logo

日本アバイア、FMCアプリケーションソフトウェア 「Avaya one-X(R) Mobile for iPhone」 を発表 ~1台でビジネス/パーソナルユースの使い分けが可能に~

日本アバイア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:藤井克美)は、ソフトバンク
モバイルからこのほど提供開始された、「iPhone(TM) (アイフォーン) 3G」(アップル社製)に対応するFMC(Fixed MobileConvergence:固定と携帯の融合)アプリケーションソフトウェア「Avaya one-X(R) Mobile for iPhone 」を発表します。提供開始は2008年内を予定しています。

日本アバイア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:藤井克美)は、ソフトバンク
モバイルからこのほど提供開始された、「iPhone(TM) (アイフォーン) 3G」(アップル社製)に対応するFMC(Fixed MobileConvergence:固定と携帯の融合)アプリケーションソフトウェア「Avaya one-X(R) Mobile for iPhone 」を発表します。提供開始は2008年内を予定しています。

「Avaya one-X Mobile for iPhone」は、iPhone 3GをアバイアのIPテレフォニー・ソ
フトウェア「Avaya Communication Manager」のPBX内線として利用可能にするアプリケーションです。これによりiPhone 3G ユーザーは、会社の番号にかかってきた電話をiPhone 3Gに同時に着信させたり、iPhone 3Gから顧客に電話する際、iPhone 3Gの電話番号の代わりに会社の電話番号を通知することが可能となります。
また、会社のディレクトリーへのアクセス、日時、場所、発信者の電話番号に応じた着信ルールの設定、iPhone 3G上に会社のボイスメールを一覧表示し、自分の聞きたいメッセージを視覚的に選択できる「ビジュアルボイスメール」などビジネスパーソンの利便性を向上する機能を提供します。

本年7月に実施された「ビジネスホンと業務における携帯電話の利用に関する意識調査」*によると、個人で契約している携帯電話を業務で使用しているビジネスパーソンが多く、通信費用も個人で支払っている人が大半であるという結果が出ています。
「Avaya one-X Mobile for iPhone」を利用すると、会社のPBX経由で電話を掛けることができるため、iPhone 3Gユーザーは、会社の電話番号でビジネスユースの通話が可能になります。また、PBXから相手先への通信コストは会社負担となるため、一台でパーソナルユースとビジネスユースの使い分けが可能になります。
※出典:株式会社アイシェア 2008年7月2日発表「ビジネスホンと業務における携帯電話の利用に関する意識調査」

企業は、ソフトバンクモバイルのホワイトプランなどを活用してiPhone 3Gを低コストで導入し、「Avaya one-X Mobile for iPhone」を利用することで、社員の業務効率を向上できます。
iPhone 3G上には会社の電話帳のデータや通話履歴が残らないため、情報保護のコン
プライアンスにも対応できます。

金融業界など顧客との通話記録の保持を重視する企業の営業担当者は、通話記録が不完全な携帯電話でお客様とのやりとりをすることができず、音声録音装置に接続されたオフィスの固定電話を使用せざるを得ないのが現状ですが、Avaya one-X Mobile for iPhoneを利用すると、iPhone 3Gからの通話も会社のPBXを経由するため、PBX側での通話録音が可能となります。
これにより、企業はコンプライアンスを遵守しながら、業務効率および顧客満足度を向上することができます。


Avaya one-X Mobileは、Symbian OS(TM)に加えて本年5月にWindows Mobile(R)に対応しました。日本アバイアは引き続きAvaya one-X Mobileの対応OSおよび端末を拡大し、ユーザーの選択肢を広げることで、企業のモバイル利用の利便性を訴求していきます。

============================
「Avaya one-X Mobile for iPhone 」の主な機能
============================


1.ワンナンバーアクセス
会社の電話番号に掛かってきた電話をiPhone 3Gに同時に着信させることができます。また、iPhone 3G からビジネスユースの電話を掛ける際は、相手先に会社の電話番号を表示させることができます。
これにより、ビジネスの相手に携帯電話の番号を知らせることなく、会社の電話番号にかかっていた電話にいつでもどこでも応答できます。

※iPhone 3Gへの自動着信の開始または停止は、端末からの操作により設定可能また、会社の番号に掛かってきた電話でもボイスメッセージはiPhone 3Gに残すことができるため、会社のボイスメールをチェックする手間がかかりません。

2.コールコントロール
オフィスの固定電話と同様にiPhone 3Gに掛かってきた通話も保留、転送、カンファレンス機能が利用できます。また、内線番号で同僚に電話をかけることができます。

3.VIPスクリーニング
電話番号に応じた着信ルールの設定が可能です。例えば顧客からの電話は会社の電話とiPhone 3Gに同時着信させ、それ以外の電話はボイスメールに応答させることができます。

4.コーポレートディレクトリ
会社のディレクトリーにアクセスし、社員の氏名で電話番号を検索することができます。iPhone 3Gには会社の電話帳データは残らないため、端末を紛失しても情報流出の心配はありません。

5.通話履歴の表示/通話履歴からのコールバック
会社の電話に掛かってきた通話履歴を表示できます。また、通話履歴から電話を掛けたい相手を選択することでコールバックすることが可能です。

6.ビジュアルボイスメール
会社の電話番号に掛かってきたボイスメールを一覧表示し、自分の聞きたいメッセージから順番に再生することができます。
通常は、会社のボイスメール番号に電話を掛けると新着メッセージから順に再生されますが、電話を掛ける手間を掛けず、効率的にボイスメールを聞くことができます。


※「Avaya one-X® Mobile for iPhone」のスクリーンショットは、
下記アバイアのホームページで公開しておりますので、ご参照ください。
リンク

注)スクリーンショットは英語版のものです。国内では日本語版が提供されます。


--------------------------------
アバイア(Avaya Inc.)について  
--------------------------------
アバイア・インク(本社所在地:米国ニュージャージー州バスキングリッジ)は企業の競争優位性の実現を支援するインテリジェント・コミュニケーション・ソリューションを提供しています。アバイアのIPテレフォニー、ユニファイド・コミュニケーション、コンタクトセンター向けソリューション、Communications-Enabled Business Process(CEBP)ソリューション*は、FORTUNE 500™社の90%を含む世界の100万社以上の企業に採用されています。
また、アバイア・グローバル・サービスはあらゆる規模の企業に包括的なサービスとサポートを提供しています。
詳細は、アバイアのWebサイトリンク をご覧ください。
日本アバイアについては、リンク をご覧ください。
*CEBPは、ビジネスの遂行に必要とされる関係者のコミュニケーションを自動化することで、業務効率やサービス品質の向上を支援するソリューションです。

※Avaya、アバイアのロゴおよびAvaya one-Xは、Avaya Inc.の登録商標です。
その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。