logo

アラクサラネットワークスとアルバネットワークスが企業向け無線LANソリューションで協業

無線LANとセキュア・ユニファイド・モビリティ・ソリューションの世界的リーダーであるアルバネットワークス (本社:米国カリフォルニア州サニーベール、日本法人:東京都千代田区、以下アルバ)と、ネットワークソリューションのリーダーであるアラクサラネットワークス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:和田宏行 以下アラクサラ)は、アルバのモビリティ・ネットワーク製品「Aruba Mobility ControllerおよびAruba AP」と、アラクサラのスイッチ製品「AXシリーズ」が企業ユーザ様の実環境において高接続性で安定稼動していることを発表しました。

アラクサラネットワークスとアルバネットワークスが企業向け
無線LANソリューションで協業


2008年7月30日
アルバネットワークス株式会社
アラクサラネットワークス株式会社


無線LANとセキュア・ユニファイド・モビリティ・ソリューションの世界的リーダーであるアルバネットワークス (本社:米国カリフォルニア州サニーベール、日本法人:東京都千代田区、以下アルバ)と、ネットワークソリューションのリーダーであるアラクサラネットワークス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:和田宏行 以下アラクサラ)は、アルバのモビリティ・ネットワーク製品「Aruba Mobility ControllerおよびAruba AP」と、アラクサラのスイッチ製品「AXシリーズ」が企業ユーザ様の実環境において高接続性で安定稼動していることを発表しました。


アルバのモビリティ・システムは、モビリティ・コントローラー、無線アプリケーションソフトウエア、802.11a+b/g/nアクセス・ポイントおよび大規模無線ネットワーク管理システムで構成されているため、企業は大規模で構造化された無線通信環境を容易に構築することができ、その環境を単一箇所から集中的に管理することが可能です。
また、アルバのモビリティ・コントローラーはステートフル・ファイアウォールを備え、ユーザ単位のセキュリティポリシーとアクセス制御が可能です。企業はユーザが自席から、または会議室からあるいは出張先の支店からアクセスしてもユーザに一元的なセキュリティポリシーを提供する事が可能となります。

アラクサラのスイッチ製品「AXシリーズ」は、エッジスイッチからコアスイッチまで幅広いラインナップを備えており、中規模から大規模まで幅広い企業の基幹インフラを柔軟に構築することができます。また、アラクサラのエッジスイッチ「AX1200S」はPOE機能付きの認証スイッチで、高いコストパフォーマンスを発揮します。さらに、コアスイッチ「AX6000Sシリーズ」は1台の装置に2台分の機能を搭載して冗長性を持たせる、フォールト・トレラント・アーキテクチャによって高い可用性を実現しています。

先に、株式会社日立システムアンドサービスが、日立大森ビル内で、約2000台のモバイルPCと約1000台の無線LAN機能を搭載した携帯電話を収容する大規模なモバイル環境での、音声・データ統合を実現しており、無線LANシステムにアルバのモビリティ・ネットワーク製品、基幹ネットワークインフラにアラクサラのスイッチ製品が導入されております。このような大規模環境においても、アルバとアラクサラの接続性には問題がなく、安定稼動が実証されました。なお、日立システムアンドサービスはアルバとアラクサラの共通のビジネスパートナーとなっております。

アルバとアラクサラはそれぞれの強みを活かすことで、大規模なモバイル環境での音声・データ統合おいても安定性の高いソリューションを提供することができます。

アルバとアラクサラは今後、共同セミナーやイベント、共同マーケティングを通して活発に企業ユーザ様に各種ソリューションをご提供していきたいと考えています。

◆ アルバネットワークスについて
アルバはユーザがどこで仕事をしているか、あるいはローミングしているかにかかわりなく、従来のポートセントリック・ネットワークの到達範囲を大幅に拡張したユーザセントリック・ネットワークによって、エンタープライズ・ネットワークをユーザに安全にお届けします。ユーザセントリック・ネットワークでは、アダプティブWLAN、アイデンティティ・ベースのセキュリティ、およびアプリケーション継続サービスが、既存のネットワーク・インフラストラクチャのオーバーレイとして簡単に展開できる、集中型の高パフォーマンス・システムに統合されます。アダプティブWLANによって高パフォーマンスなFollow-Meコネクティビティが実現されるため、ユーザは常にミッション・クリティカルな情報の到達範囲内にいることになります。アイデンティティ・ベースのセキュリティによってアクセス・ポリシーがポートではなくユーザに関連付けられるため、アクセス方法や場所にかかわりなく実施されるFollow Meセキュリティを使用できます。アプリケーション継続サービスでは、WLANとセルラー・ネットワークにまたがってシームレスにアクセスできるFollow-Meアプリケーションが使用可能です。ユーザセントリック・ネットワークのコスト、利便性、およびセキュリティ上の利点によって、個人が仕事をする方法と場所が根本的に変わろうとしています。NASDAQに上場しており、Russell 2000®指数にも採用されているアルバは、カリフォルニア州サニーベールに本社を置き、米大陸、欧州、中東、アジア太平洋地域全体で事業を展開しています。詳細は、アルバのサイトリンクまたはリンクにアクセスしてください。

● アラクサラについて
アラクサラネットワークス株式会社は、「快適で安心して使えるネットワークを世界の人々に提供し、豊かな情報通信社会の実現に貢献」を企業理念としています。情報ライフラインを支える概念としてギャランティード・ネットワークを提唱し、ネットワーク構築に必要な基幹系ルータおよびスイッチの開発から設計、 製造、販売、保守のサービスを提供しています。
会社名 アラクサラネットワークス株式会社
設立日 2004年10月1日
代表者 代表取締役社長 和田 宏行
資本金 55億円
所在地 神奈川県川崎市幸区鹿島田890 新川崎三井ビル西棟
従業員数 約320名 (2008年3月末現在)
URL リンク


すべての商標、商標登録は各所有者の所有物です。

■ 本件に関する報道関係からのお問い合わせ先
アルバネットワークス株式会社 マーケティング部 明石
Tel:03-3265-4900 Fax: 03-3265-4901 E-mail:jinfo@arubanetworks.com

アラクサラネットワークス株式会社 広報担当 新井
Tel: 044-549-1706  URL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事