logo

地上デジタルにハイビジョンTVをPCで・・・を当たり前に!高精細映像だけじゃない!サラウンドの臨場感も堪能できる ~ あなただけのCinema Complex空間の実現を可能にします

 日本エイサー株式会社(Acer、本社:台湾・台北)は、ハイビジョンTVスタイルの地デジ対応モデル「Aspire X3200」シリーズよりを、2008年10月4日(土)より発売いたします。


■ 『Aspire X3200-A6』 製品特長

▽ハイビジョン番組の視聴・録画・ダビングまで、簡単・便利・キレイ!
 ハイビジョン番組を気軽に楽しめる、地デジ・ダブルTVチューナー(株式会社ピクセラの地上デジタル対応ダブルチューナーPIX-DT110-ZE1)を搭載。
 さらに Blu-Rayディスクドライブ搭載を搭載。地デジ録画の新ルール「ダビング10」対応により、ハードディスクに録画した番組をきれいなままBlu-Rayディスクに残すことが簡単にできます。
 さらにダブル録画も可能で、PC1台でテレビライフもワンランクアップします。

▽映像美に臨場感を加えるサラウンドシステムを採用
 高品質のサウンドと高度なオーディオ機能を備えたDOLBY HOME THEATER(TM)採用でハイビジョンの映像美に加え、まるで映画館や劇場にいるかのようなサラウンドの臨場感を味わえます。また、各種ヘッドフォンにも対応しているので、夜間でも大迫力であなただけのCinema Complex空間の実現が可能となりました。

▽エンターテインメント性を向上させる充実のスペック
 デジタルメディアの楽しさを加速させるAMD Phenom(TM)プロセッサ搭載で、CPUに負荷がかかるエンターテインメントもパワフルに高速処理が可能です。驚異のパフォーマンス発揮により、ハイビジョン番組も、本格3Dゲームも、ストレス無く、快適に楽しむことができます。

▽22インチ型ワイド液晶画面で、映像が更に迫力アップ
 今回発表する「Aspire X3200」シリーズは22インチのワイド液晶がセットになっているので、ディスプレイを別途購入する必要がありません。
手元に届いたその日から、大迫力で鮮明なワイドスクリーンで、思う存分ハイビジョン映像を楽しめます。

■acerについて
acerは、1976年に台湾で創立、情報産業の礎としてコンピュータ業界をリードし、欧州でそのブランドを進化させてきました。現在、欧州ではトップクラスのブランドとなり、世界規模では第3位のPCベンダー(ノート市場では世界第2位)*として成長しました。acerのビジョンとして、次世代PC管理プラットフォーム「Empowering Technology」、さらにその先にある人と技術の間の障壁を取り除く「EmpoweringPeople」をコンセプトに掲げ、人々のライフスタイルを強化するテクノロジーの提供を第一に新しいITブランド企業を目指しています。
*2008年第1四半期Gartner Dataquest調べ


■エイサージャパンについて
□商 号   日本エイサー株式会社
□所在地   東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビルディング 18F
□代表者   代表取締役社長 ボブ・セン
□設 立   1988年2月
□資本金   2億円
□事業内容  パーソナルコンピュータ、周辺機器、電子機器類、
       及びデータ通信機器類等のハイテク用品卸販売
□URL    リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事