logo

『月刊インタラ塾』- Apple Store 銀座にて毎月開催

Web広告に携わっているすべての方のためのイベント

第一線で活躍を続けるプランナー、クリエイターをゲストに招き、これからのWeb広告を考える
http://intarajyuku.net/

◇『月刊インタラ塾』とは
 Web広告に携わっている方々へ向けて、広告制作におけるポイントやヒントをお伝えするイベントです。
 昨今、マス広告のあり方が大きく変化し、Web広告はより一層重要なポジションを担って来ております。そんな中、「マーケティング」「広告代理店」「広告制作」に携わる方々へ向けてユーザーに響くWeb広告を生み出すための考え方や技術など、役に立つ情報をイベントを通じてお伝えできるのではないかと思い、開催致しました。また、このイベントをきっかけに、次代を担う人がでてきてくれればと願い、微力ながらもWeb業界全体に貢献ができればと考えております。

 毎回、メインゲストには、カンヌ国際広告祭、One Show、東京インタラクティブ・アド・アワードなど、数々の広告賞を受賞し、業界の第一線で活躍し続けているプランナーやクリエイターの方々をお招きしております。
 ゲストの方が携わった新しい広告コミュニケーションやアイデアの発想方法など、広告制作において肝となる部分から、すぐに使えるTIPSなど幅広くお話ししていただいております。

また、メインゲストの他にも『ファイブミニッツプレゼン』という、一線でご活躍されている方をゲストとしてお招きし、5分間のプレゼンをしていただいております。日々の業務の中ですぐ使えるTIPSやモチベーションの管理方法など多岐にわたってお話いただいております。また、『ファイブミニッツプレゼン』は参加者を常時サイトで募集しております。

◆実施概要◆
◇第3回月刊インタラ塾 2008年9月17日(水)
『ヌルッと染みこむ馬場鑑平、ズキュンと響く原ノブオ』

馬場鑑平氏、原ノブオ氏が出演決定!
株式会社バスキュール(リンク)に所属しウェブ・クリエイティブ業界で常に話題を生み出しているお二人にお話していただきます。馬場氏が手がける最近の制作物、「Gyorol」「魔球ロワイヤル」「time escape - The Challenge From The Crazy Genius」「SPOON」また、原氏が手がける、「AXE -CHOCOMAN HUNTER-」「AXE WAKE-UP SERVICE INC」「AXEBUSTERS」「WOWOW x FUJIROCK 07」「Bascule Inc.」についてや、お二人のアイデアの考え方、ディレクション方法、今後の展望など、幅広くお話していただきます。業界の第一線で大活躍中の全くタイプの違う二人のディレクターのお話を一度に聞ける貴重な機会です。
今回はメインゲストが二人ということでファイブミニッツプレゼンをお休みします。

左、馬場鑑平 氏 右、原ノブオ 氏
馬場鑑平
1976年大分生まれ。バスキュール勤務。ディレクター。主にFlashを用いて、さまざまなインタラクティブコンテンツ制作に携わる。勉強会「Flash OOP Japan」に参加し、先日、発売された書籍『FLASH OOP forActionScript3.0』内では執筆も担当している。

賞歴
Cannes Cyber Lions 2008:Shortlist/Asia Pacific Advertising Festival 2008:Silver/
FWA Site Of The Day(2008.3.7)/東京インタラクティブ・アド・アワード:サイト部門 コーポレートサイト銅賞/
2008 One Show Interactive:(integrated Branding Campaign)Bronze/Media Spikes 2008 Digital:Best use of website and microsites Silver/第6回東京インタラクティブ・アド・アワード:サイト部門プロダクトサイト:銅賞/
2008 One Show Interactive:(Self-Promotion/Websites)Finalist/Asia Pacific Advertising Festival 2007/
FWA Site Of The Day(2007.6.6)/The 12th Annual Webby Awards Official Honoree/第6回東京インタラクティブ・アド・アワード:サイト部門 コーポレートサイト入賞
原ノブオ
2003年よりバスキュールに参加。ディレクター。同社が手がけるすべてのAXEプロジェクトに携わるほか、自社サイトである『Bascule Inc.』のディレクションをはじめ、映像など多岐にわたって担当。

賞歴
Cannes Cyber Lions 2008:BRONZE/Cannes Cyber Lions 2008:Gold/87TH ADC AWARDS:WEBSITE DISINCTIVE MERIT/CLIO 2008:Interactive(Fresh Approach)Shortlist/2008 One Show Interactive:
(Web Sites/Community-Driven)Finalist/Asia Pacific Advertising Festival 2008:Finalist/第6回東京インタラクティブ・アド・アワード:サイト部門キャンペーンサイト入賞/FWA Site Of The Day (2007.12.24)/The 12th Annual Webby Awards Official Honoree/東京ネットムービーフェスティバル2007:ブランド・コーポレート部門 グランプリ/第6回東京インタラクティブ・アド・アワード:インテグレーテッドキャンペーン部門 入賞/Cannes Cyber Lions 2007:Shortlist



第4回月刊インタラ塾 2008年10月9日(木)
『福田敏也が語る企画脳の鍛え方』

株式会社トリプルセブン・インタラクティブ代表取締役、福田敏也氏をお招きし、「企画脳の鍛え方」というお題で語っていただきます。Webが現在のように普及していなかった頃から、マス広告とWebのクリエイティブに20年間携わり数々の実績を残してきました。現在のWebの在り方を確立させたといっても過言ではない福田氏の広告クリエイティブの本質について触れられる貴重な機会です。

福田敏也 氏 株式会社トリプルセブン・インタラクティブ代表取締役/クリエイティブディレクター。
武蔵野美術大学非常勤講師/多摩美術大学非常勤講師

1982 年、博報堂入社とともに制作局に配属。CMプランナーとして200本以上のCM制作にたずさわったのち、1995年博報堂電脳体設立とともにネットクリエイティブの世界へ。「お年玉くじつき電子年賀状」「デスクトップ伝言ツール・ペタろう」などのコンテンツ型ネット広告商品を企画開発。1999年からは、クリエイティブディレクターとしてネット広告の前線で活動。2003年独立し、トリプルセブン・インタラクティブをスタート。以降、多種多様な広告主のネットコミュニケーション活動をサポートしている。カンヌを始めとする海外の広告賞は、この8年間で40以上受賞している。多摩美、武蔵美、宣伝会議、広告学校などで講師をつとめるほか、777塾というインタラクティブクリエイティブの私塾を開くなど、後進の育成にも積極的にかかわっている。
賞歴
2001:カンヌ国際広告祭入賞
2002:New Yorkフェスティバル 銅賞/カンヌ国際広告祭 金賞/New Yorkフェスティバル 銅賞
2003:NewYork One Show 金賞/東京インタラクティブアワード 金賞/東京インタラクティブアワード 銅賞
   New Yorkフェスティバル入賞/NewYork One Show 金賞/Clio Awards銅賞/東京インタラクティブアワード金賞
2004:NewYork One Show 銅賞/NewYork One Show 入賞/東京インタラクティブアワード 入賞
2005:NewYork One Show 金賞/東京インタラクティブアワード 金賞/グッドデザイン賞
2006:NewYork One Show 入賞/東京インタラクティブアドアワード 銅賞
2007:東京インタラクティブアワード 入賞/東京インタラクティブ・アド・アワード金賞/銀賞/入賞/
   アジア太平洋広告祭2007金賞/Webby Awards 2007 特別名誉賞/アジア太平洋広告祭 銅賞/カンヌ広告祭 入賞
2008:D&AD2008 Yellow Pencil/NYADC 87th. Annal Awards 金賞/CLIO AWARDS 金賞/NY One Show 2008 銅賞
   アジア太平洋広告祭2008 金賞・銀賞/Spikes Award 2008 金賞/カンヌ国際広告祭メディアライオン銅賞

◆実施概要◆
■開催日時:第3回 2008年9月17日(水) 18:30~20:00(18:00開場)
:第4回 2008年10月9日(木) 18:30~20:00(18:00開場)
■開催場所:Apple Store 銀座 3F(〒104-0061 東京都中央区銀座3-5-12サヱグサビル本館3F)
■最寄り駅:日比谷線 「銀座」 駅を下車後、銀座線方面の出口から徒歩2分
:有楽町線 「銀座一丁目」 駅を下車後、徒歩3分
:JR線   「有楽町」 駅を下車後、徒歩8分
■参加料:無料
■定員:200名(座席数 84席)

■主 催:kurukuru(リンク
■運 営:株式会社ピクルス(リンク

【株式会社ピクルス 会社概要】
名称  : 株式会社ピクルス
本社住所: 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-25-14 関根ビル6F kurukuru
設立  : 2003年9月
資本金 : 1,000万円
代表者 : 代表取締役社長 田中 稔
URL   : リンク

【 本件に関するお問い合わせ先 】
株式会社ピクルス
広報担当: 高橋 晋一朗
tel: 03-6421-7210
fax: 03-6421-7211
e-mail: info@intarajyuku.net

このプレスリリースの付帯情報

月刊インタラ塾

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。