logo

調査結果「テレビゲームは子供に良い影響を与える6割。理由は家族で楽しめる6割」

子供にゲームを与えている割合は全体の75.1%で、与えている理由は「家族で楽しむため」が3割でトップ。テレビゲームが子供に良い影響を与えると感じている割合は6割で、良い影響を与えると思う要素は6割以上が「家族や友達と楽しめる」と答えた。 子供にとって良い影響を与え、家族で楽しめる商品では、PS3ソフトの「AFRIKA」が31.5ポイントで1位になった。

テレビゲームは子供に良い影響を与える6割。理由は家族で楽しめる6割
~子供に良い影響を与え、家族で楽しめる商品。1位にPS3ソフト「AFRIKA」
 発表URL:リンク

<調査概要>
9月16日に米調査会社のピュー・リサーチセンター(ワシントン)から「ゲ
ームは子供の社会性をはぐくむ」という調査結果が報告された。日本国内で
はテレビゲームが子供に及ぼす影響は少年犯罪との関連性など、しばしば議
論になることが多い。そこで、テレビゲームが子供に与える影響をどのよう
に考えているのか、30代から40代のネットユーザー男女の回答を集計した。
有効回答数は704名で、子供がいる回答者の割合は30.4%、 テレビゲームの
所有率は63.6%。

子供にテレビゲームを与えている割合は75.1%と高い割合で子供がテレビゲ
ームに触れていることがわかる。子供にテレビゲームを与えている理由では
「家族で楽しむため」32.3%が最も高い。以下、「欲しがるので」29.3%、
「友達との交流があるので」27.1%と続く。男女別にみると与えている理由
は大きく異なり、女性では「家族で楽しむため」41.2%が最も高い結果だっ
たのに対し、男性では「欲しがるので」31.7%が最も高い理由となった。

米調査会社の調査結果から「テレビゲームは子供の社会性をはぐくむ」と思
うか聞いたところ「効果がある」と回答したのは59.4%で、テレビゲームの
内容や、利用方法によって効果があると半数以上が感じている。ではテレビ
ゲームのどのような要素が子供に良い影響を与えると感じているのだろうか。
理由としては「家族や友達と楽しめる」63.4%が最も高かった。以下、「動
画や音楽などによる解説」34.0%、「全体的な情報量」32.1%と続く。

男女別に見ても「家族や友達と楽しめる」という理由が最も高い結果になっ
た。全体を通してテレビゲームは家族みんなで楽しむことが子供にとって良
い影響を与えると感じているようだ。

子供に良い影響を与え、家族で楽しめる商品をカテゴリーに関わらず聞いた
ところ、1位に選ばれたのは31.5ポイントでPS3ソフトの「AFRIKA」。選択理
由は「人と動物の関係を教えられる」(44歳/男性)、 「テレビゲームをきっ
かけとして、実際の動物に興味を持てるから」(36歳/男性)、 「動物園で見
られない行動とか習性とかみれたら良いと思ったから」(39歳/女性)など、
アフリカ大陸の自然を観察するという壮大なゲームテーマが受け入れられて
いるようだ。

2位に選ばれたのは29.8%でブロックの「LEGO」。 選択理由は「創造性を伸
ばせる」(38歳/男性)、「正解がひとつでなく多人数で楽しみやすい」 (48歳/
男性)、「協力して考える事を学べる」(37歳/女性)など、こちらは創造力や思
考力を家族で協力しながら達成を目指すという点が受け入れられている。以
下「100マス計算」27.3ポイント、 「AQUANAUT'S HOLIDAY」26.3ポイントと
続く。全体的に家族で楽しめる鑑賞系ゲームソフトが人気を集めている。今
後、このような家族で楽しめる疑似体験ソフトの登場に期待が膨らみそうだ。

<調査データ>
・テレビゲーム機をお持ちですか?
・所有されているテレビゲーム機を全て選んでください。
・ゲームの内容やテーマなどによっては子供の知育に効果があると思います
 か?
・テレビゲームのどのような要素が子供に良い影響を与えると感じますか?
・知育・徳育などを考えて、家族で楽しみながら遊ばせたいものはどれですか?
など

※男女別、年代別に集計

詳しくはWEBをご確認下さい。

<調査概要>
回答数:704名
調査日:2008年9月25日~26日
男女比:男性:51.1% 女性:48.9%
年代比:20代:0.4% 30代:60.9% 40代:38.6%

 ────────────────────────────────
 「子供とテレビゲームに関する意識調査」

 ◆詳細はURLからご利用下さい.画像などはご自由にご利用下さい。
  リンク
 ブログのネタを届けるブロガーの為のブログニュース「Blogch.jp」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/白川翔一
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-640-4775
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: リンク
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: リンク

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。