logo

「2007年 携帯端末トレンド及び進化方向予測 韓国版(英文)」を販売開始

新規発売モデル徹底分析

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都渋谷区)は、株式会社ROA Groupが提供する調査レポート「2007年 携帯端末トレンド及び進化方向予測 韓国版(英文)」の販売を開始しました。

■■ 資料概要 ■■

本レポートでは、2007年韓国における全ての新規携帯端末(端末メーカー6社の全114機種)を対象に調査を行いました。
メーカーに関しては、LG電子が2006年に比べて新規モデル発売数の数を伸ばし、韓国国内における市場シェアは20%から26%まで上昇しました。一方、サムスン電子は昨年と変わらず、韓国で50%のシェアを占めています。

韓国では2007年、WCDMA及びHSDPA対応携帯端末の市場シェアが急激に拡大しました。2006年においては、その数わずか4%であったにもかかわらず、翌2007年には新規端末の30.7%が対応している状況となっています。

これに加えて、モバイルWiMAX(WiBro)対応端末の割合も、前年と比べてで増加傾向にあります。

目立った特徴としては、Bluetooth、sub-camera、VOD(ビデオオンデマンド)、テレビ電話、DMB(Digital Multimedia Broadcasting)搭載端末が増加傾向である点が挙げられれます。また、モバイル・ペイメントを実現するUSIMカード対応端末の数も伸びており、この分野は、韓国の通信事業者とカード会社及び銀行との連携強化により、今後さらなる成長が見込まれています。

今後の予測に関し、ROA Groupは携帯のスリム化が進み、タッチスクリーンの採用もさらに拡大していくと考えます。WCDMA及びHSDPAの拡大により、さらに革新的なマルチメディアサービスが可能になり、モバイルインターネット利用が促進されていくでしょう。

■■ レポートの紹介 ■■

本レポートは、アジアの中でも通信市場、及び、携帯端末市場をリードする韓国の新規発売端末を定期的に分析し、今後の市場の方向性を提示するために企画されたものです。韓国国内で発売された端末の詳細情報を提供し、ROA Group独自の評価方法により、携帯端末の進化レベルを評価し、今後の予測を行っています。

本レポートにて、端末の基本情報、機能要素、付加サービス要素に対する評価、及び、今後の展望を把握することができます。

■■ 調査範囲 ■■

本レポートは韓国国内で発売された携帯端末を対象に調査を行って作成されました。調査対象は2007年下半期に発売された全てのモデルです。
*調査プロセス等につきましては、下記詳細ページよりお進みください。

 詳細URL: リンク


■■ 資料目次 ■■

I. エグゼクティブサマリー

1.レポートの紹介
2.調査範囲
3.調査プロセス
4.方法論
5.評価方法

II. 2007年 韓国における携帯端末市場環境の分析

1.メーカー別 販売端末シェア
2.メーカー別 新規端末販売台数
3.メーカー別 市場シェア及び販売台数

III. 基本要素についての主要トレンド分析

1. 2007年のキーポイント
2. WCDMA/HSDPA端末
3. 2007年 端末サイズトレンド
4. 2007年 端末形態
5. 2007年 端末販売価格

IV. 機能要素についての主要トレンド分析

1. 2007年のキーポイント
2. Sub-Cameraと画素数
3. タッチセンサー
4. LCDサイズと解像度
5. Bluetooth機能搭載

V. 付加サービス要素についての主要トレンド分析

1. 2007年のキーポイント
2. テレビ電話
3. DMBとVOD
4. 端末でのパーソナルライフマネージメント
5. USIMカードとM-Payment(モバイル・ペイメント)機能

VI. 2008年の展望

1. メディア要素比較及びキーポイントの分析
2. メディア要素分析に基づく開発の方向性予測
3. 2007年キーポイントに基づく2008年の展望

VII. Appendix

レポート情報及びROA Groupについて


■■ 図目次 ■■
[図1] メーカー別 販売シェア(2006-2007)
[図2] メーカー別 新規端末販売台数(2006-2007)
[図3] 各オペレーター専用端末販売台数(2006-2007)
[図4] メーカー別 市場シェア(2006-2007)
[図5] メーカー別 販売台数(2006-2007)
[図6] ネットワーク別 シェア(2006-2007)
[図7] 端末形態シェア(2006-2007)
[図8] 端末価格帯シェア(2006-2007)
[図9] 韓国国内の平均端末価格動向(2006-2007)
[図10] Sub-Camera搭載率及び平均解像度(2006-2007)
[図11] タッチセンサー搭載端末台数(2006-2007)
[図12] 2インチ以上のLCD搭載率(2006-2007)
[図13] Bluetooth搭載率(2006-2007)
[図14] テレビ電話及びSub-Camera搭載率(2006-2007)
[図15] 地上波及び衛星DMB対応率(2006-2007)
[図16] ビデオ・オン・デマンド(VOD)対応率(2006-2007)
[図17] 地下鉄マップ、電子書籍及びGPS対応率(2006-2007)
[図18] M-Payment(モバイル・ペイメント)及びUSIMカード機能搭載率(2006-2007)

■■ 表目次 ■■

[表1] 新規販売端末のネットワーク対応率
[表2] 端末サイズの推移(2006-2007)

■■ 概要 ■■

資 料 名:2007年 携帯端末トレンド及び進化方向予測 韓国版(英文)
発 刊 日:2008年8月
発   行:株式会社ROA Group
調査・制作:株式会社ROA Group
販   売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
判   型:A4版カラーコピー印刷・44頁
価   格:
    ■印刷版
     157,500円(税抜150,000円+消費税7,500円)別途送料500円
    ■PDF+エクセル
     157,500円(税抜150,000円+消費税7,500円)別途送料500円
    ■PDF+印刷版+エクセル
     160,650円(税抜153,000円+消費税4,750円)別途送料500円

 詳細URL: リンク


【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒150-0021
      東京都渋谷区恵比寿西1-3-10 ファイブアネックス8F
      Tel. 03-5457-3660/Fax.03-5457-0511
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-3-10 ファイブアネックス8F
Tel. 03-5457-3660/Fax.03-5457-0511
担当:谷口
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。