logo

携帯電話がタイムカードになるタイムカードシステム「ケータイタイムカード」をリリース。株式会社セイショウシステムテクノロジー

パソコンソフトメーカー、株式会社セイショウシステムテクノロジー(本社:東京都新宿区、代表者:井上達也)は、2008年11月11日に、携帯電話を使ったインターネットASPタイムカードシステム「ケータイタイムカード」をリリースいたしました。
従来の携帯電話を使ったタイムカードシステムは、GPS機能を使っているため不正打刻が行われていないかどうかを調べるため座標を確認しなければなりませんでした。「ケータイタイムカードはGPS機能ではなくフェリカの技術を利用しているため、座標を確認する必要がありません。
また定期券にも対応しておりますので、社員、アルバイトの方が今お持ちになっているスイカやパスモ、イコカ等、交通系のIC型定期券には全て対応しております。インターネット環境に接続されたパソコン、カードリーダー(パソリ)さえあれば、すぐにお使いいただけます。※携帯電話は「おサイフケータイ)に対応している機種になります。
■リアルタイムの勤怠管理●どこからでも勤務状況が確認できる出退勤時の打刻は、携帯電話をカードリーダー(パソリ)にかざすだけです。携帯電話をかざした瞬間に勤務実績が記録されます。また、インターネットシステムですので、複数の支店、事業所、営業所の全従業員の勤怠情報を瞬時に計算できます。
●あらゆる雇用形態でも利用できるパート・アルバイトのシフト管理や、変動時給制・変形労働時間制にも対応しています。シフト勤務や他店舗へのヘルプ勤務に対応できる機能も搭載しており、正社員と非正社員(アルバイト、パートタイマーなど)が混在するような複雑な雇用形態でもご利用いただけます。
■効率を上げてコストを削減●給与計算ソフトと連動できる勤怠情報はテキストファイルとしていつでもダウンロードできますので、お使いの給与計算ソフトに取り込むことができます。インターネットの特徴を活かし、他の支店や営業所の勤務実績も瞬時に集計できますので、作業効率が大幅にアップします。
●給与の過払いを防ぐタイムカードとして利用する携帯電話はIDとパスワードで管理されますので、不正打刻の防止になります。そのため、記録された出退勤の時刻を正確に管理することができ、本来支払わなくても良いコストを削減することができます。
●安価な導入・運用コストケータイタイムカードは、携帯電話(あるいは定期券)、インターネットに接続可能なパソコン、カードリーダーの3つさえあれば導入できます。専用機器であれば、導入の際にシステム開発費用、運用上サーバ管理費用などのコストがかかりますが、定期タイムカードは一切不要です。
■利用環境 ・OS:Microsoft Windows2000、XP、Vista ・ブラウザ:Microsoft Internet Explorer 6以上 ・インターネットに接続できる環境(DSL以上推奨)
■必要機器 ICカードリーダ機能を搭載したパソコンもしくはICカードリーダ"PaSoRi"。(実売 2980円程度)
■料金初期費用 :オープン価格月額基本料: 3,000円(税込 3,150円)月額利用料: 4,500円(税込 4,725円)(10 ID単位)
※「FeliCa」は、ソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式で、ソニーの登録商標です。※「PaSoRi(パソリ)」はソニー株式会社の登録商標です。※「おサイフケータイ」はNTTドコモの登録商標です。※ その他、社名、製品名は各社の商標です。なおTM、Rマークは記載しておりません。
■WEBサイト「ケータイタイムカードドットコム」リンク
■会社概要会社名:株式会社セイショウシステムテクノロジーURL:リンク:東京都新宿区大京町23-3四谷オーキッドビル4階設 立:平成3年3月19日資本金:28,900,000円代表者:代表取締役社長 井上 達也事業内容:ソフトウエア開発、インターネットシステム開発事業
■本リリースに関するお問合せ株式会社セイショウシステムテクノロジー担当:第二事業部 平野TEL 03-5368-3041 FAX 03-5368-3941MAIL:info@teikiken.com
代理店のお問い合わせも上記へご連絡下さい。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事