logo

住友精密工業とクロスボー、無線センサネットワーク「neoMOTE(ネオモート)」標準キットの販売開始について

住友精密工業株式会社(以下住友精密)およびクロスボー株式会社は無線センサネットワーク「neoMOTE(ネオモート)」標準キットを2008年7月末より販売開始します。

住友精密工業株式会社(以下住友精密)およびクロスボー株式会社は無線センサネットワーク「neoMOTE(ネオモート)」標準キットを2008年7月末より販売開始します。

無線センサネットワークとは各種のセンサを搭載した小型の無線通信端末が自律的にネットワークを構築するシステムです。無線端末は電池で駆動させることが出来るため、通信機器への電源供給や、センサや計測機器のデータ送受信に使っていた配線を無線に置き換えることが可能になり、作業工数の削減や人手の省力化に利用することができます。

従来、neoMOTEは米国Crossbow Technology, Inc.(以下Crossbow社)の持つコア技術を住友精密が日本で製造した高信頼性ハードウェアに組み込み、カスタム品として国内の特定ユーザーに提供して参りました。neoMOTEは2007年に流通小売店舗向け省エネルギーシステムに採用され、既に数万個の出荷実績を有しており、単なる検証や仮設置使用が多かった従来型の無線センサネットワークとは一線を画し、実産業レベルで長期間の使用が実証された汎用プラットフォームです。

今回「neoMOTE」を標準キットとして販売することにより、今まで蓄積した過酷な環境下で高い通信信頼性を確立できるノウハウを集大成し、設置ツール付き標準品として幅広いお客様へ提供できることとなりました。ケース入り、高効率アンテナ付きの完成品形態で即刻、産業用途にお使いいただけます。

標準キットとしては初年度100セット、無線センサネットワーク事業としては2年後に10億円の売上げを目標としております。

(7月22日~24日に東京ビックサイトにて開催される「ワイヤレスジャパン2008」にもneoMOTEを出展いたします。)

無線センサネットワーク「neoMOTE(ネオモート)」標準キットの主な特長

1. 即座に使えるプリインストール無線端末と基地局のセット

温度、湿度、照度、PT100(測温抵抗体)、外部センサの電圧値を各無線端末から取り込みLAN上のパソコンを使用して監視できます。セット内容は、温度・湿度・照度センサ付き端末が2個、PT100接続用端末が1個、外部センサ接続用端末が1個、基地局端末1個、LAN接続用インターフェース1個、設置支援用端末とインターフェースが1個となっております。

2. 実稼動を十分経験した、洗練された無線ネットワークプロトコル

電波環境の厳しいさまざまな産業現場で長期稼動に耐える実績を蓄積した無線ネットワークプロトコルです。データのパケットロス対策、端末の電池寿命対策等の各種のノウハウが組み込まれております。

3. 短期間で無線センサネットワークを構築できる

無線センサネットワーク設置支援のための各種ツールを標準で備えており、従来お客様側で負担が大きかった現場での設置作業工数を低減し、短期間でシステムを本格稼動させることができます。

4. LAN接続用インターフェースにより、LAN上のパソコンからデータをモニタできる

基地局と複数の無線端末を組み合わせただけの従来型のキットとは異なり、WEBアプリケーションを搭載したLAN接続用インターフェースNB100も含まれることにより、センサデータを簡単に取り込み、LANやWEB上でデータを共有することができます。

キット構成
品名 数量(個) 概略仕様
(1)温度/湿度/照度センサ付き無線端末 2 温度 -30℃~+70℃
湿度 0~99% RH結露なきこと
照度 0~10000Lx
(2)PT100(測温抵抗体)接続用無線端末 1 接続チャンネル数 4CH
(3)PT100(測温抵抗体) 2 温度 -30℃~+70℃、3線式
(2)に使用する
(4)外部センサ接続用(電圧入力)無線端末 1 接続チャンネル数 4CH
0~+2.5VDC
(5)基地局用無線端末 1 USB インターフェース
(6)LAN接続用インターフェース(NB100) 1 RJ45/USBインターフェース
WEBアプリケーションソフト
プリインストール
(7)メンテンナンス用無線端末 1 設置支援ツールソフトを使用し
設置作業を効率化するための端末
(8)メンテナンス用PCインターフェースMIB 520 1 (7)と共に使用する
(9)その他 1 CD、スタートガイド

【無線端末仕様】
MPU:Atmel AVR 8bit RISC Core 無線変調方式
O-QPSK 無線規格:IEEE802.15.4  周波数:2405~2480MHz
データ転送速度:250kbps 送信出力:0dBm
電波法工事設計認証取得済
電源:単3二次電池 6本 又はACアダプタ

【販売価格】
上記構成で、1セット30万円台を予定しております。

住友精密の無線センサネットワーク事業の位置付け
住友精密は無線センサネットワークにおいて世界最先端の技術を有する米国Crossbow社との協業により事業推進してまいりました。従来、米国Crossbow社製品の国内販売を主体としておりましたが、無線センサネットワークの市場は急速に拡大するとみており、2008年4月よりセンサネットワーク事業室を新設し、事業に注力する体制を構築しました。

現在、米国ではカリフォルニア州のワイン畑等において農業向け無線センサネットワークを導入し顕著な効果が実証されるなど、環境、エネルギーモニタリングにとどまらず、多方面へのアプリケーションが展開されております。

住友精密は今後ともneoMOTEを汎用プラットフォームとして、無線センサネットワークを核にした製品開発と新規アプリケーション展開に注力し、ユビキタス社会の実現へ貢献してまいります。

お問合せ先
〒660-0891 兵庫県尼崎市扶桑町1-10 (住友精密構内)
クロスボー株式会社
Tel 06-6489-5922 Fax 06-6489-5902 info@xbow.jp
www.xbow.jp

〒660-0891 兵庫県尼崎市扶桑町1-10
住友精密工業株式会社 総務人事部 総務グループ
Tel 06-6482-8811 Fax 06-6489-5801
www.spp.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事