logo

Windowsフォルダーアクセス権限確認ツール「AD-Folder」 8月25日より提供を開始

システム開発・設計を行う株式会社アイロベックス(東京都新宿区・代表取締
役 杉山淳子)は、Windows フォルダーアクセス権限を一目で確認できるGUI
ツール「AD-Folder」を 8月25日より販売します。

システム開発・設計を行う株式会社アイロベックス(東京都新宿区・代表取締
役 杉山淳子)は、Windows フォルダーアクセス権限を一目で確認できるGUI
ツール「AD-Folder」を 8月25日より販売します。

《Windowsフォルダーアクセス権限確認ツール「AD-Folder」概要》
ファイルサーバーの共有フォルダーに設定してあるNTFSアクセス権と共有アク
セス権をマージし、実際に利用できる権限を割り出します。従来フォルダーア
クセス権限を確認するには、フォルダーごとにプロパティを調べ、NTFSアクセ
ス権と共有アクセス権の両方を確認する必要がありました。本ツールでは、ネ
ットワーク上のフォルダーがツリー形式で表示され、一括で確認することがで
きます。また、煩雑になりがちなフォルダーアクセス権限を、マージして表示
することで、本当にフォルダーアクセス権限のあるユーザーアカウントの特定
が簡単にできるようになりました。さらに、ユーザーアカウントカウントを指
定して、そのユーザーアカウントがアクセスできるフォルダーをツリー形式で
確認することもできます。また、フォルダーアクセス権限データをCSVダウン
ロードすることで、フォルダーアクセス権限の履歴管理機能として利用するこ
とも可能です。

《主要機能》
・ネットワークフォルダーを指定した、アクセス権限のあるユーザーアカウン
 トの確認
・ユーザーアカウントを指定した、フォルダーアクセス権限の確認
・NTFSアクセス権と共有アクセス権のマージ
・ネットワークフォルダー階層のツリー形式表示
・フォルダーアクセス権限のCSVダウンロード

《試用版の提供》
製品版の出荷に先駆けて、8月1日から無償試用版の提供を提供中。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。