logo

横浜スタジアムをジャック! PSP「プレイステーション・ポータブル」向けサービス「ロケーション・アンプforハマスタ」を実施

~9月13~15日の3連戦、横浜スタジアムでPSPが面白い~

クウジット株式会社(以下「クウジット」、本社:東京都港区、代表取締役社長:末吉隆彦)と株式会社アッカ・ワイヤレス(以下「アッカ・ワイヤレス」、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:日比野雅夫)は、2008年9月13日~15日の横浜スタジアムで行われる横浜ベイスターズ戦にて、PSP「プレイステーション・ポータブル」(以下PSP)向けのサービス「ロケーション・アンプforハマスタ」(*1)を行います。これは、アッカ・ワイヤレスが運営している横浜での無線LANパイロットサービス「skeletown(スケルタウン)」(*2)の新たな展開であり、横浜ベイスターズ球団から、スタジアム内における無線LAN実用化の試みへの協力を受けて実現しました。この3日間は、無料トライアルとして実施。今後アッカはスポーツスタジアムのような場での無線LANインフラと情報配信を連携させたサービス展開を予定しています。

アッカ・ワイヤレスは、横浜スタジアム全体で無線LANが使える環境を整備しました。これにより、野球観戦に携帯ゲーム機やパソコンを持ち込むことで、新たなスタイルで野球観戦を楽しむことができます。
まずはその機会を実感いただくために、「ロケーション・アンプforハマスタ」を以下のように実施。ゲーム端末を無線LANによってインターネットに接続し、これまでにない楽しみ方を提案します。


■「ロケーション・アンプforハマスタ」で楽しめるサービス

サービス1: 観戦する試合中に、プロカメラマンが撮影した臨場感あふれるスナップをその場でチェック
スポーツ撮影用カメラとしてのスペックを持ち、また無線LAN(Wi-Fi)経由で画像を送信する機能をサポートした高性能デジタル一眼レフカメラ(Nikon D300)を使用。プロのカメラマンがスタジアム内で撮影した、試合中の写真が無線LAN経由で、PSP向けにリアルタイムに配信されます。期間中に横浜スタジアムにPSPを持参すれば、肉眼だけでは見ることのできない選手の表情やスーパープレーを写したズーム写真を翌日の新聞紙面に掲載されるような高画質の写真をその場で楽しむことができます。

詳細URL: リンク

サービス2: PSP(*3)向け特製壁紙を配布
期間中、横浜スタジアムに来場するとPSP向けの壁紙を無料でダウンロードすることができます。

サービス3: KONAMI「実況パワフルプロ野球ポータブル3(*4)」で使える「PoTaCa」データがゲットできる!
期間中、横浜スタジアム周辺にKONAMIの「実況パワフルプロ野球ポータブル3」を装着したPSPを持参すると、同ソフト内で利用できるデジタルトレーディングカード「PoTaCa(ポタカ)」のデータを無料で手に入れることが出来ます。このカードは実在選手の画像データや、パワプロのキャラクターデータ、球場などが描かれており、ゲーム内で選手の能力を高めることができたり、コレクションして楽しむことが出来ます。

■サービス期間と横浜スタジアムでの該当試合

2008年9月13日横浜対中日戦 
2008年9月14日横浜対中日戦 
2008年9月15日横浜対巨人戦

今回の「ロケーション・アンプforハマスタ」は、アッカ・ワイヤレスがパイロットサービス「skeletown」の一環として、横浜スタジアム内に無線LANのインフラを用意し、クウジットはインフラと端末、サービスとを結ぶシステムを提供します。

アッカ・ワイヤレスとクウジットは、今後ますます、ARG(Alternative Reality Game)(*5)のような、リアルな空間とゲーム端末が融合した楽しみ方が様々に増えてくると考えており、引続きゲーム端末と位置や場所(リアルな空間)と連動した情報配信の仕組みを活用したサービスモデルを創造していきたいと考えています。

また、アッカ・ワイヤレスは今後、無線LANを展開するエリアや場所を拡大していくとともに、ユーザが楽しめるコンテンツについてもラインアップを増やし、更に人々のライフスタイルにもっと無線LANなどの無線ブロードバンドが深く広がることを期待しています。

クウジットは場所や空間に連動した情報配信サービスである「ロケーション・アンプ」を今後も展開していきます。クウジットは、位置情報をより身近に、人々の日常生活をそっと後押しするようなライフスタイルの実現を目指し、新しい体験価値を提案、創造してまいります。

このプレスリリースの付帯情報

「ロケーション・アンプ for ハマスタ」イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

(*1) ロケーション・アンプ(Location Amplifier)
デジタルデバイスを通じて情報をやりとりし、場所・空間に連動した、その場特有のインタラクションを実現することで、場所や空間の概念や人の感覚までもを増幅、拡張するというクウジットが提唱するコンセプトを具現化する一連のアプリケーションやサービスです。

(*2)skeletown(スケルタウン)
株式会社アッカ・ネットワークスが横浜で実施する無線LANのパイロットサービスです。パイロットサービス中は誰でも無料で利用でき、インターネット接続だけではなく、位置情報と連動したコンテンツを手軽に楽しめる仕組みが用意されています。横浜を訪れた人に地元を楽しんでもらえる取組みとして、横浜市経
済観光局の協力も得ています。詳細は右記URLをご参照ください。 リンク

(*3)PSP「プレイステーション・ポータブル」
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントより発売中の携帯型エンタテインメントシステム。2007年9月20日に発売された新型PSP(PSP-2000シリーズ)は、PSP-1000シリーズの基本機能とデザインを継承しつつ大幅に軽量・薄型に進化し、全7色にわたる豊富なカラーバリエーションを展開。2008年7月には日本国内累計売上台数1,000万台を達成。ゲームに加え、ワンセグ機能およびSkype 機能への対応、さらにマイクロホンやなどの専用周辺機器の拡充により、PSPのエンタテインメントの世界が広がっている。

(*4) 「実況パワフルプロ野球ポータブル3」
KONAMIの人気野球ゲームのPSP向け最新作。2008年度版選手データ、プロ野球公式試合スケジュールを搭載し、本格的な野球ゲームが手軽に楽しめます。また、PSP版としては初めて、オリジナル選手を育成できる「サクセス」モードや、選手になりきってプロ野球選手の人生を疑似体験できる「マイライフ」モードを搭載しています。公式サイト:www.konami.jp/pawa/

(*5) ARG(Alternative Reality Game)
“代替現実ゲーム”とも呼ばれたりする。時には架空のウェブサイトにアクセスしたり、時にはラジオやテレビの情報に耳を傾けたり、時には実際に現実世界のどこかへ行ったりしながら、現実世界のあちこちに隠されたヒントをたどりながら、物語や謎を拾い集めていくようなゲーム。

【株式会社アッカ・ワイヤレスについて】
株式会社アッカ・ネットワークス(以下「アッカ」、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:須山勇)の子会社で、無線LANを中心としたワイヤレスブロードバンドビジネスを事業ドメインとしています。現在横浜で、無線LANパイロットサービス「Skeletown」を展開しており、無線LANビジネスの商用化を目指し取り組んでいます。

【クウジット株式会社】
「PlaceEngine」技術を開発したソニーコンピュータサイエンス研究所のメンバーが中心となり2007年7月に設立されました。「PlaceEngine」技術のライセンス提供や開発支援、および場所や空間に連動した情報配信サービス「ロケーション・アンプ」の企画・開発・運営を行っています。

※「プレイステーション」および「PSP」は、株式会社ソニー・コンピュータエンタエインメントの登録商標です。
※「ロケーション・アンプ」は、クウジット株式会社の商標です。
※「PlaceEngine」は、クウジット株式会社の登録商標です。
※「PlaceEngine」は、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所が開発し、クウジット株式会社がライセンスを行っている技術です。
※その他の社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事