お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

"患者の患者による患者のための"「家庭の医学」、生活者参加型wikiで編纂&無料開放

日本最大級の病院検索サイトを運営する株式会社QLife(キューライフ/本社:東京都世田谷区、代表取締役:山内善行)は、日本初(QLife調べ)の生活者参加型「家庭の医学」を作成し、無料で閲覧解放する。従来の家庭の医学にはない「費用」「治療日数」といった情報や、患者自らの投稿写真も掲載する。使いやすさで定評のある米国マインドタッチ社(MindTouch, Inc.)が開発したWikiシステム(※)を採用、β版として編纂を行ってきたが、このほどQLife会員に開放し編纂を加速する。名称は「みんなで作る家庭の医学」、URLは、リンク

※wikiシステム=複数の人によってネットワーク上のどこからでも書き換えができ、共同作業で文書を作成するしくみ。このシステムを使って運営されているサイトとして、フリー百科事典「ウィキペディア」(Wikipedia)が有名。



<従来の「家庭の医学」との違い>
書籍の『家庭の医学』は複数の出版社から発刊されているが、高名な医学権威者が監修し、4-8年に一回程度の頻度で改訂されている。なかには累計400万部を超えるものもあり、一般生活者にとって貴重な情報源になっている。
これに対してQLife版「家庭の医学」は、「易しく分かりやすいコトバで」「医学の進歩に対して内容を迅速に更新」を目指す。また、「治療にかかる費用」「治療にかかる日数」「痛み方」「どこで気がついたか」「この病気との付き合い方アドバイス」など、先輩患者が患者ならではの視点で情報をシェアする。ユーザー参加型の、実体験に基づいた病名辞書としての強みを活かす。さらに、患部や病巣、レントゲン写真などの画像投稿も受け付けるため、高度な知識がない患者でも情報シェアに参画できる。

<背景>
家族や自身が大きな病気にかかると、インターネット等を利用して情報収集・情報交換する人は少なくない。そのため、特定の疾患に限っては一般医師に並ぶ豊富な知識を持つ生活者も珍しくない。こうした個人の貴重な情報を、シェアできるプラットフォームを提供することで、同じ病気に悩む多くの人たちに情報提供したり心構えを支援する事が、今回のプロジェクトの目的。
もともとQLifeが保有する病院評判口コミのうち、文字数が多い投稿は、医療機関に関する内容よりも罹患体験・治療体験を綴った内容が多くを占める。そのため閲覧者からは、「口コミ文中に現れる病名について、その場ですぐに分かるようにして欲しい」というニーズがあった。

<誰が執筆するか>
現在の編纂者は12人。今後は、現在約13万人のQLife会員に呼びかけ、参画者を1年間で500人程度に拡大する。著作権はGNU Free
Documentation License
(GFDL)方式。これは、投稿されている情報は商用も含め自由に扱ってよいが、引用元の表示と、二次著作も同じライセンスで自由に利用させる事を条件とするライセンス形態。

<内容の品質管理>
編纂参画者は登録制で、QLife会員に限定して過去の投稿実績などで審査を行う。不正確な書き込みがあった場合には、編纂参画者が自主的に修正する体制を構築する。多くの参画者の知見を重ねることで正確性が増していく。さらに、疾患名ごとに用意された掲示板にて、編纂参画者同士の情報交換や公開ディスカッションを行うことで、医学進歩の実態にあわせて常にアップデートされるようにする。なお、特定の商品名への誘導など、商業的な書き込みは禁止。

<今後はコミュニティサイトへ発展も>
前述のとおり全疾患名ごとに掲示板機能が備わっており、編纂参画者同士でディスカッションを通じたコミュニティを形成することが可能。
さらに、編纂参画者には公開範囲を設定できるマイページ機能を付与している。マイページを使って非公開のマイ闘病記を記録したり、自身が主催者となって「患者会」を組織することが可能。

──────────────────────────────────
<株式会社QLifeの会社概要>
会社名 :株式会社QLife(キューライフ)
所在地 :〒154-0004 東京都世田谷区太子堂2-7-2 リングリングビルA棟6F
代表者 :代表取締役 山内善行
設立日 :2006年(平成18年)11月17日
資本金 :104,700,000円
事業内容:健康・医療分野の広告メディア事業ならびにマーケティング事業
企業理念:生活者と医療機関の距離を縮める
サイト理念:感動をシェアしよう!
URL : リンク
──────────────────────────────────
本件に関するお問い合わせ先:
株式会社QLife  広報担当 山内善行
TEL : 03-5433-3161 / E-mail : info@qlife.jp
──────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。