logo

『サイボウズ、日本経済新聞社主催「にっけい子育て支援大賞」を受 賞 ~ 働き方を個人の意思で選択できる人事制度と長期にわたる育児 介護休暇 ~』

サイボウズ株式会社 (本社:東京都文京区 代表取締役社長:青野
慶久 (戸籍名: 西端 慶久) 以下サイボウズ) は、本日、2008年1
2月1日 (月)、日本経済新聞社主催の「第3回にっけい子育て支援大
賞」の企業部門において、大賞を受賞した事を発表いたします。

サイボウズでは、2006年8月より最長 6年の育児休業制度や、働き
方(ライフステージ)に応じて人事報酬制度を選ぶことができる選
択型人事報酬制度を設けるなど、2年に渡ってワーク・ライフ・バ
ランス支援の制度を整える事に注力してまいりました。その結果、
だれもが安心して子育てができ、さらに充実した仕事に取り組める、
女性に限らず男性も含めて働きやすい企業であると認められ、受賞
いたしました。

■サイボウズのワーク・ライフ・バランス支援の主な取り組みと導
入時期
導入時期/特徴
・2006年8月/育児介護休暇
      最長6年間 (育児の場合は小学校就学時まで) 休業可能
      です。休業回数は特に定めません。

・2006年8月/子の看護休暇
      取得日数無制限としています。うち5日間を有給として
      います。

・2007年2月/選択型人事報酬制度
     「ワーク重視の制度(PS)」と「ライフ重視の制度(D
S)」から選択可能です。育児介護に関わらず、働き方
(ライフステージ)に応じて人事報酬制度を選び、働
き続けることができる仕組みになっています。

・2007年2月/短時間勤務制度
      期限は無期限。理由は育児介護に限定していません。
      (前述の項の人事制度においては、ライフ重視の制度
      (DS)に該当する)自己啓発や健康上の理由等で短時
間正社員として勤務することも可能です。短時間とは、
      ①就業時間を短くする②勤務日数を短くする③就業時
      間、勤務日数両方を短くする、の3つがあり、原則、
      個人の希望に基づいて運用を行います。
 
■実績(2008年9月末日)
・育児介護休暇
 →女性6名(うち1名は2回)、男性1名

・選択型人事報酬制度
 →ライフ重視10名
  育児の理由:5人、家庭生活とのバランスの理由:4名、自己啓
  発(学校通学)理由:1名

・短時間勤務制度
 →7名(上記ライフ重視の10名の内)

・子の看護休暇
 →4名(最近1年)
                       (社員数194名)


今まで当社でも、社員を重視した環境整備に重点を置き、法令に準
じて育児の支援制度の制定等を推進してきました。しかしながら、
2005年には離職率が27%を超えるなど、離職が問題として現れてき
た時期がありました。そこで、有能な人材を確保し、業績に貢献す
る高い成果を生み出すことで企業価値の向上に努めるためには、社
員のモチベーションを高め、能力を最大限に発揮できる環境を整え
ることが必要と考え、2006年8月を皮切りにワーク・ライフ・バラ
ンス支援について大幅に見直し改善いたしました。また企業の社会
的責任と言う観点からも、この取組みを強化し、国の推進する少子
高齢化対策へも貢献できる事を念頭に置いてまいりました。

結果、従来なら育児に専念したい場合、「離職」という選択肢が最
初に頭に浮かぶような状況でしたが、この制度によって働き方の選
択の幅が広がり、実際、上述のとおり制度が活用されはじめ、その
利用者も増えつつあります。また、本計画を実施後、この3年で離
職率が27%から10%へと大幅に改善されました。

今後とも、サイボウズではより働きやすい職場を目指し、様々な制
度を検討してまいります。

■過去の参考プレスリリースURL
1.最長6年の育児・介護休業制度を設けたワーク・ライフ・バラン
 ス支援制度を改定しました。
 リンク

2.従来の成果主義に加え、年功重視型の人事制度を導入しました。
 リンク

------------------------------------------------------------
《本件に関するお問い合わせ先》
サイボウズ株式会社 リンク
〒112-0004 東京都文京区後楽 1-4-14 後楽森ビル12階 
■マスコミ各社様からのお問い合わせ先
 マーケティングコミュニケーション部 PRグループ 村松 
 pr@cybozu.co.jp
 TEL: 03-5805-9037 FAX: 03-5805-9036
■一般の方からの製品・購入についてのお問い合わせ先
 サイボウズ インフォメーションセンター 
 contactus@cybozu.co.jp
------------------------------------------------------------
※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標また
 は商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事