logo

アジルフォンとSkypeユーザーが、相互無料通話が可能に! ベータサービス出荷!世界中の双方ユーザーが無料通話可能!

バーチャルPBXサービス大手、アジルネットワークス株式会社(本社:東京都中
央区 代表取締役:篠田亘司)は、自社サービスである「アジルフォン」とSkyp
eユーザーを無料相互接続するベータサービスを出荷いたしました。

コスト削減やコミュニケーションの効率を高める手段として、ビジネスからプラ
イベートまでの広い領域でインターネット電話の導入が進んでいますが、アジル
フォンはオープンな仕様(SIP)の電話サービスとして、個人向けのアジルフォ
ンプロと法人向けのアジルフォンビズを合わせて現在約10万人のユーザーにご利
用いただいています。

また、Skypeは独自の仕様を採用し、無料インターネット電話ソフトとしては世
界および日本で最も普及しており、今年の1月には全世界の同時オンラインユー
ザ数が1,100万人を超えております。今回発表するサービスの利用により、当社
が提供するアジルフォンネットワークとSkypeネットワークの相互接続が可能に
なり、ユーザーの利便性は大きく向上いたします。

今回のサービスでの大きな利便性は、

1.世界中のSkypeユーザーと、アジルフォンの無料通話が可能に
2.アップル iPhone、ソニー myloなどのさまざまなSkype端末で
アジルフォン無料通話が可能へ
3.Skypeユーザーがアジルフォンサービスを通じ
AsteriskなどのSIPサーバーに接続が可能に

ビジネスで実績のあるSIP電話機を自由に選べることはアジルフォンの大きな強
みであり、今後は個人ユーザーの利用が多いSkypeから、ビジネスユースにも強
いアジルフォンに移行するユーザーが少なくないと見込んでいます。海外に比べ
て、立ち遅れているIP電話のビジネスユースでの利用を促進する良い機会にもな
ると思われます。

新サービスは、Skypeゲートウェイ「SKYSTONE(スカイストーン)※」をベース
に開発したもので、「アジルフォンプロ」および「アジルフォンビズ」のオプシ
ョンとして提供するものです。そのため、初期導入コストや運用コストをかける
ことなく、素早くサービスを導入することが可能です。

■実際の利用方法■
アジルフォンユーザーはふだん使用しているIP電話機やソフトフォンから00002+
接続先のSkype IDを入力して、手軽にSkypeユーザーと接続して通話ができます
。(電話帳登録機能が付いているので手軽にご利用いただけます)
反対にSkypeユーザーがアジルフォンユーザーに接続する場合は、通常の通話と
同じ手順でアジルフォン専用のSkype IDに接続すると、コールバックで自動着信
が入ります。後はIVR(音声自動応答)の指示に従って、通話したいアジルフォ
ンユーザーの電話番号を入力すると接続できます。非常に簡単に無料通話が楽し
めるほか、世界レベルでの利用者拡大が予想されます。

アジルフォンとSkypeの接続方法
リンク

【アジルネットワークス株式会社について】
バーチャルPBXサービス(インターネット電話+IP-PBX機能)を中心とする各種
サービスをSaaS(ソフトウェア貸出しサービス)として提供しています。
当社のサービスは、「初期費用無料、工事不要、最短5日で設置可能、ロケーシ
ョンフリー、プロバイダフリー、タイムフリー」、という大きな特徴を持ち、イ
ンターネットの特性を活かしたコミュニケーションを実現します。インターネッ
トを利用できる環境であれば、いつでもどこでもIP電話機(標準SIP端末)から
ワンナンバーで受発信でき、特定のプロバイダーに依存せずに通話ができます。

社名:アジルネットワークス株式会社 (英字社名:Agile Networks, Inc.)
本社:〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町12-2 ハナワビル5F 
TEL: 03-4590-6060
代表取締役:篠田 亘司 資本金:2億6828万6200円 URL:www.agile.ne.jp

【本リリースに関するお問い合わせ】
アジルネットワークス株式会社 マーケティング担当:高橋 裕子・吉田 肇
TEL: 03-4590-6060 E-Mail: pr@agile.ne.jp

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

※Skypeゲートウェイ「SKYSTONE」(スカイストーン)
イタリアのSTONEVOICE社が開発したSKYSTONEは、IP通信環境や既存のPBXをSkype
に接続するための全く新しいソフトウェアベースのSkypeゲートウェイです。標
準プロトコルであるSIPやH.323を使用して、企業に設置されたPBXとSkypeコミ
ュニティを繋ぐためのソリューションを提供します。日本国内では、株式会社コ
ミュニケーション・ビジネス・アヴェニュー(代表取締役社長:柴山浩)が販売
・サポートを担当しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事