logo

調査結果「半数が胸にクレドを抱いて生活。アラフォーに思想の違いも」

半数が胸にクレドを抱いて生活。  ~他世代と違う、アラフォーの憧れ意識

ブロガー向け情報サイト「ブロッチ(http://blogch.jp/)」などネットマー
ケティングを展開する株式会社アイシェアは同社が提供するサービス会員を
パネラーとするリサーチ結果を発表した。

<調査ポイント>
・「クレド」の言葉を知っていた人は11.2%。勤め先で採用は16.0%
・日々の生活の中で「クレド・座右の銘」を持つ人は46.1%
・有名人・偉人への憧れ、最も多いのは「人生観」65.5%
・「アラフォー(around40)」の思想?40代女性の憧れは「考え方」61.9%
 ※アラフォー(around40) 40歳前後の女性のことを指した言葉

<調査結果>
五つ星の「リッツカールトンホテル」で採用されてから各企業でも採用する
ようになってきた「クレド」。だが、一般的な「クレド」の知名度はどのく
らいなのか?20代~50代のネットユーザー男女304名に調査をした。

「クレド」とは、直訳すると「信条・信念」という意味を持つ言葉。「リッ
ツカールトンホテル」では従業員全員に「クレドカード」を所持させている
ことでも有名になった。「クレドカード」は名刺ほどの大きさの紙で、目標
等を記載し常に持ち歩くことで緊張感を持ち、より良いサービスを展開でき
る効果があるという。ここでは、クレド、またなじみ深い「座右の銘を」聞
いた。

「クレドを知っていましたか」という質問をしてみたところ「知っている」
と答えたのは11.2%。9割近くが「クレド」という言葉を知らないということ
が分かった。また「職場でのクレド採用率」も16.0%とほとんどの企業がま
だ取り入れておらず、一般的に「クレド」はまだ浸透率が低いようだ。
しかし「クレドや座右の銘を持って日々生活しているか」という質問では
「持っている」11.2%、「他人に言うほどでもないが持っている」34.9%。
クレドという言葉自体は浸透していないが、心に信念を抱いて生活している
人は半数近くいることが分かった。「クレドや座右の銘」について自由回答
で詳しく聞いてみたところ「上を向いて歩こう(50代男性)」「何事も楽し
む(30代男性)」「しあわせはいつも自分の心が決める(40代女性)」と、
前向きな内容がほとんど。中には「とにかく金になる方を選べ(40代女性)」
という現実的な女性や、「元気があれば何でもできる(30代男性)」と有名
人の格言を信条にしている人も見受けられた。

有名人や偉人に憧れを抱く人も多いようで「憧れの人(偉人、有名人も含む)
のどういうところに憧れますか?」という質問では「人生観」62.2%、「考
え方」52.0%、「自分らしさ」40.1%と、経済面ではなく内面的な部分に憧
れを抱く人が多かった。ただ、基本的に全ての年代・性別が同じような割合
だったが、40代女性だけは「考え方」に憧れを持つ人が61.9%と最も多く、
他の世代とは全く違う調査結果になった。「アラフォー(around40)」と呼
ばれる35歳から45歳までの女性は思想的な面で有名人への憧れを抱く人が多
く、そのことが自己の価値観に忠実といわれる「アラフォーブーム」の元と
なったのかも知れない。

<調査データ>
・あなた自身、日々の生活のなかで「クレド(信念や信条)」また「座右の銘」を持っていますか?
・「クレド(credo)(直訳で信念・信条)」を知っていましたか?
・あなたの会社にはクレドがありますか?
・あなたがお持ちのクレド、もしくは座右の銘を是非おしえてください。
・憧れの人(偉人、有名人も含む)のどういうところに憧れますか?

など

※男女別、年代別に集計

詳しくはWEBをご確認下さい。

<調査概要>
有効回答数:304名
調査日:2008年7月3日~2008年7月4日
男女比:男性:56.3% 女性:43.8%
年代比:20代:18.1% 30代:27.0% 40代:28.9% その他:26.0%

-----------------------------------
 「クレドに関する意識調査」

 ◆詳細はURLからご利用下さい.画像などはご自由にご利用下さい。
  リンク
 ブログのネタを届けるブロガーの為のブログニュース「Blogch.jp」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/白川翔一
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-640-4775
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: リンク
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: リンク

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。