logo

サイオ、新スタイルの商材提供サービス「速市」をプレオープン

サイオのネットショップ管理ソフト「速販」ユーザ向け限定で、ドロップシッピングとは異なる新スタイルのサービスを開始

サイオは、今までのドロップシッピングサービスで課題とされてきた「実際の販売に結びつきにくい」「購入者とのトラブル対応が困難」といった問題を解決した新スタイルの商材提供サービス「速市」を、ASP型のネットショップ管理ソフト「ネットショップde快速販売『速販』」のユーザ限定で先行オープンいたしました。

株式会社サイオ(本社:東京都港区、代表取締役社長:安田 知弘、以下、
サイオ)は、サイオが開発・販売するネットショップ運営支援ソフト
“ネットショップde快速販売『速販』”(以下、『速販(そくはん)』)ユーザに
限定した新スタイルのマーケットプレイスである「速市」(そくいち)ベータ版を
本日オープンいたしました。

「速市」は、『速販』を利用して楽天市場やYahoo!ショッピング、Eストアー
などのECサイトへ出店しているネットショップ運営者と、サイオが独自ルート
で調達した卸商材を結び付けるためのマーケットプレイスです。
『速販』ユーザであるネットショップ運営者はサイオが独自ルートで調達した
ユニークな商材を専用サイトから卸価格で購入し、既に販売している主力商材
の「関連商品」等としてECサイトへ掲載、販売することができるようになります。
また、両社のシステムが連携することにより、『速販』ユーザは簡単な操作で
すぐに幅広い商品の販売を開始することができます。

「速市」は、通常のドロップシッピング(以下、DS)とは大きく異なります。
DSは、「ネット販売ノウハウのない未経験者でも始められるため、実際は販売に
結びつきにくい」、「販売者が商材を実際に目にすることなく販売するため、
購入者とのトラブルに対応できないケースがある」といった問題があり定着が
難しいサービスと言われていますが、「速市」は以下の点でこれらDSの問題を
解決しつつ、メリットを提供しています。

1.販売者を既に定常的な売上のあるネットショップに限定して提供される
 サービスである。
2.販売者に対してユニークな商材を独自ルートで調達した商品群から提供する
 ため、価格競争等に陥りにくい。
3.商品は購入者へ直接配送ではなく、ロット単位で販売者に配送され、販売者
 から購入者へ個別配送されるため、販売者が責任をもって購入者へ販売できる。
4.既存の主力商品に「同梱」して販売できるため、販売者にとっては売上増、
 購入者にとっては送料の節約ができる。

サイオはオープン初年度で『速販』ユーザの少なくとも10%が「速市」を利用
すると見込んでおり、その後の利用状況に応じてさらに商材やサービスを拡充
していく予定です。

用語解説

◇ネットショップde快速販売『速販』について
ネットショップ運営に必要となる各種機能(商品データ編集および管理・受注
データ管理・メール送信・決済サービス連携・帳票印刷等)を統合的且つ一元的
に実現し、ショップ業務処理効率を大幅に向上させるコンポーネント配信型の
ASPサービスです。ベース技術に採用している「IdbA」により機能追加を容易に
行うことができ、今後も続々と追加機能がリリースされていく予定です。

◇「IdbA」について
IdbA(Information Distribution by Auto component)はクライアント及び
サーバーアプリケーションを厳密且つ容易なコンポーネント化
(カプセレーション)をすることにより、すべての処理をWebサーバーで実行
するのではなく、ユーザPCでも実行出来るようにしてC/Sシステムの表現力・
操作性と、Web系システムの運用容易性、そしてコンポーネント連携ならではの
情報と機能を融合した柔軟性を実現しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。