logo

組込みOSの選択において、マルチコアおよびマルチプロセッシングサポートの優先順位は低く留まる

株式会社グローバル インフォメーション 2008年08月21日 15時00分
From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社Venture Development Corporationの発行する最新の英文調査報告書「EMBEDDED SOFTWARE 2008 MARKET INTELLIGENCE SERVICE TRACK 01 - VOLUME 04」の販売を開始いたしました。

米国の調査会社Venture Development Corporation (VDC)がこのほど発行した調査報告書「EMBEDDED SOFTWARE 2008 MARKET INTELLIGENCE SERVICE TRACK 01 - VOLUME 04: MULTI-CORE COMPONENTS AND TOOLS」によると、多くの組込みディベロッパーは、現在のプロジェクトにとって、マルチプロセッシングおよびマルチコア・アーキテクチャのサポートは、組込みオペレーティングシステムの選択に影響する重要な要因ではないと考えていることを示しています。

さらに、現在のプロジェクトにマルチコアまたはマルチプロセッサーデザインを使用していたと述べたディベロッパーにとっても、これらの基準は明らかに重要性が低くなっています。
一方ディベロッパーの嗜好は、マルチコア・アーキテクチャ向けサポートの相対的重要度において目に見えて増加しており、トップ8項目の基準は全体で一致しています。同社は、より多くの組込みプロジェクトとマルチコア・プロセッサーの連携が進むことにより、この選択動向は変化するものの、信頼性、コストおよび開発ツールの可能性といった要因は購入決定の後押しを続けると予測しています。





【 英文市場調査報告書 】



EMBEDDED SOFTWARE 2008 MARKET INTELLIGENCE SERVICE TRACK 01 - VOLUME 04: MULTI-CORE COMPONENTS AND TOOLS



組込みソフトウェア市場情報プログラム(2008)トラック1:第4巻:マルチコアコンポーネントおよびツール



リンク



出版社Venture Development Corporation



出版日2008/07




【 本件に関するお問合せ先 】



株式会社グローバル インフォメーション



〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3



アーシスビル 7階



担当: 営業1課



E-mail:sl1@gii.co.jp



電話: 044-952-0102



FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事