logo

キー・ポイントの安否確認システムに、新型インフルエンザ対応プション登場

災害時安否確認システム『多守Plus(おおもりプラス)』に、 新型インフルエンザ状況確認オプションをリリース

-------------------------------------------------------------
災害時安否確認システム『多守Plus(おおもりプラス)』のオプシ
ョンとして新型インフルエンザ発生時の状況確認機能をリリース。
1人1ヶ月あたり50円のオプション料で、懸念される大流行時のBCP
を支援します。
-------------------------------------------------------------

ソフトウエア開発および情報サービス提供を行うキー・ポイント
株式会社(兵庫県神戸市、代表取締役:上辻敏之)は、提供中の
災害時安否確認システム『多守Plus(おおもりプラス)』に、大
流行が懸念される新型インフルエンザ発生時の状況確認機能を、
オプションとして新たにリリースし、提供を開始いたします。

新型インフルエンザに関しては、政府予想では新型インフルエン
ザが発生すると死亡者は17万人から64万人と推定され、国・
自治体だけでなく、事業者や職場でも対策を取ることを促してい
ます。近い将来必ず発生するだろうと予想される新型インフルエ
ンザに対する備えとして、企業の活動を停止しないためにもBCP
(事業継続計画)の策定は必要です。

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
リンク

『多守Plus(おおもりプラス)』新型インフルエンザ状況確認オ
プションは、BCPの初動として大切な状況の確認を素早くスムー
ズに行えるよう支援します。従来の『多守Plus』と同様に、携帯
電話メールとインターネットを利用し、ユーザへの一斉状況確認
を行います。
ユーザからの返答はグラフ表示と状態による色分け表示で、すば
やく社内の発生リスクの状況を確認することが可能となり、対策
を早期に取る事が可能です。

価格は『多守Plus(おおもりプラス)』(100ユーザ 初期費用
1万円月額1万円(税別))に付加するオプション費用として、
100ユーザあたり月額5000円(税別)を予定しています。

一般企業は勿論、特に人との接触が多いスーパーや飲食店、教育
業界、また生活に必要なインフラ企業等への販路拡大を想定して
います。

キー・ポイントでは、今後もBCPを支えるシステム開発における
リーディングカンパニーを目指すべく、システムの安定した提供
と新技術の開発に注力してまいります。

『多守Plus』サイト:リンク
キー・ポイントの会社概要:リンク

-------------------------------------------------------------
会社概要
-------------------------------------------------------------
社   名 キー・ポイント株式会社
代表取締役 上辻 敏之
本店所在地 〒650-0023 神戸市中央区栄町通6丁目1-17
栄町通佐田野ビル7F
資 本 金 2,000万円
事   業 1.自社開発サービスの提供
2.システム導入の提案、開発/運用サポート導入
3.コンピュータ及びソフトウエアの販売
4.サーバーレンタル、ハウジングサービス及び周辺機器の保守
5. アウトソーシング、業務請負

---------------------------------------------------------------
プレスリリースお問い合わせ先
---------------------------------------------------------------
キー・ポイント株式会社
営業部( sales@key-p.co.jp )
tel:078-361-1156

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事