logo

インド向けコンテンツ配信事業 Astute Systems Technology社と契約締結

 当社は、インドのコンテンツプロバイダーAstute Systems Technology社とインド国内コンテンツ配信事業に関して契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。
 今回の契約締結により、既に進出しております世界第一位のマーケットである中国に引き続き、世界第二位の巨大なマーケットであるインドモバイル市場(※1)向けに当社コンテンツを配信することとなります。
 当社は、今後も日本国内のみならず海外のお客様にもお楽しみいただける魅力的なモバイルコンテンツの提供に努めてまいります。





1.契約締結の内容
 当社は、日本で携帯キャリア向けに配信しているゲームをはじめとする優良コンテンツを、インド現地の携帯電話キャリアの仕様に合わせるためにプログラム改修や英語化などのローカライズ(※2)、および数十種類を超える携帯電話端末用にポーティング(※3)を施した後、Astute Systems Technology社経由でインド国内に配信することが可能となります。
 また、提供した当社コンテンツが購入された売上に対して、一定料率をAstute Systems Technology社から受け取る形での展開を予定しております。

配信予定コンテンツ:ゲームコンテンツ10種類(アクション・シューティング・RPGなど)
配信時期:平成20年10月下旬から、順次予定
配信キャリア:TATA Teleservices、RELIANCE Communications、Virgin Mobileなど主要キャリア

 今回の契約締結を機に、Astute Systems Technology社が配信しているインド以外の近隣諸国への配信、展開も期待でき、これまで培ってきた当社の海外展開のノウハウを更に活かしていけると考えております。


(※1)インドモバイル市場:インドにおける携帯電話加入件数は、平成20年8月末時点で3億回線(インド電気通信監理局(TRAI)の統計)を超えている。ただ、普及率は30%と低く、月間の増加者数は中国のそれを上回る900万人ペースで推移しており、今後さらに増加することが予想される。
(※2)ローカライズ:現地の端末仕様や言語に合わせて、プログラムを改修する行為。
(※3)ポーティング:ローカライズされたプログラムを現地の端末上で実際に動作させ、チェックする行為。


2.Astute Systems Technology社の概要

会社名Astute Systems Technology Pvt. Ltd.
設立年月日2003年8月13日
所在地Astute House,88,Jaora Compound, Indore, India.
代表者Mr.Vijay Jain
資本金INR 100 Millions
従業員数約100名
事業内容モバイルコンテンツ事業、ショートメッセージ事業、システムソリューション事業
主要取引先Airtel,TATA,Reliance,Virgin Mobile,Idea,Vodafone,BSNL,MTNL,Hutchなど、インド国内キャリア全般
URLリンク



3.今後の見通し
 本件が当社の連結業績へ与える影響につきましては、現段階においては軽微であると見込んでおります。


以 上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。