logo

ジョブ管理ツールA-AUTO(R)の新バージョンVer7.1を10月より発売

~大幅なパフォーマンスアップに加え、Web化による一層の使いやすさを実現~

 ITシステム運用系パッケージ・ソフトウェアを開発・販売する株式会社ビーエスピー(本社:東京都港区、代表取締役社長 竹藤 浩樹、以下BSP)は、主力製品であるジョブ管理ツール「A-AUTO」(エーオート)の新バージョンVer7.1を、2008年10月より発売します。

 今日、オープン化が進展する基幹系業務システムにおいては、システム全体の効率化と品質向上が運用部門の重要な課題の1つとなっています。また、運用コスト低減等を目的としたサーバー統合や業務統合を契機としてシステムの大規模化と複雑化が一段と進んできています。

新バージョンとなるVer7.1では、より円滑で効率的な運用業務の実現を効果的にサポートするために、オペレーション工数の大幅な低減を目的に、主要機能の強化とともに大幅なパフォーマンスアップ、使い勝手の向上を実現しています。

 BSPのA-AUTOは、1977年の発売以来30年以上にわたって売れ続けているロングセラー製品であり、業種・業界を問わず、幅広いお客様からの高い評価と支持を得ているジョブ管理ツールです。

以上


<A-AUTO Ver7.1における主な機能強化ポイント>
●ユーザビリティを重視したインターフェースの改善
 ・業務処理の登録、実行監視を統合しWeb化を実現
 ・業務処理単位のグルーピング管理機能を追加
 ・グルーピングした単位でのスケジュール設定機能


●大規模化に対応したパフォーマンスの向上
 ・ジョブ起動の処理スピード向上
 ・実行制御コマンドの処理スピード向上


●業務の多様化に対応した実行制御の強化
 ・処理のループチェック機能を強化
 ・実行結果による、分岐処理機能を強化
 ・マスタの事前登録、有効期限の設定機能を拡充


A-AUTOの製品ご紹介ページ:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事