logo

あの教科書.netに鉛筆削りが登場 ~鉛筆削りで鉛筆&赤鉛筆を削れば細い線がかけるようになる~

株式会社マリーチ 2008年08月18日 13時00分
From DreamNews

2008年7月7日のリリース以来好評を博している『教科書.net』に鉛筆及び赤鉛筆を削れる鉛筆削り機能が搭載されました。鉛筆削りを使うと従来の鉛筆の太さよりも細い線が描けるようになり、より細かい落書きができるようになります。

株式会社マリーチ(東京都豊島区 代表取締役福島智 以下マリーチ)は、ウェブ上で教科書に鉛筆で落書きができるサービス『教科書.net』( リンク )に鉛筆削りの機能を2008年8月18日に追加しました。


■教科書.netとは

『教科書.net』は、2008年7月7日のリリース以来大変多くの方にアクセスして頂いている、ほとんどの人が学校時代に経験した教科書の落書きをウェブで再現した昔懐かしいサービスです。自分で落書きを描きこむだけでなく、他のユーザーが描いた落書きを閲覧できることが大きな特徴となっています。


■鉛筆削り機能

現在までに多数のユーザーに非常に多くの落書きをして頂いており、描かれた落書きも芸術的なものから笑えるものまで多岐に渡っております。更にもっと細かい描写ができるように、鉛筆の線を細くできる鉛筆削りの機能を追加いたしました。


【利用方法】
・ 鉛筆または赤鉛筆を選択すると砂消しゴムの横に鉛筆削りのアイコンが表示されます。
・ 鉛筆削りのアイコンをクリックします。
・ そのまま教科書上で左クリックをしながらマウスを動かすと通常よりも細い線が描けます。


【特徴】
・ ユーザーが鉛筆または赤鉛筆を選択した時のみ、鉛筆削りのアイコンが表示されます。何も選択していないときや消しゴムまたは砂消しゴムを選択した時は鉛筆削りが表示されないので、操作を間違うことはありません。
・ 鉛筆削りをクリックして鉛筆の線を細くしても実際の鉛筆同様に、しばらく描き続けるとまた線は元の太さに戻ります。
・ 線が元の太さに戻った後にまた細い線で描きたい場合は、再度鉛筆削りをクリックするとまた線は細くなります。


■株式会社マリーチ運営サービス

現在まで株式会社マリーチでは以下のインターネットサービスを開発運営してきております。
・ 自分の考えていることをマップで表現し同じ事を考えている他のユーザーとつながるサービス『Marici』( リンク )
・ ブロガーの考えていることを可視化するサービス『ブログ関心マップ』( リンク )
・ 盛り上がった瞬間をウェブで集合写真に撮れるサービス『グルーフォ』( リンク )
・ ウェブの教科書に落書きができるサービス『教科書.net』( リンク )
・ 様々なスポーツの誤審や際どいジャッジを議論するコミュニティ『プレイバック』( リンク )

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。