logo

商船三井、全世界10,000人が活用するグローバルポータルとして、ドリーム・アーツのINSUITE Enterpriseを採用

―国内外の約150社におよぶ商船三井グループを包括し、グループの求心力を強化―

 株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、本日、株式会社商船三井(本社:東京都港区、代表取締役社長:芦田昭充、以下 商船三井)が、全世界10,000人が活用するグローバルポータルとして、ドリーム・アーツの企業情報ポータル型グループウェアINSUITE Enterprise:インスイート・エンタープライズ(以下 インスイート)を導入したことを発表いたします。商船三井は、代理店を含む国内外の約150社におよぶグループ会社間をリアルタイムに結ぶ情報共有基盤として、今年5月7日より、インスイートの運用を開始しています。

■全世界に展開する商船三井グループを包括するグローバルポータルにより、グループの求心力を強化
 今年で創業124年を数える商船三井は、世界最大級の船隊を有する海運のリーディングカンパニーであり、「質的成長」をテーマにした中期経営計画のもと、4つのG(Global, Group, Growth, Governance)をテーマに、世界トップを目指しチャレンジを続けています。

 積極的な海外展開とグループ経営を成長の柱とする商船三井にとって、海外拠点の拡大に伴い、本社と各拠点間における情報共有が、ますます重要な課題となっています。そのため、全世界に展開するグループ会社への求心力を強化し、シナジーを最大化するグローバルポータルの構築を進めていました。

 商船三井では、システムの検討にあたり、超大規模での導入実績が豊富で、早期運用が可能な優れたパッケージ製品であること。さらに、複雑な大組織や、多言語にも対応するなど多機能でありながら、コストパフォーマンスに優れていること。使いやすいユーザインターフェースなどを高く評価し、インスイートの採用を決定しました。

■世界中のスタッフとのダイレクトな情報共有により、社員の一体感を向上
 インスイートは、企業情報ポータル、グループウェア、ナレッジマネジメント機能を統合した大規模向け企業情報ポータル型グループウェアです。マネジメント層から現場のスタッフまで、部門や組織を超えたリアルタイムな情報とコミュニケーションの共有・活用を促進します。

 株式会社商船三井 情報システム室 室長代理 清友大造 氏は、次のように述べています。「世界企業である我々の業務を支えるグローバルポータル構築において、大規模対応であることや、多言語対応であることに加え、様々な国籍・組織・立場を持つ社員の誰もが、セキュリティを保持しながら、簡単に使えることが大きなポイントでした。インスイートは、アドレス帳をはじめ、ライブラリ(文書管理)機能など、豊富でユニークな機能が備わっていながら、使いやすくパッケージ化されています。今後、情報共有とコミュニケーションの質を高め、組織や地域の枠を超えた社員同士の結びつきが強化され、持続的な成長に繋がる大きな効果が得られると期待しています。」

 ドリーム・アーツは、今後もお客様のニーズを捉え、「現場力強化」、「企業競争力向上」に役立つ製品を開発し、トータルソリューションとして提供してまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。