logo

CyberLink Liveとインテル社は省エネリモートメディアアクセスを紹介

台湾、台北発--【ビジネスワイヤ】--サイバーリンク社は、インテル社と共同でオンラインでのリモートメディアアクセスサービスを提供するCyberLink Live PremiumでIntel® Remote Wake technologyを採用することを発表しました。Intel® Remote Wake technologyにより、CyberLink Live Premiumでは、自宅のパソコンをリモートで省エネルギーであるスリープモード状態から解除し、テレビ番組やウェブカメラフィード、ビデオ、写真、音楽やビジネスドキュメントなどへアクセスできます。

サイバーリンク社最高経営責任者(CEO)アリス・チャン(Alice H. Chang)は以下のようにコメントしています。

「インテル社とのこのような環境に配慮した製品を共同で開発できることを大変光栄に思います。この共同技術により、いつでもどこからでもパソコンに保存してあるファイルに簡単にアクセスできる便利さを提供し、さらにエネルギーの無駄を削減することが可能になります。」

インテル社Consumer Product MarketingのDirectorであるJoe Van De Water氏は以下のようにコメントしています。

「インテル社はサイバーリンク社のCyberLink Live PremiumとIntel® Remote Wake technologyの共同開発を大変嬉しく思っております。私達のこの技術は、自宅のパソコンを省エネルギーであるスリープモード状態から、リモートアクセスにより解除できることでエネルギー消費の削減が可能になります。」

CyberLink Liveの詳しい情報、Live Basicバージョンのダウンロードはwww.cyberlinklive.comをご覧ください。

お問い合わせ先
こちらのメールから担当;Amy Tung までお問い合わせください。
press@cyberlink.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。