logo

NTTエレクトロニクス、高画質な映像を低価格で伝送可能なIPネットワーク対応AVC/H.264 HDTV エンコーダ/デコーダ「RU7000シリーズ」発売のお知らせ

平成20年10月28日--(ビジネスワイヤ)--画像圧縮技術のリーディングカンパニーであるNTTエレクトロニクス株式会社(社長:吉村 寛、本社:東京都渋谷区 以下NTTエレクトロニクス)は、HDTV対応エンコーダ/デコーダ「RU7000シリーズ」を発売致します。

2011年の地上波デジタル完全移行に向けて、放送業界では高品質な映像のリアルタイム伝送が求められています。それに伴い、従来主流だった衛星回線に比べ、より低価格なブロードバンドネットワークを利用した映像中継に高い関心が寄せられています。NTTエレクトロニクスは、これらのニーズにお応えするため、高画質な映像を低価格で伝送可能なIPネットワーク対応AVC/H.264 HDTVエンコーダ/デコーダ「RU7000シリーズ」を発売致します。


本「RU7000シリーズ」は、AVC/H.264の映像圧縮技術を採用しており、従来のMPEG-2と比べ約2倍の圧縮率を実現しながら、高画質な映像を保持したままリアルタイムにIP配信することができます。そのため、使用回線コストを大幅に低減することが可能となり、低価格なランニングコストで映像を伝送できます。また、誤り訂正機能(FEC)やPPPoE機能を搭載しており、一般的なFTTH回線でも高品質な映像伝送が可能です。


本「RU7000シリーズ」は、現場の状況をリアルタイムに高画質でIP伝送するため、即時性が求められるお天気カメラや情報カメラ等の定点カメラや、スタジアムやイベント会場等からのイベント中継に最適です。また、カメラやセンサー等の遠隔機器制御対応RS-232C/RS-422パススルー機能を搭載するなど、監視ソリューションにも最適です。


尚、本製品は来る11月19日から21日まで幕張メッセにて開催される「Inter BEE 2008(ブースNo. 5301)」に出展致します。


<主な製品の特徴>
FTTH回線に最適な機能を搭載
・誤り訂正機能(FEC)
・PPPoE機能を搭載
送信ストリームのシェーピング機能に対応
ユニキャスト/マルチキャストをサポート
遠隔機器制御の為のRS-232C/RS-422パススルー機能を搭載
Web GUI対応
DC12V対応(ACアダプタ付属)
IPv4、及びIPv6に対応


<発売予定時期>
2008年10月末発売開始


<目標年間販売台数>
500セット


NTTエレクトロニクス株式会社:
NTTエレクトロニクスは、画像圧縮技術のインダストリリーダーです。
特に、HD対応ソリューションでは、日本を始めとして世界の市場で高く評価されております。当社の優れた技術で、最高品質の画質での放送素材伝送、編集、配信を可能にします。
NTTエレクトロニクスに関する詳細は、 リンク をご覧下さい。


本件に関するお問い合わせ先:
NTTエレクトロニクス株式会社
マルチメディア事業部 国内営業部
電話:045-453-3631
E-mail :mms@yoko.nel.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。