logo

“PostgresPlus”国内販売強化に向けて、コンテンツ・ロジスティックリナックス株式会社と業務提携を発表

株式会社ベンチュリーシステムズ 2008年10月09日 15時00分
From ValuePress!

株式会社ベンチュリーシステムズはこのたび、米EnterpriseDB社が開発、サポートするRDBMS(EnterpriseDB Advanced Server、日本版製品名:Postgres Plus)の日本国内における総代理店であるコンテンツ・ロジスティック・リナックス株式会社(以下、コンテンツ・ロジ社)と、ディストリビューションパートナー契約を締結し、ライセンス販売を開始するとともに、データべースサーバ導入にともなうコンサルティングサービスの提供を開始致しました。

ベンチュリーシステムズはデータベース技術者であった代表の衞藤重豪が2004年に設立したデータベースソリューション専門の会社です。主なサービスはデータベースの導入、チューニング、設計・構築、運用など、今まではOracleデータベースに特化したサービスを提供して参りましたが、この度のコンテンツ・ロジ社とのパートナー契約により、廉価なオープンソース(以下OSS)系も含めて、より幅広いくデータベースソリューションサービスを提供致します。

PostgresPlusは、OSSのRDBMSとして広く普及しているPostgreSQLをベースにしたRDBMSであり、従来のPostgreSQLに比べ、高性能のトランザクション環境の実現、200%以上の高速化を実現、レプリケーションによるデータ共有を実現、米Oracleのデータベース製品と高い互換性を持つといった特徴があります。Oracleベースのアプリケーションを変更することなく、そのデータベースエンジンをPostgresPlusに切り替えることが可能です。

●Oracleでもなく、PostgreSQLでもない“PostgresPlus”という選択
・Oracleの保守と新規開発のライセンス費用が気になる
・PostgreSQLでのパフォーマンスが気がかりである

このように感じておられる企業様に対して、PostgresSQLよりも高性能で、Oracleほど高額でもない中間的なRDBMSとして、PostgresPlusという新しい選択肢をご提案します。

なお、ベンチュリーシステムズではPostgresPlusのライセンス販売、データベースサーバ導入支援にくわえ、PostgresPlusのサポートも今後、開始する予定です。



補足
・コンテンツ・ロジスティック・リナックス株式会社の概要
同社は近年、急成長しているオープンソースソフトウェア市場における、エンタープライズ向けコンテンツのディストリビューションとサポートを事業目的として、設立されました。Linuxを中心とした、エンタープライズ向けのオープンソースによるソリューション及びサポートを提供しています。
本社所在地:東京都港区港南2-16-1品川イーストワンタワー14F

・株式会社ベンチュリーシステムズの概要
データベースのシステムインテグレーションを専門とし、2004年2月に設立。OracleDBといった商用DBの導入から設計・構築、性能改善といったサービスに加え、今後はOSS系RDBMS製品に対しても積極的にサービス展開を行って参ります。
本社所在地:東京都新宿区荒木町9-7 ナオビル3F



【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ベンチュリーシステムズ
TEL:03-3341-5723
FAX:03-3341-5724
URL:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事