logo

株式会社オーエスは、オプトマDLPプロジェクター「ホームプロジェクターHD71」「データプロジェクターEP783」 を11月1日より同時新発売いたします。

株式会社オーエス(本社:大阪、代表:奥村正之)、株式会社ホームシアター(本社:東京)は、DLP方式プロジェクター、ホーム用2400ルーメンHD71と、データ用上下左右レンズシフト付EP783を、同時に11月より新発売いたします。ともに高コントラストに定評ある、米テキサスインスツルメンツ社のDLPチップを採用し、シリーズの最新鋭機種として期待する製品です。
720Pホームプロジェクター HD71(写真上)2400ルーメンの明るさで、リビングがシアタールームに!HD71は、1280×720のプログレッシブハイビジョン映像を、専用のシアタールームを構築することなく、お茶の間の照明下で楽しむことを目的に開発されました。リビングにマッチするホワイトボディで、ホームシアター用途ではクラス最高の2400ルーメンを実現。さらに27db(ブライトモード:標準時)と、ホームシアターとして映像に集中できる、静音性に優れたプロジェクターです。豊富な入力端子は、HDMIはもちろん、DVI、VGAなども標準装備、パソコン映像などを使用したビジネス・文教のシーンでもマルチユースが可能です。2chのスピーカーも搭載、軽量な本体(2.96kg)を活用した機動力も魅力です。レンズキャップにはスライド式を採用。天井に吊り下げたままのレンズ交換が可能になるなど、使いやすさを追求した製品です。HD71は、様々なシーンで活躍が期待できるプロジェクターです。≪HD71の主な特長≫■ DLP方式、0.62型DMD(dark chip2)■ 高輝度2400ルーメン(UHPランプ200W)■ コントラスト比 4000:1(イメージAIオン時)■ 解像度 1280×720 (16:9)  1080iハイビジョン信号をサポート■ 豊富な入力端子(HDMI、DVI-D、コンポーネント、VGA、S-ビデオ、ビデオ)■ HDMIver.1.3対応(Deep Color非対応)、DVI-D はHDCP準拠■ 27dBの低騒音(ブライトモード:標準時)■ レンズキャップの紛失がない、スライド式レンズキャップ■ ランプ交換は本体天面開閉式
≪HD71の主な仕様≫型式:HD71希望小売価格(税込):オープン本体カラー:スーパーホワイト投写方式:単板DLPTM方式 表示素子※1:0.62型720P(1280×720) DMDTMパネル アスペクト※2:16:9(1280×720)明るさ(輝度):2400 ルーメンコントラスト:4000:1投写レンズ:1.1倍マニュアルズーム/マニュアルフォーカス、f = 21.79 ~ 23.99 mm 、F 2.46~2.58使用ランプ:200Wランプ(ユーザー交換可能)ランプ寿命:3000時間(ノーマルモード)/2000時間(ブライトモード)投写距離:1.5(40型)~12 m (350型) キーストン補正:± 30( (垂直)ビデオ対応信号:HDTV(720p,1080i)、STD(480i,576i)、NTSC,NTSC4.43、PAL,PAL60,PAL-M,PAL-N、SECAMコンピューター信号:SXGA+,XGA,SVGA,VGA,Macintosh入力端子:HDMI,DVI-D,コンホ゜ーネント,VGA(RGB/YPbPr),S-Video,Videoトリガー出力:+12Vコントロール端子:RS-232スピーカー:2W×2騒音値:29 dB (ノーマルモード)電源:AC 100V~240V ; 50/60 Hz消費電力:270W(待機時10W)外形寸法(突起部含まず):295(W)×95.7 (H)×222(D)mm製品質量:2.96 kg 高輝度データプロジェクターEP783(写真下)EP783は、オプトマ初の上下左右のレンズシフトを採用。本体のセンターにレンズを納めたレイアウトと共に、セッティング性を格段に飛躍させました。さらに高出力330Wのランプを採用、明るさも5000ルーメンと、EPシリーズ最高の輝度を実現。あらゆるプレゼンテーションシーンの場に活躍が期待されます。※姉妹機として長焦点レンズ搭載のEP783Lがあります。≪EP783/783Lの主な特長≫■ DLP方式 0.7型 XGA(1024×768)DMDTM採用■ 高輝度5000ルーメン:高出力 330Wランプ採用により、高輝度5000ルーメンを実現。■ 高コントラスト比 1500:1、TI社最新テクノロジーDarkChip3を搭載し、高コントラスト比 1500:1を実現。
■ 幅広い投射距離に対応:標準レンズに装着できるワイドとテレのコンバージョンレンズに加え、長焦点レンズのEP873Lで設置の自由度を向上
   標準レンズ                    :Throw Ratio 2.0~2.4:1   標準レンズ+ワイドコンバージョンレンズ  :Throw Ratio 1.6~1.92:1   標準レンズ+テレコンバージョンレンズ   :Throw Ratio 2.4~2.88:1   長焦点レンズ(EP783L)            :Throw Ratio 2.9~5.5:1■ 電動レンズシフト搭載:最大 垂直方向±110% 水平方向±25%の電動レンズシフト搭載
   ※但し、垂直水平を最大併用することはできません。■ HDCP準拠のHDMIとDVI-Dをサポート■ ステレオスピカーとアンプを内臓 (5Wx2)■ 有線LAN及び無線LAN(オプション)によるネットワーク対応:RS232とRJ45に対応し、Webブラウザからのリモート操作が可能です。※ネットワークを通してプロジェクターの操作・管理が可能となります。■ ユーザーフレンドリーな設計:設置しやすいシンメトリーな形。後部パネルより簡単にランプ交換が可能。■ TrueVivid??technology 色ガンマを調整し、全階調を的確に表現するオプトマ独自のTrueVividTMを搭載。 ■ O2airTM:オプトマ独自の「O2Air 」を装備し、空冷時の排気をクリーンな状態に保ちます。≪EP783/783Lの主な仕様≫型式:EP783/783L希望小売価格(税込):オープン/オープン(783L)本体カラー:シルバーメッシュ投写方式:単板DLPTM方式表示素子※1:0.7型 XGA(1024×768) DC3 DMDTMパネル アスペクト比※2:4:3/16:9明るさ(輝度):5000 ルーメンコントラスト比:1500:1投写レンズ:1.2倍電動ズームレンズ/1.9倍電動ズームレンズ(783L)フォーカス:電動 レンズ値:f=28.5~34.1mm,F2.0~2.16/f=41.2~78.1mm,F2.01~2.58(783L)使用ランプ:330W (ユーザー交換可能)ランプ寿命:3000時間(ノーマルモード)/2000時間(ブライトモード)投写距離:1.2(24.6型)~12.5m(307.6型)/1.8(16.1型)~20m(339.4型)(783L) キーストン補正:±40°( (垂直)±15°(水平)ビデオ信号:HDTV(480p,576p,720P,1080i/p)、SDTV(480i,576p)、Full NTSC,NTSC4.43,PAL,PAL-M,PAL-N,SECAM,HDMI(480i/p,576i/p,720i/p,1080i/p)コンピューター信号:UXGA,SXGA+,XGA,SVGA,VGA,Macintosh入力端子:HDMI,DVI-D,BNC(RGBHV/YPbPr),VGA×2,S-Video, Video,Audio×6出力端子:VGA、Audioトリガー出力:+12Vコントロール端子:RS-232,RJ45,スピーカー:5W×2騒音値:30dB (ノーマルモード)電源:AC 100V~240V ; 50/60 Hz消費電力:410W(待機時5W) 外形寸法(突起部含まず):476(W)×167 (H)×398(D)mm 製品質量:10.1kg/10.45kg?※1 DMD/DLPテクノロジーの中核をなす半導体、テ゛シ゛タル・マイクロミラー・テ゛ハ゛イス。半導体上に可動する極小のミラーが48~131万個敷き詰められ、1秒間に数千回というスピードで切り替えられて、ミラーに当たった光を反射して画像を再現する。※2 アスペクト比/画面の横と縦の比率DLPTM、DMDTMはテキサスインスツルメンツ社の登録商標です。※SVGA、XGA、WXGATMはIBM corp.の登録商標です。
オプトマ社日本総代理店のオーエスグループでは、(株)オーエス、(株)ホームシアターそれぞれが、お客様のニーズに合わせたサービス対応をいたします。 法人のお客様≪製品お問合せ先≫株式会社オーエス東京都足立区綾瀬3-25-18 お客様ご相談窓口 0120-465-040電話:03-3629-5211、FAX:03-3629-5214  URL リンクグループ 担当: 市野金行? E-mail ? info@osscreen.com
個人のお客様≪製品お問合せ先≫株式会社ホームシアター 東京都足立区綾瀬3-25-18 お客様ご相談窓口0120-212-750電話:03-3629-5410、FAX:03-3629-8828  URL リンク 営業部 担当: 神埼?? E-mail ? info@hometheater.co.jp≪ニュース発信者≫株式会社オーエスマーケティングチーム藤枝 昭東京都足立区綾瀬3-25-18電話03-3629-5356 FAX.03-3629-5187E-mail a.fujieda@osscreen.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事