logo

■□■ システムズ、レガシー再生時代のマイグレーションセミナー 東京・大阪で開催■□■

~新たに提供開始の「3つのマイグレーション支援サービス」とレガシーシステム刷新ノウハウをご紹介~  

 株式会社システムズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:小河原弘三)は、マイグレーション事業強化の基に提供を開始した「マイグレーション・3つの支援サービス」とレガシーシステム刷新のポイントと成功の秘訣をご紹介するセミナーを「レガシー再生時代のマイグレーションセミナー」と題しまして、企業の情報システムご担当者様向けに、東京・大阪で開催する運びとなりました。

 内部統制強化、J-SOX法への対応、グリーンITへの取組みなど企業を取り巻く環境の変化に合わせて企業情報システムを刷新していくために、レガシーマイグレーションが避けては通れないテーマであことは間違いありません。

 既存レガシーシステムの刷新を進めていく上で検討すべきことは多岐にわたります。
 当セミナーでは、これから既存レガシーシステムの刷新をお考えの企業様に、刷新手法の一つ「マイグレーション」について、どのように取組み、アプローチしていくのか?マイグレーションプロバイダである当社が、長年のマイグレーションの現場で培ってきたノウハウ等、レガシーシステム刷新に関する成功の秘訣を公開いたします。

 株式会社システムズで定期的に開催している「マイグレーションセミナー」は、毎回定員を上回るご応募をいただいております。この度は、マイグレーション・3つの支援サービスの提供開始に伴い、初めて大阪でのセミナー開催にいたりました。今後、関西地区でのマイグレーション事業深耕に向けセミナー等のマーケティング施策を強化してまいります。

【内 容】
■マイグレーションの最前線から見えるシステム刷新の動向
・「ITモダナイゼーション」の取組みとしてのマイグレーション
・システム刷新問題に直面しているお客様の課題。
・全面刷新か、移行か?何から手をつけ検討すればよいのか。
・マイグレーションで失敗する要因の多くは、リスク管理が不十分。
■マイグレーションを成功に導くシステムズのアプローチと重要技術
・マイグレーションにおける役割分担の重要性。
・「移行リスクの見える化」に繋がる「標準化・手順化」「特許技法」
・「変換ツール型マイグレーション」から「設計優先型マイグレーション」へ。
・マイグレーション適用事例
■異種言語移行の代表「ADABAS/NATURAL」からの移行アプローチ
・ADABAS運用の課題と移行のポイント
・NATURAL移行のポイント

【東京開催】
■レガシー再生時代のマイグレーションセミナー/11月東京開催
◆日時:11月21日(金)14:30~16:30(受付開始/14:00~)
◆場所:システムズ 東京本社
(地図: リンク
◆料金:無料

▼セミナーの詳細とお申し込みは下記Webサイトまで
リンク

【大阪開催】
■レガシー再生時代のマイグレーションセミナー/12月大阪開催
◆日時:12月 5日(金)14:30~16:30(受付開始/14:00~)
◆場所:システムズ 大阪事業所
(地図:リンク
◆料金:無料

▼セミナーの詳細とお申し込みは下記Webサイトまで
リンク

■「レガシーマイグレーション」サービス ポータルサイト
リンク
■株式会社システムズ ホームページ
リンク

■株式会社システムズについて :
当社は、1969年に設立されコンピュータ・システムの進化とともに歩んでまいりました。
基幹系システム、情報系システム、Webソリューションの構築において幅広い実績を積むとともに、「マイグレーション特許」を2003年に取得(特許第3494376号)。独自のシステム開発にも磨きを掛け、事業領域を拡げながら進化し、現在に至っております。

■会社概要 :
社     名: 株式会社システムズ
代表取締役社長: 小河原 弘三
住     所: 〒141-0031
  東京都品川区西五反田7-24-5 日本生命西五反田ビル8F
TEL:  03-3493-0033(代表)
FAX:  03-3493-2033

[事業内容]
・マイグレーション(システム移行)
・システム・インテグレーション
・ソフトウェア開発
・ソフトウェアパッケージ販売
・情報処理機器販売

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社システムズ マーケティング事業本部 広報担当 : 中本 周志
TEL:  03-3493-0032(ダイヤルイン)
FAX:  03-3493-2033
E-mail : nakamoto@systems-inc.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

レガシー再生時代のマイグレーションセミナー開催情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■レガシーマイグレーションとは?
 メインフレームに代表されるレガシーシステム(旧式のシステム)を、OSなどの環境が異なるオープン系のプラットフォームに移行すること。このようなレガシーシステムはリース料や保守料、ソフトウェアのライセンス料が高額です。近年、オープン系のOSやプラットフォームの低価格化・高性能化に伴い、旧来のレガシーシステムをこうした新しいオープン系システムに移行することで運用維持費を削減しようとする動きが顕著となっています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。