logo

エイサー 2008年 第1~第3四半期連結決算報告書

エイサー(Acer Inc.、本社:台湾・台北)は、2008年第1~第3四半期連結決算報告を発表いたしました。

連結収益128億米ドル、前年比成長率31%、
営業利益3億1,400万米ドル、
当期利益2億7,800万米ドル、1株利益3.64 新台湾ドル


 連結収益は128億米ドルで前年比成長率は31%、当期利益(PAT)は2億7,800万米ドル、1株利益(EPS)は3.64新台湾ドルでした。従業員の特別賞与および取締役報酬の経費を差し引いた後の営業利益は3億1,400万米ドル、差し引く前の前年比成長率は73%となりました。 エイサーの取締役会は10月31日、決算報告書を承認しました。

 2008 年第3四半期の決算については、エイサーの連結収益は50億米ドルで前年比成長率は31%、当期利益(PAT)は9,500万米ドル、1株利益(EPS)は1.22新台湾ドルでした。
従業員の特別賞与および取締役報酬の経費を差し引いた後の営業利益は1億4,500万米ドルで、差し引く前の前年比成長率は84%となりました。

2007年第1~第3四半期と比較した2008年第1~第3四半期の連結決算報告:
・連結収益は128億米ドルで、2007年の98億米ドルから31%増加しました。
・営業利益は3億1,400万米ドルで、2007年の2億900万米ドルから50%増加しました。
・当期利益(PAT)および1株あたりの利益は2億7,800万米ドル、3.64新台湾ドルで、2007年の3億2,900万米ドル、4.47新台湾ドルと比較すると減少しましたが、2007年分には第1四半期の大幅な株式売却益が含まれています。

2007年第3四半期と比較した2008年第3四半期の連結決算報告:
・連結収益は50億米ドルで、2007年の38億米ドルから31%増加しました。
・営業利益は1億4,500万米ドルで、2007年の8,700万米ドルから66%増加しました。
・当期利益(PAT)は9,500万米ドル、2007年の9,100万米ドルと比較すると4%増加しました。
・1株あたりの利益は1.22新台湾ドルで、2007年の1.20新台湾ドルから増加しました。


注:
・為替レートは1米ドル=32.13新台湾ドル
・連結収益には、エイサーが50%以上株式を保有する他社の収益が含まれています。ただし、二重勘定のないよう両社間の取引で発生した収益は差し引かれています。

Acerについて
1976年の設立以来、エイサーは絶えず人と技術の間の障壁を取り除くという目標を追求してきました。全世界でIT製品を販売し、PCの世界シェアは第3位、ノートPCの世界シェアは第2位にランクされ、トップ5企業の中で最も速い成長を誇ります。インダイレクトで販売を展開する「チャネルビジネス」モデルは、エイサーが継続的に成長するための、有効な手段となっています。また、ゲートウェイとパッカード・ベルとの合併により、米国ではその存在を強化し、欧州ではより強い立場を築き、グローバル展開に必要な体制を完成させました。


■エイサーはマルチブランド・カンパニーへ
Acer Inc.は、コンピューター業界で世界第3位のPCベンダーです(2008年第1四半期において、Gartner Dataquest)。2007年より「パッカード・ベル」、「ゲートウェイ」、「イーマシーンズ」の3つの製品ブランドを加えたマルチブランド・カンパニーとして、さらに豊かなPCライフの実現に努めております。


■日本エイサー株式会社について
□ 商 号日本エイサー株式会社
□ 所在地東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビルディング 18F
□ 代表者代表取締役社長 ボブ・セン
□ 設 立1988年2月
□ 資本金2億円
□ 事業内容パーソナルコンピュータ、周辺機器、電子機器類、
及びデータ通信機器類等のハイテク用品卸販売
□ URLリンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。