logo

『OKWave QA Partner』 提供企業100サイト突破!! Q&Aサイト「OKWave」のCGMソリューションサービス - カスタマイズできるQ&Aマッチで自社サイトへ誘導強化できる -

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」(http://okwave.jp)を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元謙任 以下、オウケイウェイヴ)は、当社のCGMソリューションサービス『OKWave QA Partner』(以下、QA Partner)の提供サイト数が、2007年5月のサービス開始から1年半の2008年8月に100サイトとなりました(※受注実績ベース)。
「WEB2.0」や「CGM」といったインターネットの新しい潮流を代表するサービスである「Q&Aサイト」をOEM供給する世界初のサービスである『QA Partner』の利用が拡大しています。

■OKWave QA Partnerとは?
『QA Partner』は、会員数120万人以上、1,600万件以上のQ&Aコンテンツが蓄積される「OKWave」を自社サイトに取り込むことができる、オウケイウェイヴのソリューションサービスです。『QA Partner』の導入により自社ブランドのQ&Aサイト(パートナーサイトと呼称)を開設でき、蓄積された既存のQ&Aデータベースを即時に活用できます。また、投稿されたQ&Aを共有する仕組みであるためOKWaveや他のパートナーサイト利用会員からのすばやい回答も期待できます。サイト運営は全てオウケイウェイヴが行うため、投稿チェックやサーバー管理などの手間をかけずに、コンテンツの活用が可能です。


Q&Aコンテンツを自社サイトに沿った企画やプロモーションツールとしても活用でき、リアルなユーザの声を商品開発や売上向上のマーケティングデータとして活用できます。更に、ユーザ同士で自社商品・サービスの悩みや相談を解決できる場であるため、“ゼロ次サポート”として活用することで窓口問い合わせの抑制によるサポートコストの軽減にも活用されています。


■Q&Aマッチで自社コンテンツへの自由な誘導が可能
「Q&Aマッチ」はQ&Aコンテンツ内の各回答に適合した、自社のサービスや情報を露出することができる有償サービス。Q&Aを通じて商品やサービスに関心を持ったサイト利用者に更に詳しいサイトや購買サイトへ誘導する事ができるため、売上に結び付けやすいのが特長です。



●活用事例
・ポータルサイトのサービスの一部としてQ&Aサイトを導入
導入事例企業:『教えて!goo』(NTTレゾナント) 『MSN相談箱』(マイクロソフト)『みんなで解決!Q&A』(楽天) 等
-既に1,600万件以上のQ&A数をもつ「OKWave」のデータベースを共有することで、管理不要なコンテンツをユーザに提供することができます。WEB検索では見付けにくい、あいまいなもの、ニッチなもの、兆しの情報、気付きを与えてくれるものをQ&Aコンテンツを通じて提供します。



・サイト利用者の活性化、PVアップを促すため、Q&Aサイトを導入
導入事例企業: 『解決!なんでもQ&A』(カフェグローブ)『教えて!サーチナ』(サーチナ) 等
-SEO効果によりQ&Aコンテンツが潜在顧客を引き付けると共に、100社以上の他のパートナーサイトのQ&Aからユーザの導線が可能ため、サイト利用者数の増加が見込めます。



・Q&Aサイトに、Q&Aマッチを利用
導入事例企業:『教えて!HOME’Sくん』(ネクスト)
リンク
-取り交わされているQ&Aの回答内容に適合した自社製品・サービスへの誘導強化を促す広告を掲載することで、意識の高い潜在ユーザを逃がすことなく、関心が高まるページへ移動させることができます。エンドユーザへのメリットと企業は売上や利益に繋げる事ができます。



・クチコミによる、商品の売上アップを目的としたQ&Aサイト導入
導入事例企業:『スタイライフビューティ キレイのお悩み相談室』(スタイライフ)
-Q&Aサイトはユーザ同士の意見交換の場のため、話題の商品や人気の高いサービスに対しての“リコメンド”となり、売上向上が期待できます。



 ・サポートコストの削減、カスタマーサービスの向上を目的としたQ&Aサイト導入
 導入事例企業:『トレンドマイクロ@OKWave』(トレンドマイクロ)
 リンク 
-ユーザ同士で問題を解決できるため、問合せの軽減、ナレッジの蓄積により、サポートコストを削減すると共に、顧客ロイヤリティを高めることができます。また、ユーザの声をマーケティングや商品開発に役立てることができます。


「OKWave」では今後も引き続き、様々な知識や経験を備えたユーザが集まるサイトとの連携を目指し、年内200サイトのパートナーサイト連携を目指します。また、本年ベータオープンし、グローバル展開本格化を図る「OKWave英語版」「OKWave中国語版」、7月8日に開始した日本初の同時翻訳機能を搭載したQ&Aサイトの開設を皮切りに、積極的に海外企業とのパートナーサイト構築に取り組んで参ります。


■株式会社オウケイウェイヴについて リンク
世界中の人と人を信頼と満足で繋いでいくことを理念に、1999年7月設立。米国で今日注目を集めるQ&Aサイトを2000年1月にいちはやく「OKWave」として開設。会員数120万人以上、月間訪問者4,100万人以上、月間PV4.5億を数え、大手ポータルサイトや企業の顧客サポート部門等、100社に導入しています。更に、その運営ノウハウを応用し、拡大を続けるサポート市場を中心にFAQ(よくある質問と回答)作成管理ツール「OKWave Quick-A」やQ&A情報活性化ツール「OKWave ASK-OK」等のソリューションを国内大手企業を中心に約200社に導入。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月には日本のオンラインサービス事業会社としては初めて米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。今後は、Q&Aの課金市場創出、2010年の10言語、100ヶ国への事業展開を目指します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。