logo

「Microsoft Office 世界学生大会 2009」エントリー開始!

「Microsoft Office 世界学生大会 2009」エントリー開始!
決勝戦はカナダのトロントで開催が決定!
WordとExcelの利用スキルを競い、2009年度の世界チャンピオンを目指しませんか?
リンク


マイクロソフト認定資格などを実施・運営する株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ
(東京千代田区 代表取締役社長/出張勝也)は、「Microsoft Office 世界学生大会 2009 決勝戦」へ日本代表を派遣するにあたって、日本国内の予選会として日本大会を開催します。

世界各国から、代表として選抜された学生が集まってWordとExcel(R)の利用スキルを競う「Microsoft Office 世界学生大会」は、マイクロソフト認定資格の試験システムを開発するCertiport社(米国)が主催する、学生を対象とした世界規模の大会で、2009年8月の時点で高校生以上の学生であれば、WordあるいはExcelのマイクロソフト認定資格試験を受験するだけで、誰もがこの大会にエントリーすることができます。

第7回目を迎える「Microsoft Office 世界学生大会 2009 決勝戦」は、2009年の夏、カナダのトロントでの開催が決定しました。この大会に参加する(株)オデッセイ コミュニケーションズでは、カナダでの決勝戦へ日本代表を派遣するにあたって、日本国内の予選会として以下の通り日本大会を開催します。

「Microsoft Office 世界学生大会 2009」について詳しくはこちら
リンク

【応募資格】
・2009年8月の時点で、大学、短期大学、専門学校、高等専門学校、高等学校に在籍する学生
・過去に、「Microsoft Office 世界学生大会」の決勝戦に出場したことのない学生

【エントリー・対象受験期間】
2008年6月1日(日)~2009年4月24日(金)

【対象試験】
Microsoft Office Specialist(MOS)
・Microsoft Office Word(スペシャリスト レベル)
・Microsoft Office Excel(スペシャリスト レベル)
※Office XP、Office 2003 Editions いずれのバージョンの受験でもエントリー可能。

Microsoft Certified Application Specialist (MCAS)
・Microsoft Office Word 2007
・Microsoft Office Excel 2007

【受験方法】
・対象試験は、「全国一斉試験」と「随時試験」で受験できます。
詳しくは、以下の関連ページをご参照ください。

Microsoft Office Specialist(MOS)の受験方法
リンク

Microsoft Certified Application Specialist (MCAS)の受験方法
リンク

<日本代表の選抜・決定>

【1次選考】
・エントリーされた全学生を、大学/短期大学 部門、専門学校 部門、高等学校/高等専門学校 部門 の3部門に分け、各部門の最高得点者のなかから、WordとExcelの 【金賞、銀賞、銅賞、入賞(4位~10位)】を選出します。
・金賞に選ばれた6名が、2次選考に進出します。

【2次選考】
・金賞の6名の方には、「小論文」と「成績証明書」を提出していただき、Word、Excelの試験結果と合わせ、総合的に判断した結果をもって日本代表2名(Word、Excel 各1名)が決定します。

【決勝戦出場】
・日本代表の2名は、カナダ(トロント)で開催される決勝戦に出場して、世界各国の代表とWord、Excelの利用スキルを競い合います。決勝戦での優勝者2名(Word、Excel 各1名)が、2009年度の世界チャンピオンになります。

決勝戦開催日程
2009年7月下旬 (予定)

決勝戦開催地
カナダ(オンタリオ州/トロント)

■ 「Microsoft Office 世界学生大会」について
2009年で第7回目を迎えるこの大会は、世界各国から選抜された学生代表が決勝戦に出場して、Officeアプリケーションの利用スキルを競う世界規模の大会です。今回は2009年7月下旬 (予定)にカナダのトロントで開催されます。

高校生以上の学生であれば誰でも、マイクロソフト認定資格、Microsoft Office Specialist(MOS)スペシャリストレベルまたはMicrosoft Certified Application Specialist(MCAS)のWord あるいはExcel の試験を受験することで大会にエントリーすることができます。

・「Microsoft Office 世界学生大会 2009」について詳しくはこちら
リンク

・前回「Microsoft Office 世界学生大会 2008」について詳しくはこちら

日本大会
リンク

決勝大会
リンク

■ 「マイクロソフト認定資格」概要
試験開始から10年を経て累計受験者数が200万人を突破しました。一般事務や営業などの企業で働くオフィスワーカーをはじめ、就職活動に取り組む学生や職場復帰を目指す主婦や在宅勤務希望者など、パソコンを使うあらゆるユーザーのベーシックスキルが身につく認定資格として幅広い世代から支持されています。

マイクロソフト認定資格は、Microsoft Officeのアプリケーションソフト(Word、Excel、PowerPoint(R)、Access(TM)、Outlook(R))の基本知識や操作能力を、パソコンを使った実技試験で測定して、その利用能力を客観的に証明する認定資格です。

マイクロソフト認定資格について詳しくはこちら

・マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS) Office 2003、Office XP
リンク

・マイクロソフト認定 アプリケーション スペシャリスト(MCAS) Office 2007 、Windows Vista(R)
リンク

■ 本件に関するお問い合せ
株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ 「世界学生大会」係
TEL. 03-5293-1885 
Eメール competition@odyssey-com.co.jp
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル
リンク


※ MOS:マイクロソフト オフィス スペシャリスト(Microsoft Office Specialist) MCAS:マイクロソフト認定 アプリケーション スペシャリスト(Microsoft Certified Application Specialist) 
※ Microsoft、Excel、PowerPoint、Outlook、Windows Vistaは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事