logo

日本仏教界の重鎮・築地本願寺の豊原大成御輪番が『黄金の言葉』に登場!

オウケイウェイヴの言葉チャリティーあいのりオークション『黄金の言葉』に仏教界の名刹が参画

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(代表取締役社長:兼元謙任、本社:東京都渋谷区)の新サービス『黄金の言葉』(http://goldenwords.okwave.jp/)にて、2008年9月16日より、築地本願寺の豊原大成御輪番が登場、サイト利用者からの様々な悩みに「黄金の言葉」を提供し、ネット上に現代人とお寺のつながりの場を設けます。

『黄金の言葉』は、専門家や各界のプロフェッショナルから専門的な知識や勇気づけてほしい言葉等を世界初の「あいのりオークション」形式で得られる有償のサービスです。
このたび『黄金の言葉』の趣旨に築地本願寺に共鳴いただき、仏教の専門家として、築地本願寺の輪番(別院を統轄する役職)である豊原大成御輪番が黄金の言葉提供者として登場、サイト利用者の質問や悩みに対して「黄金の言葉」を提供します。2500年を超える仏教の智慧と、浄土真宗本願寺派が誇る仏教学者でもある豊原大成御輪番の知識、築地本願寺の知恵が詰まった魅力あるコンテンツとなります。

『黄金の言葉』では、関東を代表する築地本願寺との取り組みに加え、今後、京都の名刹である高台寺・圓徳院をはじめとする寺院、株式会社HAQBI(本社:世田谷区、代表取締役社長:金子亮)が展開する寺院総合情報サイト「おてらいふ」(リンク)との連携等を通じて、これまで地域と密接に結びついていた人とお寺の豊かなこころのつながりの場を、ネット上にも拡大します。

『黄金の言葉』では、今後も順次、様々な業界の専門家やプロフェッショナルが登場することで、有益な言葉や知識の循環が社会に貢献する新しい知識流通市場を醸成します。

■築地本願寺について
リンク
関東の人々から「築地本願寺さん」と親しまれている正式名称「浄土真宗本願寺派本願寺築地別院」の発祥は、元和三(1617)年、西本願寺の別院として、第十二代宗主(ご門主)准如上人によって建立されました。現在の本堂は東京(帝国)大学工学部教授・伊東忠太博士の設計による古代インド様式で昭和六(1931)年に起工、三年後の昭和九(1934)年に落成され現在に至っています。
築地本願寺では「縁起プロジェクト」(リンク)をはじめとする様々な取り組みを通じて人と人のつながりの場を提供しています。
「黄金の言葉」提供者である、日本仏教界の重鎮・築地本願寺の豊原大成(とよはらだいじょう)御輪番はブログ「説法獅子吼」(リンク)からも日々メッセージを発信しています。

■言葉チャリティーあいのりオークション『黄金の言葉』について
リンク
『黄金の言葉』は、サイト利用者が、有料で回答者に個別質問できる当社の新サービスです。回答者には専門家や各界のプロフェッショナルが登場。人々により善く生きるための視座や、専門的知識等を「黄金の言葉」として提供します。
『黄金の言葉』では、質問者が言葉を得たい回答者から「自分の質問に回答してもらう権利」を得るため、世界初の仕組みである「あいのりオークション」を開催します。質問者は「あいのりオークション」にて、自分が聞きたいことにポイントを付けて質問形式で投稿。リクエストした質問はサイト閲覧者に公開されます。公開された質問に閲覧者が共感し、自分もその質問の回答が得たいと思った場合、その質問にポイントを足して「あいのり」することができます。オークション期間終了時点で、リクエストされた質問の中から最もポイントの高かった質問1問に対して、回答者は回答を寄せ、質問した本人と「あいのり」した方々だけが回答を得られます。落札額の支払は質問者と「あいのり」した人数で割った金額となるため、複数人であいのりした方が、落札(質問の回答が得られる)の可能性が高まるとともに、各人の支払額も軽減できる仕組みとなります。
『黄金の言葉』サービスは、「黄金の言葉」の売上の一部を世界で活動するNPO団体、寄付団体に寄付し、寄付総額はサイト内にも明示します。言葉の循環によって生まれた収益の一部を世界中に再分配することで、世界の貧困や問題解決の一助へと貢献する考えです。

■株式会社オウケイウェイヴについて
リンク
世界中の人と人を信頼と満足で繋いでいくことを理念に、1999年7月設立。米国で今日注目を集めるQ&Aサイトを2000年1月にいちはやく「OKWave」として開設。会員数123万人以上、月間訪問者4,100万人以上、月間PV4.5億を数え、大手ポータルサイトや企業の顧客サポート部門等、80社以上に導入しています。更に、その運営ノウハウを応用したエンタープライズQ&Aソリューション「OKBiz」やFAQ作成管理ツール「OKWave Quick-A」、Q&A情報活性化ツール「OKWave ASK-OK」等のソリューションを展開。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月には米国マイクロソフトコーポレーションと業務・資本提携を締結。今後は、Q&Aの課金市場の創出、2010年の10言語、100ヶ国への事業展開を目指します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。