logo

ビジュアルニューメリックス、PyIMSL のリリースを発表

Pythonによる数値アプリケーション開発、製品化へのコスト削減と工数削減を実現

数値解析と可視化ソフトウェアの大手プロバイダーとして37年以上の経験と実績をもつ日本ビジュアルニューメリックス株式会社(本社:東京都千代田区二番町5-5、代表取締役 小林敏知)は、PythonからIMSL C ライブラリの数値計算・統計解析アルゴリズムを簡単に利用できるPyIMSLのリリースを発表しました。

PyIMSLは完全なテストが施され、ドキュメント化されています。Pythonから IMSL C ライブラリを簡単に呼び出すことができるため、開発者は数値アプリケーションのプロトタイピングを短期間で行うことができます。

PyIMSLを使用してPythonで記述した数値アプリケーションをそのまま製品版として直接配布する場合も、製品版に向けC/C++に書き換える場合も、同じ数値計算・統計解析アルゴリズムを使用することができます。PyIMSLにより、プロトタイピングと製品版の開発に使用したアルゴリズムとの間で一貫性が得られるので、アプリケーションの製品化にかかるコストの削減や開発期間を短縮できる優れた製品です。

PyIMSLはIMSL Cライブラリの全ての関数を呼び出すためのPythonラッパーであり、開発者は、Python言語でアプリケーションを記述しながら、IMSL Cライブラリのアルゴリズムを直接呼び出すことができます。PyIMSLのAPI はIMSL CライブラリのAPIとの整合性が高く、PythonあるいはC/C++、どちらで記述しても同じようにIMSL Cライブラリの関数を呼び出すことができるため、プロトタイプと製品版でロジックに一貫性を持たせることが可能です。

Pythonは、オープンソース開発言語です。2008年8月の「Tiobe プログラミングコミュニティ・インデックス」によると、Python言語は人気のある言語として第6位にランクされています。PyIMSLのリリースにより、Python開発者は、Python言語で開発しながらIMSL Cライブラリの包括的な数値計算・統計解析アルゴリズムを簡単に利用できることになります。

用語解説

入手方法
現在IMSL C ライブラリV5.5、またはそれ以上のバージョンをお持ちのお客様で、弊社サポート契約ご加入のお客様は、無償でご利用いただけます。弊社営業部 sales@vnij.co.jp までお問い合わせください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。