logo

富士ソフトとヤッパ デジタル機器向けユーザーインタフェースで 包括的業務提携

富士ソフト株式会社(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長:白石晴久、以下富士ソフト)と、株式会社ヤッパ(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:伊藤正裕、以下ヤッパ)は、この度ヤッパが開発し販売するデジタル機器向けユーザーインタフェースに関して、包括的な業務提携をすることに合意しました。

今回の業務提携は、ヤッパが開発した2D/3Dユーザーインタフェースがデジタル機器で動作するのに必要なアプリケーションの開発と、そのアプリケーションの移植・実装に関わる開発業務を富士ソフトが行うことを合意するものです。富士ソフトは、ヤッパが蓄積してきたユーザーインタフェースデザイン及び独自のノウハウや技術の提供により、デジタル機器開発メーカーからの幅広い要望に応えることができるようになります。またヤッパは、ユーザビリティ向上のためのデザイン設計及び開発に注力できるようになり、より高品質な2D/3Dユーザーインタフェースの開発が期待できます。
販売の面でもそれぞれが持つ販売経路を生かした包括的な営業協力を行うことで拡販を図るほか、富士ソフトでは国外のニーズに対応するため、海外での営業展開を進めます。

現在、デジタル機器、特にモバイル端末におけるユーザーインタフェースは、購入の際の選定ポイントにおいて、非常に重要なファクターとなっています。より使いやすく、そして綺麗なデザインが求められる中、ヤッパの2D/3Dユーザーインタフェースは、卓越したデザインと先進的な2D/3D描写技術により、ユーザーにとって新しいユーザーインタフェースを提供します。

用語解説

<ヤッパ製品について>

【Spin UI エフェクト エンジン】
マルチプラットフォーム向けに開発された革新的かつ表現豊かなエフェクトを可能とするエンジンです。このエンジンは様々なエフェクトおよびアニメーションをサポートし、直感的かつ魅力的なメニューの画面遷移をシームレスに実現します。開発者はそれらのエフェクトを効果的かつ容易に利用可能です。

【ヤッパ OpenGL ES エンジン】
Khronos Groupが提唱するOpenGL ESヤッパオリジナルに改良した2D/3Dグラフィック用APIです。OpenGL 1.3を組み込み機器での利用に向けたサブセットです。機器やOSを問わず様々なプラットフォーム上で動作します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事