logo

調査結果「家族揃っての食事、若い世代ほど減少傾向に。生活時間の不一致が大多数」

「家族が揃う食事」、朝・晩とも半数足らず        ~20代は2割近くが「朝ごはんを全く家族と食べない」

家族が必ず顔を合わせて食事しているのは、朝・晩ともわずか1割。「家族で
一緒に食べる機会は半分以下」としたのは、朝ごはんで6割、晩ごはんでも5
割を占め、食事の時間は必ずしも「家族が揃うだんらんのひととき」になっ
ていない。また自由回答形式で聞いた「家族だんらんの食事が少ない理由」
には「生活時間が合わない」という声が圧倒的に多く、生活スタイルの多様
化が家族だんらんの時間を奪っている現実が伺えた。

家族揃って食卓を囲む風景は家族だんらんの象徴。朝食や夕食はどの程度家
族一緒にとれているのだろうか?20代から40代を中心とするネットユーザー
に聞いた。


家族と同居している人に、家族揃って食事をするか聞いたところ、「必ず家
族揃って食事している」との回答は、朝ごはん、晩ごはんとも約11%。「だ
いたい家族揃って食事している」とあわせると、「家族揃って」食事をとっ
ているのは、朝ごはんで41.9%、晩ごはんで49.5%にとどまった。一方「あ
まり家族揃って食事していない」「全くしない」と回答した人は、朝ごはん
で39.1%、晩ごはんで29.0%。朝ごはんは1割が「全くしない」と答えており、
20代では18.3%と2割近くを占めた。また、朝ごはん、晩ごはんとも「半々く
らい」は2割ほどで、家族で一緒に食べる機会が半分以下を合わせると、朝ご
はんで6割、晩ごはんで5割にのぼった。

家族だんらんの食事が少ない人に、その理由を自由回答形式で聞いたところ、
「家族の生活時間帯が合わない」との回答が圧倒的多数。仕事などに起因す
るすれ違いの生活が食事の時間帯のずれを生み、家族だんらんの時間を阻ん
でいるのだろう。

一人暮らしまたは家族と同居していない人に“お袋の味”が恋しくなること
があるか聞いたところ、半数以上の51.7%が「ない」と回答。30代では58.0
%が「ない」と答えたが、20代では家族から独立して日が浅いためか「ある」
の比率が61.5%と「ない」を上回った。

<調査データ>
・家族と同居していますか?
・朝ごはん、晩ご飯は家族揃って食事をしますか?
・“お袋の味”が恋しくなることはありますか?
など

※男女別、年代別に集計

詳しくはWEBをご確認下さい。

<調査概要>
有効回答数:547名(うち家族と同居:396名 一人暮らし・同居していない:151名)
調査日:2008年7月25日~2008年7月28日
男女比:男性:52.3% 女性:47.7%
年代比:20代:20.1% 30代:45.9% 40代:25.2% その他:8.8%

-----------------------------------
 「家族だんらんに関する意識調査」

 ◆詳細はURLからご利用下さい.画像などはご自由にご利用下さい。
  リンク
 ブログのネタを届けるブロガーの為のブログニュース「Blogch.jp」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/白川翔一
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-640-4775
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: リンク
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: リンク

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。