logo

サイバーエリアリサーチがWEBアクセスの位置情報認識データベース次世代版をリリース

国内の全インターネットユーザの位置情報を網羅し、市区町村まで特定も

サイバーエリアリサーチ株式会社(本社:静岡県三島市、代表取締役社長:山本敬介)は、WEBサイトへのアクセスユーザの位置情報を認識するIP Geolocationデータベース*『SURFPOINT』の次世代バージョン『SURFPOINT v2.0』を、2008年9月1日に販売開始することを発表いたします。
『SURFPOINT v2.0』は日本国内のインターネットユーザ全てを網羅し、市区町村まで位置の特定が可能になるなど新機能が追加され、ますますご利用の可能性が広がります。

IP Geolocationデータベースは、広告配信制御やコンテンツ切り替え等の分野に加え、ネットバンキングの認証処理や動画コンテンツ配信における著作権管理などへの導入が進み、利用シーンがより高度化し利用実績も広がっています。このような利用状況の進化に伴い、より高精細・高精度なIP Geolocationデータベースが求められています。
そこで、弊社では2000年の創立以来培ってきた経験を基に、新世代のIP Geolocationデータベース『SURFPOINT v2.0』を開発いたしました。


『SURFPOINT v2.0』の新機能
1.収録アドレス範囲の拡大:日本国内で使用されている全IPアドレスを網羅し、企業利用のIPアドレスの判定も可能になります。
2.市区町村判定まで可能:従来の都道府県判定に加え、市区町村まで判定可能になります。市区町村の緯度・経度情報もご提供いたします。
3.全ての収録IPアドレスの位置を判定:IPアドレスの各種判定結果には、その判定の確からしさを示すパラメータである「信頼度」が付与されています。「信頼度」の導入によって全IPアドレスへの判定付与を実現しました。
4.プロキシ対応:アクセス元を秘匿し不正アクセスのために使用されるケースが多い公開プロキシサーバーのIPアドレスにフラグを付与しています。


『SURFPOINT v2.0』では従来の『SURFPOINT』の高い精度に、判定の柔軟さと広範囲な収録範囲が追加されました。弊社ではこの新商品を、コンテンツ配信制御やリスクベース認証といった高度なアプリケーションの土台を支えるIP Geolocationデータベースとして各社様にご提案いたします。

『SURFPOINT』は、高精度が要求されるコンプライアンス分野やセキュリティ分野での導入実績が多数あり、サイバーエリアリサーチ株式会社は信頼性の高いデータプロバイダとして定評を頂いています。

■会社概要
社名:サイバーエリアリサーチ株式会社 <リンク
本社:静岡県三島市一番町18-22 アーサーファーストビル4F
東京支社:東京都中央区日本橋1-2-10 東洋ビル5F
代表者:代表取締役  山本 敬介
資本金:6,975万円 
事業内容:
・IP Geolocationデータベース「SURFPOINT」の制作と販売
・Webサイト製作やブログ構築などWebマーケティング支援
・アクセスログ解析ASPサービス「らくらくログ解析」の提供
・Webサイト顧客開拓ツール「らくらく顧客開拓」の提供
・地域情報発信ASPサービス「どこどこJP」の提供

■本件に関する報道関係お問合わせ
サイバーエリアリサーチ株式会社  広報担当:木ノ内
TEL:055-991-5544 FAX:055-991-5540  E-mail:info@arearesearch.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

SURFPOINT v2.0で可能になること

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

*IP Geolocationデータベースは、IPアドレスに位置情報や接続環境情報を紐付けたものです。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事