logo

調査結果「ワンセグ携帯保有者の3割が『北京五輪中継で役立った』と回答」

北京五輪の会期中、中継を観るのにワンセグを利用し、「役に立った」とし
たのは3割弱。3分の2は「利用しなかった」と答えたが、普段からワンセグ
を頻繁に利用する人は7割弱が「役に立った」と答え、普段から利用頻度が
高い人ほど五輪観戦でもワンセグを役立てた様子。また普段ほとんどワンセ
グを利用しない人も、1割以上が「五輪観戦では役に立った」と答えており、
北京五輪がワンセグ利用の動機付けになったことを伺わせた。

<ヘッドライン>
北京五輪で繰り広げられた数々の名場面は、まだ記憶に新しい。会期が夏季
休暇のシーズンと重なったこともあり、各局で放映される中継を連日楽しん
だ人は多いことだろう。この五輪観戦に携帯電話のワンセグ機能はどの程度
使われたのだろうか。20代から40代を中心とするネットユーザーに調査し、
ワンセグ機能付き携帯電話を所有する男女225名の回答を集計した。

<調査概要>
北京五輪中継を観るのに、ワンセグ機能が「役に立った」と答えたのは、ワ
ンセグ携帯保有者の27.1%。「役に立たなかった」の5.8%を大きく上回っ
たものの、「利用しなかった」が67.1%にのぼり、積極的にワンセグを利用
して五輪観戦したのは少数派にとどまった。

「役に立った」と答えた人は男性で31.5%、女性で21.8%と、男性のほうが
10ポイント近く高かった。世代別では、30代の31.3%、40代の28.8%に対し、
20代が16.7%と10ポイント以上低い結果となった。一方「利用しなかった」
のは、男性が67.1%、女性が72.3%。世代別では20代が69.4%、30代が64.7
%、40代が67.8%。今回の五輪観戦では、男性と30代が比較的積極的にワン
セグを役立てたといえそうだ。

ワンセグで観戦した競技を自由回答で記述してもらったところ、最も多かっ
たのが「野球」、次いで「水泳」「ソフトボール」で、事前にメダル獲得の
可能性が報じられていた種目に集中していた。また「開・閉会式」との答え
も複数あった。関心の高い競技やイベントをリアルタイムで観るのに、ワン
セグを活用した結果だろう。

調査対象者の普段のワンセグ利用頻度を見ると、「頻繁に利用」している人
はわずかに6.7%、「たまに利用」している人は41.8%、「ほとんど利用し
ない」人が51.6%。中でも女性の56.4%、20代の72.2%が「ほとんど利用し
ない」と回答しており、ワンセグの普及に利用が伴っていない様子が伺える。
しかし「頻繁に利用する」人の66.7%、「たまに利用する」人の39.4%は、
ワンセグが北京五輪観戦に「役に立った」と回答しており、普段からワンセ
グの利用頻度が高い人ほど積極活用したようだ。また、普段は「ほとんど利
用しない」人でも12.1%が「役に立った」と答え、北京五輪がワンセグ利用
の動機付けになったことを伺わせた。

<調査データ>
・北京五輪中継を見るのに、ワンセグは役に立ちましたか?
・普段ワンセグはどのくらい利用しますか?
など

詳しくはWEBをご確認下さい。

<調査概要>
有効回答数:417名
調査日:2008年8月25日~26日
男女比:男性:50.6% 女性:49.4%
年代比:20代:17.5% 30代:48.4% 40代:26.1% その他:7.9%

-----------------------------------
 「北京五輪とワンセグに関する意識調査に関する意識調査」

 ◆詳細はURLからご利用下さい.画像などはご自由にご利用下さい。
  リンク
  アイシェアのリサーチ情報公開サイト「rTYPE」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/白川翔一
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-640-4775
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: リンク
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: リンク

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事