logo

動画自動再編集ミドルウエアが札幌国際短編映画祭で採用される

株式会社セラーテムテクノロジー(本社:東京都港区、代表取締役社長:今井一孝)は、同社の出資先で同社が日本国内で販売を行う、Automated Media Processing Solutions,Inc., d.b.a. Equilibrium(本社:米国California州Sausalito市。以下“Equilibrium社-イクイリブリアム社”)の動画自動再編集ミドルウエアが、札幌国際短編映画祭(以下”SAPPORO ショートフェスト”)に採用されたと発表しました。


SAPPOROショートフェストは今年で第3回を数え、76カ国から2,336本の作品応募があり来場者10,000人超を見込む短編映画祭では国内最大級の国際的イベントです。
SAPPOROショートフェストでは、インターネットでのダイジェスト配信、映画祭に併せて開催されるマーケットでのプロサービス向け配信のトランスコーディングや、SAPPOROショートフェストロゴや案内の挿入などの自動再編集にイクイリブリアム社のEquilibrium Media Serverを利用しています。


SAPPOROショートフェスト実行委員会監事の一橋氏は次の様にコメントしています。
「応募作品の配信版、ダイジェスト版についてそれぞれに最適なトランスコーディングだけではなく、マーケットプロサービス用の編集も行うためその編集されたコンテンツ数は4,000を越えます。応募作品が集まってからショートフェストまでの短期間に4,000を越えるコンテンツの再編集は従来の方法では不可能でした。イクイリブリアム社の製品を利用することで、SAPPOROショートフェスト会場や、インターネット上に開設するコンテンツ・マーケット・サイトでも各々の利用スタイルに適ったコンテンツを提供できるようになり、お客様に今まで以上に喜んでいただけると思います。」


<SAPPOROショートフェストについて>
オフィシャルウェブサイト
リンク
映画祭概要
リンク


<株式会社セラーテムテクノロジーについて>
デジタルアセット(画像、イラスト、文書、フォント等)の保存、管理、配信という一連の流れに関する独自技術を統合的に保有し、それらを核としたアプリケーションソフトをグローバルな市場で販売しています。エクステンシス・ブランドならびにリザードテック・ブランドを保有。1996年設立。2001年12月11日にナスダック・ジャパン(現、大証ヘラクレス)市場に株式上場。本社:東京、韓国、ソウル市に支社。米国に100%子会社であるCelartem, Inc. 英国にCelartem Europe Ltd.を保有。従業員数146名(2008年6月末現在、連結ベース)。
Webサイトはリンク


<Equilibrium社について>
1989年現在のCEOのSean Bargerにより設立されたマルチチャネルのコンテンツパブリッシャーの生産性と収益を向上させる自動メディアプロダクションソリューションのリーディングカンパニー。Cisco、Ubid、Bluefly、AOL、Universal Music、ESPN、Sony Picture EntertainmentやMetropolitan Museumなどの多くの顧客と実績をもつ。
Webサイトはリンク


本件に関する報道関係お問い合わせ先
株式会社セラーテムテクノロジー イクイリブリアム事業部門
TEL: 03-5408-5781 
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事