logo

JDA戦略的計画ソリューション スイート、 JDA Enterprise Planning Suite v7.5.1日本語版のリリースを発表

JDAソフトウェア・ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:西本広之、以下「JDA」) は7月1日、JDA Enterprise Planning Suite最新バージョンv7.5.1(以下、「EP Suite7.5.1」)日本語版のリリースを発表しました。

EP Suite7.5.1は全社規模の戦略的計画ソリューションであり、全社予算計画から商品計画、品揃計画、さらにはパフォーマンス分析まで一貫した計画プロセスを実現します。
EP Suite7.5.1は前身のArthurを含めて世界400社超で導入実績があり、日本国内でも、GMS、カジュアル衣料、紳士服、スポーツ用品、さらには消費財メーカなどのリーディング・カンパニー各社様にご活用を頂いております。
最新のバージョンであるEP Suite7.5.1では、下記の製品が同一アーキテクチャ上で統合され、より密接な業務の連携が可能となるとともに、商品属性を用いた計画など多数の機能が強化されています。
― JDA Enterprise Planning (EP):全社計画ソリューション(予算計画、商品計画、チャネル計画、など)
― JDA Assortment Planning (AP):品揃計画ソリューション
― JDA Performance Analysis (PA):パフォーマンス分析
― JDA Enterprise Knowledge Base (EKB):共通データベース環境

JDAでは、今後このEP Suite7.5.1を小売業のお客様向けにはMD計画ソリューションとして、また製造業のお客様向けにはS&OPソリューションとして積極的に展開し、お客様の戦略的な利益向上を支援いたします。


【EP Suite7.5.1について】

◆概要 
組織や計画間の整合性・一貫性を保ちつつ、企業戦略を数値的枠組みに落とし込みます。
― 全社予算計画や商品計画、および店舗別計画の立案(売上、在庫、利益)と予実管理を支援します。
― 商品階層、組織階層、時間階層の必要なレベルとその組み合わせで計画を立案し、予実管理をタイムリー(月次・週次)に実施することで収益の最大化に寄与します。
― 戦略計画をトップダウンで詳細レベルに割り振るとともに、ボトムアップ計画との比較による計画の評価及び再計画を迅速に行うことが可能です。
― 属性(商品・組織・時間)による計画を支援することで多様な切り口にて分析・評価が可能です。
― ワークフローにより、計画立案・見直しのプロセスを定義し、商品部、店舗運営、財務等の複数部門による計画プロセスをサポートすることで迅速な意思決定を実現します。
― 商品属性(ブランド、カラー、等)、組織属性(店舗フォーマット、立地条件、等)を切り口とした計画の立案・予実管理を支援することで高度な意思決定を実現します。

◆EP Suite7.5.1での主な拡張機能
EP Suite7.5.1は、日本語をサポートしています。主に以下の機能が拡張されています。

(1)商品計画と品揃計画との統合 
JDA Assortment Planning (AP)が製品Suiteに追加されました。
EPで立案した商品計画から連続した業務として消費者志向の品揃計画を立案することが可能となりました。また、前シーズンから継続する品目だけでなく、新たな品目を追加することができます。品目別の属性を設定し、品揃数量と属性別の数量バランス、仕入タイミングなどを計画することができます。

(2)パフォーマンス分析との統合
JDA Performance Analysis (PA)が製品Suiteに追加されました。
ブランドやプライスポイントなどの属性や、商品階層、組織階層、時間階層の必要な切り口を組み合わせて、計画指標と実績データの分析を行うことができます。商品計画、品揃計画と共通のデータリポジトリであるEKBにアクセスし、計画達成度などの指標をモニタリングします。

(3)JDA Enterprise Knowledge Base (EKB)の強化
EP Suite7.5.1内の各製品の共通のデータベース環境として機能が強化されました。品揃計画で追加された新規品目はEKBにリアルタイムで反映され、商品計画やパフォーマンス分析でも使用することができます。

(4)ユーザインターフェイスの強化
ユーザインターフェイスが拡張され、共通のユーザインターフェイスとなりました。1つのユーザインターフェイスで商品計画や品揃計画、またパフォーマンス分析の各画面を開いたり、並べて表示したりすることが可能です。これにより、計画業務のよりシームレスな連携が可能となります。

【計画系業務診断プログラムのご提供】
市場のニーズや環境の変化への対応を強化するために、従来の硬直した予算計画、商品計画、チャネル計画及び品揃計画のプロセスを見直したいというお客様からのお問い合わせが増えています。JDAでは、こうしたお客様の声にお応えするため、「計画系業務診断プログラム」をご提供しています。このプログラムでは、全社予算計画やMD計画、またS&OP領域におけるお客様の業務上の問題点を抽出し、改善機会を分析します。さらに、CRP(カンファレンス・ルーム・パイロット)でEPによる業務改善イメージを具体化させるとともに、定量的に期待効果を試算した上で導入基本計画の策定を支援いたします。

以 上


JDAソフトウェア社について
JDA Software Group, Inc.(ナスダック市場銘柄コード: JDAS)は、世界60か国、5,600社を超える小売業、製造業、卸売業のお客様を有するサプライ&デマンドチェーン改革の永続的パートナーです。
JDAは顧客起点のバリューチェーンの実現に必要な、広範で高度な機能を持つサプライ&デマンドチェーンに特化したソリューションスイートを提供し、市場で独自の地位を確立しています。
JDAが提供するソリューションは、原材料が製品化され消費者が店頭で手に取るまでの一連の業務の流れにおいて、生産性の高いビジネスプロセス構築を可能にします。
JDA ソフトウェア グループは世界の主要都市に拠点を展開し、業界に精通した経験豊かなサプライ&デマンドチェーンのエキスパートが、ソリューションの開発や導入、サポートに従事しています。
JDAソフトウェア・ジャパン株式会社は、米国JDAソフトウェア・グループ・インクの日本法人として1997年に設立されました。国内における顧客数は90社を超え、イオン、ライトオン、キヤノンマーケティングジャパン、味の素、味の素冷凍食品、ハウス食品、永谷園、アサヒ飲料、ロッテ、三井化学、ユニ・チャーム、グンゼ、コクヨなど、幅広い業界においてソリューションをご利用いただき、高い支持を得ています。
JDAに関する詳しい情報は、www.jda.com(米国)、あるいはwww.jda.co.jp(日本)をご参照ください。


<お問い合わせ先>
JDAソフトウェア・ジャパン株式会社 マーケティング部 小沼
Tel: 03-6418-1104  Fax: 03-6418-1109 e-mail: sales-japan@jda.com

関連情報
http://jda.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事