logo

Digi International 米Spectrum Design Solutions社を買収

Digiのドロップ・イン ネットワークにワイヤレス設計サービスを追加

Digi International社 (本社・米国、ジョー・ダンズモアCEO、NASDAQ:DGII)は、このほど、ミネアポリスに本社を置くワイヤレス設計サービスのリーディング企業、Spectrum Design Solutions Inc.,を買収したと発表しました。買収は、買収日の400万ドルと買収後18カ月および36カ月目それぞれに300万ドルを支払う現金合併となっています。

Spectrum Design Solutions社は、カスタマのワイヤレス開発の課題を解決することにフォーカスした設計サービス会社です。GSM、CDMA、GPS、WiMAX、Wi-Fiと独自無線といったワイヤレステクノロジーの広範に及ぶ経験を有する30人以上の高度な専門エンジニアを雇用することによって、実質的にあらゆるワイヤレス開発のニーズにも対応できるようになります。


「ワイヤレス設計サービスは、Digのワイヤレス ドロップ・イン ネットワーク製品提供にとってパズルのもう一片を加えるものとなります。Spectrum社は複雑なワイヤレス開発の要求を持ったカスタマに大きな価値を提供します。すでに両社にはいくつかの共通のカスタマがあり、当社は直接Spectrum社の能力と社風を見ることで、同社がDigiにとって最適なものだということを知りました」と、Digi Internationalの会長兼CEOであるジョー・ダンズモアは話しています。


「文化面での類似点、ならびにワイヤレステクノロジーでのリーディング企業であることから、当社はDigiをサービスビジネスの素早い成長と、より潜在顧客にそれを活用していくための理想的なパートナーであると考えました。Digiのマーケットを牽引するドロップ・イン ネットワークのテクノロジーと、当社の広範なワイヤレス設計の専門技術は、強力な組み合わせとなります」と、Spectrum社のCEOであるロッド・ランダーズ氏は話しています。


■買収の詳細

Digiは、Spectrumが2008会計年度の第4四半期において買収日から約60万ドル、また、2009会計年度で500から550万ドルの収益に貢献すると予測しています。
Digiは、Spectrumの買収により、2008会計年度の第4四半期に希薄化後一株あたり利益を0.01~0.02ドル減と予測します。また、Spectrumは2009会計年度で希薄化後一株あたり利益を0.01~0.02ドル増大すると見込んでいます。


買収契約条件に従って、SpectrumはDigi Internationalの100%子会社となりました。Digiは、ミネアポリス中心部にあるSpectrumのオフィスを継続する予定です。


■Digi Internationalプロフィール
1985年に設立されたディジ インターナショナル社は、米国ミネアポリスに本拠を持つ、ビジネス向けデバイスネットワーキングのリーディングカンパニーです。ネットワークやWebを介してローカルもしくはリモートの電子機器に接続するあるいは安全に管理するための信頼性のある製品とテクノロジーを開発します。ディジは、性能、柔軟性、品質の最高水準を提供し、世界的なネットワークの販売代理店やリセーラ、システムインテグレータ、OEMを通じて製品を届けます。
Digi Internationalの詳細は、リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事