logo

BSPのシステム連携ツール「SmartConductor」をBIGLOBEが採用~容易なアプリケーション連携機能により「BIGLOBEドキュメントコントロールサービスAP連携ツール」で、ユーザの利便性を向上~

報道関係者 各位
プレスリリース
 
2008年12月8日
株式会社ビーエスピー
代表取締役社長 竹藤 浩樹

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
BSPのシステム連携ツール「SmartConductor」をBIGLOBEが採用

容易なアプリケーション連携機能により「BIGLOBEドキュメントコントロールサービス
AP連携ツール」で、ユーザの利便性を向上
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社ビーエスピー(本社:東京都港区、代表取締役社長 竹藤 浩樹、以下 BSP)が
提供するシステム連携ツール「SmartConductor」が、「BIGLOBEドキュメントコントロール
サービス」のアプリケーション連携機能である「BIGLOBEドキュメントコントロールサービス
AP連携ツール」(以下 AP連携ツール)に採用されました。

BSPの「SmartConductor(スマートコンダクター)」は、システム連携ツール
(ミドルウェア)として豊富な実績を有しており、現状、帳票システムの中核として、
メインフレームからオープン/Web環境まで、幅広いシステム連携に柔軟に対応、さまざまな
ドキュメントやファイルの登録・管理から、多様な出力ニーズに応えるツールとして
お客様から高い評価をいただいています。

今回、共同開発した「AP連携ツール」は、BSPの「SmartConductor」の優れたシステム連携
機能を活かし、「BIGLOBEドキュメントコントロールサービス」で、従来ユーザが文書
ファイルごと行なっていた「誰が、どれだけの期間、閲覧・印刷可能か」などの権限付与
作業の自動化を実現します。利用者は、ネットワークドライブ上のフォルダに文書
ファイルを置くだけで、フォルダごとに設定された権限を自動的に付与することが
可能になります。
なお、本機能は、BIGLOBEの企業向けサービス「BIGLOBEドキュメントコントロール
サービス」のオプションサービスとして12月8日より提供されます。

今回の共同開発で帳票ソリューションに最高レベルのセキュリティを付与することが
可能になり、帳票の収集・仕分けから帳票デザイン、電子化を含む多彩な出力までを
フルカバーするBSPの帳票製品ラインアップを一層強化すると同時に、新たな販売チャネルの
開拓を加速し、お客様のさまざまなニーズにお応えしてまいります。

以上

<お問い合わせ>
■ 報道関係からのお問い合わせ
株式会社ビーエスピー
広報室:井上、佐藤
URL:リンク
Tel : 03-5463-6385 Fax : 03-5463-6392 Email:info@bsp.co.jp

■ 製品・サービスについてのお問い合わせ
株式会社ビーエスピー 
営業本部 営業推進部 販売企画チーム:川原(かわはら)
Tel : 03-5463-6383 Fax : 03-5463-6392 Email:product@bsp.co.jp


<BSPのSmartConductorの主な機能>
○ 異なる環境での幅広いシステム連携を実現
帳票システムの中核としてメインフレームから、オープン/ Web環境まで幅広く対応
○ ニーズに対応した出力環境を実現
帳票出力要件が変化した際でもアプリケーションの改造やシステムの設定変更などが不要
○ 様々な帳票ニーズに対応
XRFやDURL、帳票DASH!などの組み合わせで多様なニーズに柔軟に対応
○ サーバ統合やホスティングニーズに対応
クラスタ対応やフォルトトレラント対応などサーバ統合ニーズに対応
○ 帳票トレーサビリティ
BSP-RM+Loganizerによる証跡管理で内部統制ニーズに対応

詳細はHPをご参照ください。 リンク

<NECビッグローブ株式会社の概要>
社名:NECビッグローブ株式会社
代表取締役執行役員社長: 飯塚久夫
資本金:104億円
URL:リンク

<BIGLOBEドキュメントコントロールサービスについて>
「BIGLOBEドキュメントコントロールサービス」は、誰が、どれだけの期間、閲覧/操作が
できるかなどを管理する「ポリシー」と呼ばれる鍵をPDFに付与し、ポリシーの一元的な
管理によりセキュアな文書管理を実現する、SaaS型ソリューションです。詳細はHPを
ご参照ください。 リンク

※記載の会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
本プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更される可能性が
あります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。