logo

自動車解体事業者向け「RC7 PRO」の新オプション「オークション連携」~手間なく簡単な操作で「Yahoo!オークション」に出品可能、自動消し込み機能付~

【要  旨】
 株式会社ブロードリーフ(URL=リンク)は、自動車解体事業者向け業務支援ソフト「リサイクルセブンPRO」(以下、RC7 PRO)向けの新オプション「オークション連携」を開発、7月30日から提供を開始いたします。「RC7 PRO」は、自動車のリサイクル部品流通ネットワーク「パーツステーションNET」への部品の登録や検索、受発注、在庫管理、リアルタイムの在庫更新の機能を提供しますが、新オプションの「オークション連携」を装備することにより、新たにYahoo! JAPANが運営するインターネットオークションサイト「Yahoo!オークション」への出品が可能となり、これに伴なって必要となる「パーツステーションNET」、「Yahoo!オークション」への消し込みを自動的に行ないます。「Yahoo!オークション」への登録に必要なデータは、「パーツステーションNET」での登録データを使用しますので、手間がなく、簡単な操作でリサイクル部品の販売先を業者間から一般消費者へと広げることができます。
 「オークション連携」の標準価格(税別、リース使用)は、月額1.5万円で、使用に当たっては「RC7 PRO」(月額4万円から)の導入、既に導入済みのユーザーは、「オークション連携」の使用契約が必須となり、運用に必要な環境設定の作業は当社のサポートエンジニアがすべて行います。

【本  文】
 「RC7 PRO」は、「パーツステーションNET」への部品の登録や検索、受発注、在庫管理、リアルタイムの在庫更新の機能を提供する自動車解体事業者向け業務支援ソフトです。「パーツステーションNET」上では、主に自動車解体事業者が自動車のリサイクル部品の売り手、鈑金事業者、整備事業者、中古車ディーラー、SS店(ガソリンスタンド、サービスステーション)が買い手となり、3500社の事業者によって利用されています。在庫数量は業界最大の320万点に及び、年間の取引額は340億円規模となっており、自動車解体事業者にとって自動車のリサイクル部品を販売する有用なツールとなっています。こうしたBtoBのビジネスにBtoCのビジネスを提供するものが新オプション「オークション連携」です。
 新オプション開発の背景には、中古車の輸出増、鉄相場の高騰などにより供給者、一般消費者の双方がリサイクル部品を確保しにくい状況にあることが挙げられます。日本国内では、自動車を長く乗り続ける傾向が強くなる一方、海外では、新興工業国を中心に中古車のニーズが強まっていることから、中古車が海外に流出する傾向にあります。また、リサイクル部品が確保できる使用済み自動車(ELV)が少なくなっています。これに加え、最近では、鉄相場が高騰しているため、使用済み自動車から利益率は高いが回転率が低いリサイクル部品を確保するよりも利益率は低いがすぐに換金できるスクラップ市場に使用済み自動車がまわされるケースが多くなっています。
 しかし、自動車のリサイクル部品は、新品に比べ、一般に3分の1から半分の価格で入手できるため根強いニーズがあります。事業者間、さらには圧倒的な規模の潜在ニーズを持った一般消費者を含め、それらに対して必要なリサイクル部品を適宜、提示、販売できる手法やチャネルが提供されることで、供給は確保され、省資源、地球環境保全というリサイクル部品の本来の役割を果たすことができます。その手法やチャネルに置き換えられるものが今回の「オークション連携」です。
 「オークション連携」は、「RC7 PRO」のユーザーに「Yahoo!オークション」への合理的な出品機能を提供します。出品のための操作は簡単で、「RC7 PRO」の登録画面にある「オークション連携」をチェックすると、「RC7 PRO」に登録されたデータから「Yahoo!オークション」への登録に必要な車両情報、商品情報、商品状態、画像情報を呼び出すことができますので、改めてデータを入力する必要がありません。また、「オークション連携」により「パーツステーションNET」と「Yahoo!オークション」への同時出品となりますが、「パーツステーションNET」での受注、「Yahoo!オークション」での落札・入札といったステータスに応じて、「Yahoo!オークション」では出品取り消し、「パーツステーションNET」では非公開といった消し込みを自動で行ないますので、安心して2つのマーケットに出品、公開することができます。
 さらに、「Yahoo!オークション」との連携だけでなく、リサイクル部品の需要活性化策の一環として、リサイクル部品に関する情報ページを自動車総合検索サイト「carpod.jp」(リンク)とリンクする形で公開します。「Yahoo!オークション」の利用者は、一般消費者が中心的な買い手となることから、内容は、リサイクル部品に関する解説(知ってますか?リサイクルパーツ)、メリット(こんな時には・・・リサイクルパーツをご活用ください)など。こうした情報により、一般消費者のリサイクル部品への認知、利用率が高まれば、需要のレベルが上がり、供給側も利益率が高いリサイクル部品の確保に力を入れるようになり、高い水準で需給バランスを保つことが期待でき、エンドユーザー、供給者の双方にメリットをもたらすことになります。

 なお、「RC7 PRO」、新オプション「オークション連携」の概要は、次のとおりです。
以 上

<新オプション「オークション連携」、「RC7 PRO」の概要>
■「オークション連携」オプション
・特徴
(1) 「Yahoo!オークション」へのリサイクル部品の出品機能
(2) 「パーツステーションNET」と「Yahoo!オークション」への二重登録に伴う消し込み機能の自動化
・装備データ(随時更新)
-部品データ:320万点(PS上)
・標準価格(税別):月額1.5万円(月額利用料)
・提供開始:7月30日

■「リサイクルセブンPRO」について
・特  徴:
(1)部品画像登録・検索機能
-部品画像も登録できますので、検索結果を部品画像と共に確認、選択できます。
-車輌情報から多様な絞込検索ができます。
(2)登録・検索支援機
-マイナーチェンジの仕様が品目単位で閲覧できますので、これらを登録時に活用することができます。
-Assy構成部品登録・検索機能、欠品表示により、登録、検索がスムーズに行なえます。
(3)受発注機能
-リアルタイムで在庫更新機能を行いますので、買い逃しや売り逃しを防止します。
-ファクタリング機能により、画面上で受発注が完了しますので、業務効率が大幅に向上すると共に回収業務負担と回収リスクが激減します。
-受注管理の手配からのフォロー検索が可能です。
-送料表示機能により、さらに受発注が簡単に行えます。
・動作環境(推奨)
OS:Windows XP SP2以上
メモリ:1GB以上
USB2.0(USBプロテクタ用に動作時常時必要)
通信回線:ブロードバンド(ADSL以上)
・利 用 料(税別)
基本システム費:月額4万円(6年リース使用)
基本システム初期導入サポート費:24万円(6年リース使用)

■販売方法:ブロードリーフの直販
以 上

<株式会社ブロードリーフについて>
 株式会社ブロードリーフは、ソフトウェアメーカーとして、自動車修理工場、自動車部品商、機械工具商、工務店等に業種特化型のパッケージシステムを提供しています。各業種が持つ固有の業務環境に合わせた業務システムを、業務に不可欠な各種データベースとともに提供することを特徴としており、約3万社に当社システムをご利用いただいております。
 ITおよびネットワーク技術など先進技術を駆使し、各業種・業態に特化した新たなシステム事業を展開します。
 また、ITX及びグループの事業戦略とのコラボレーションも推進し、ユーザーのビジネスの発展を強力に支援することで、IPO(株式公開)を早期に実現させ、ユーザーから一層の信頼が得られる企業になることを目指します。

【会社概要】
名  称:株式会社ブロードリーフ
創  立:2005年12月
資 本 金:78億8,500万円〔2008年3月現在〕
代 表 者:代表取締役社長 大山 堅司
売 上 高:168億8,410万円〔2007年度12月期〕
従業員数:1,042人〔2008年3月現在〕
株  主:ITX株式会社グループ(100%)
本社所在地:東京都品川区東品川4-12-2 品川シーサイドウエストタワー
TEL.03-5781-3100(代表)
事 業 所:営業・サポートネットワーク 全国41拠点〔2008年5月現在〕
開発拠点:札幌、東京、福岡の全国3拠点〔2008年3月現在〕
事業内容:
【各業界・業種別システムパッケージの開発・販売事業】自動車整備システム「スーパーフロントマン」をはじめとする各種自動車業界向け業務用システムパッケージや自動車以外の各種業界・業種別の業務用システムパッケージ(在庫管理、顧客管理、見積・売上・請求書管理等)およびデータベースの開発・販売・サポート。
【各種ITソリューション事業】上記各システムパッケージに関連するさまざまな次世代システムの開発・販売・運営管理・サポート。 自動車リサイクル部品共有在庫ネットワーク「パーツステーションNET」や、Web利用の自動車部用品専用流通システム「パーツde.com」、自動車総合検索サイト「carpod.jp」(リンク)の開発・販売・運営管理・サポート。
【対象業界・業種】補修・販売・買取等自動車アフターマーケット全般、機械工具、農業関連、文具事務機器、住宅工務、携帯電話販売、大手IT関連企業等。

※本文中記載の社名、及び商品名は各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事