
の無料での取引回数が減った。」、「振込み手数料が上がった。」、「口座維持費が高い。」等
の意見が多く見られ、全体的には店舗がある銀行ではかからないサービスに手数料がかかる点に
ついて不満が多いようだ。そこで、各インターネット専業銀行においてそれぞれかかる手数料に
ついて調べてみた所、確かに「口座維持手数料」、「キャッシュカード発行費用」、「ATM利用
料」等々手数料がかかる場合がある。
(「インターネット専業銀行の手数料一覧比較」は、下記URLのサイトの下部をご覧下さい。
リンク )
 
 今回のインターネット専業銀行の不便な点についての意見としては2,000件程のコメントが寄
せられ、インターネットを活用しているユーザーのインターネット専業銀行に対する注目度が非
常に高い事も分かった。(対象数3,843件のうちの約半数が不便な点を記載)
 これだけ不便な点について指摘があるという事は、各インターネット専業銀行の優位性、利便
性について問われ始めてきているのではないだろうか。今後のインターネット専業銀行間の戦い
は激化しそうだ。

アンケート結果のWEBページはこちらからご覧になれます。
リンク


○自動車保険一括見積もりサービス ~簡単5分で自動車保険を見直し~
リンク
⇒分かりやすい解説動画はこちら
リンク


≪調査概要≫
調査方法   インセンティブなしのインターネットによる任意回答
       (保険の窓口インズウェブ会員へのメール配信)
メール配信数 586,650通
有効回答数  6,652件
調査期間   2008年9月18日~9月30日

≪保険の窓口インズウェブ会員属性≫
男性 約73% 女性 約27%
年代 10代 約1% 20代 約19% 30代 約40% 40代 約25% 50代 約10% 60代以上 約5%
                                   (11/20現在)

自動車保険の一括見積もりのサービスを提供しており、大多数のユーザーが車を所有している点
が大きな特徴です。

■「保険の窓口インズウェブ」について

「保険の窓口インズウェブ」は、2000年にインズウェブ株式会社(ソフトバンク・ファイナンス
株式会社とアメリカのInsWeb, Inc.、米金融会社のMarsh、& McLennan Capitalによる合弁
会社)がサービスを開始した「自動車保険一括見積もりサービス」を中心とした保険比較サイト
です。1回の見積もり依頼で複数の保険会社から見積もりが取れる等のサービスの利便性の高さか
ら、現在までに述べ280万人(2008年6月現在)以上の方に利用されており、インターネットに
おける自動車保険比較サイトとして確固たる地位を確立しております。現在の運営会社はSBIホ
ールディングス株式会社となり、自動車保険だけに留まらず、生命保険・バイク保険・ペット保
険等の比較サービスも合わせて展開しており、中立的な立場からより一層のサービス向上と利用
者拡大に注力しております。

・自動車保険一括見積もりサービス 参加会社数:22社
・生命保険等一括資料請求サービス 参加会社数:20社
                  商品数:約55商品
                 ※2008年12月4日現在

自動車保険一括見積もり :リンク
生命保険等一括資料請求 :リンク
バイク保険一括資料請求 :リンク
ペット保険一括資料請求 :リンク
生命保険相談「保険@カルテ」 :リンク
携帯版自動車保険一括見積もり :リンク

※アンケートデータをご掲載いただく場合のクレジットは、
 「保険の窓口インズウェブ調べ」等でお願い致します。

■本プレスリリースについてのお問い合わせ先
―――――――――――――――――――――――
SBIホールディングス株式会社 インズウェブ事業部 安井・紀山
TEL 03-6229-0817 FAX 03-6229-0583
Email insweb_press@sbigroup.co.jp
アンケートに関するご要望等についても上記までご連絡下さい。
(回答が出来ない場合もございますので、予めご了承下さい。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。