logo

低公害自動車の現状および将来性について調査・分析結果を提供する「2008年版 低公害自動車の現状と将来性」出版

総合技研株式会社が出版した「2008年版 低公害自動車の現状と将来性」では、低公害自動車の研究開発動向、キーテクノロジー、2015年に向けての普及の可能性について調査・考察を行っています。

【調査対象品目】
1) ハイブリッド電気自動車(HEV PEHV)
2) 電気自動車(PEV)
3) 燃料電池自動車(FCV)
4) 直噴エンジン自動車(ガソリン,ディーゼル)
5) 天然ガス自動車
6) バイオ燃料

【調査項目】

総括編
[1]低公害自動車の市場動向
1)低公害自動車の市場規模推移※(2015年予測)
2)種類別市場規模推移
3)全自動車における低公害自動車比率推移
4)乗用車生産台数における比率予測

各低公害自動車編

【調査ポイント】
Ⅰ.ハイブリッド車
各カーメーカーの投入展開、開発動向
二次電池の採用動向
プラグインハイブリッドの開発動向

Ⅱ.電気自動車
各カーメーカーの開発動向
第3世代電気自動車の投入動向 等

Ⅲ.燃料電池自動車
各カーメーカーの開発動向
2015年の事業化に向けた考え方 等

Ⅳ.直噴エンジン自動車
次世代直噴エンジンの開発及び投入動向
クリーンディーゼルエンジンの投入展開 等

Ⅴ.天然ガス自動車
ハイブリッドトラックとの棲み分け展開 等

Ⅵ.バイオ燃料
日本における普及施策 等


[調査レポート]
2008年版 低公害自動車の現状と将来性
リンク

[詳細資料] ※PDF114.3 KB
リンク

[総合技研について]
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。