logo

「2008年版トナーマーケット総覧」を刊行前特別割引で予約販売開始

~8月25日(月)まで10%OFFでご提供!  新ケミカルトナーの登場で変容するトナー関連市場の構造分析~

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、株式会社データサプライが2008年8月28日に刊行を予定する調査資料「2008年版トナーマーケット総覧」の特別割引価格による予約販売を開始しました。

詳細ページ: http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?cns18_zc

報道関係者各位

平成20年7月11日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
「2008年版トナーマーケット総覧」を刊行前特別割引で予約販売開始

~8月25日(月)まで10%OFFでご提供!
 新ケミカルトナーの登場で変容するトナー関連市場の構造分析~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、株式会社データサプライが2008年8月28日に刊行を予定する調査資料「2008年版トナーマーケット総覧」の特別割引価格による予約販売を開始しました。

詳細ページ: リンク


■■ 調査趣旨 ■■

複写機(MFP)、プリンタ、FAX 等の市場成長にかげりが見え始めていますが、高速分野には、印刷市場にとって代わる新しい市場が形成され始めてきています。また、モノクロからカラーに移る事によるビジネスの収益構造にも変化をきたしてます。

こうした中で、トナーの占める役割は大きいと言えます。ハードウェアに利益を求めず、消耗品であるトナーやカートリッジで利益をあげるビジネス構造が、各メーカーによる多様なケミカルトナーの上市となって表れています。

1.粉砕トナーは、純正品市場としてまだ拡大の一途をたどっています。既に5.5μm の高精細トナーの出現により、ケミカルトナーとの画質競争も 始まり、カラー複写機の分野では大量に使われるようになっています。

2.一方、トナーの転写効率が高くサードパーティ品が出にくい「ケミカルトナー」は、どのメーカーも増産を続けています。既に、当初スチレン-アクリル系ケミカルトナーが中心でしたが、ポリエステル系ケミカルトナーも出現し、トナービジネスの業界構造にも大きな影響をもたらす事になるでしょう。日本以外のケミカルトナーでは、台湾、韓国のメーカーについても情報を報告します。

3.トナーには多様な要求が求められています。対環境性であり、低温定着性でもあります。このため、トナー材料は、重金属フリー、材料の新しい選択が求められ、その結果、材料メーカーの供給関係や力関係が大きく変わらざるを得ないのです。

4.また、中国では、トナー、帯電ローラー、ヒートローラー、カートリッジ等に国家(省)標準を作ろうという動きも急で、日本メーカーとしても何らかの対策が求められるようになっています。こうした状況の中で、各メーカーはどのような方向性を求められていくのかを総合的に取材・分析を行います。


■■ 調査概要 ■■

調査期間:
 2008年6月~2008年8月下旬

調査方法:
 ・取材対象メーカーへの直接訪問面接調査
 ・公開されている文献、資料、統計等の分析及び調査
 ・弊社に蓄積されているデータの活用

調査形態:
 本調査はマルチクライアント方式による調査


■■ 調査項目 ■■

A.分析編

1.全世界でのトナー生産動向

 1)製造法別生産量推移(2006年~2012年)
  粉砕トナー/ケミカルトナー(スチレン-アクリル系とポリエステル系)
 (1)モノクロ (2)カラー

 2)地域別成分別生産量推移(2006年~2012年)
  [磁性1成分(モノクロ)、2成分(モノクロ)、非磁性1成分(モノクロ)、
  2成分(カラー)、非磁性1成分(カラー)]
  (1)北米・南米(2)欧州(3)日本(4)アジア・その他

 3)トナーの生産金額推移(2006年~2012年)

 4)OEM量とサードパーティ量

 5)全世界のメーカー別トナー生産量(2006年~2012年)

2.全世界でのトナー需要動向(2006年、2007年、2012年)
  [地域別用途別需要動向 モノクロMFP/カラーMFP/モノクロプリンタ
  /FAX/カラープリンタ(MFP)]
  (1)北米・南米(2)欧州 (3)日本 (4)アジア・その他

3.ケミカルトナーの最新動向

 1)用途別生産量の推移(2006年~2012年)
 2)参入メーカーの最新動向と将来予測(2006年~2012年)
  (1)懸濁重合法(モノクロ・カラー)
   [キヤノン、日本ゼオン]
  (2)乳化重合法(モノクロ・カラー)
   [富士ゼロックス、コニカミノルタサプライズ、三菱化学、Avecia]
  (3)その他(モノクロ・カラー)
   [富士ゼロックス、リコー、DPI Solutions、Sinonar]

 3)主要トナーメーカーのケミカルトナーに対する見解と研究・開発、
及び上市の可能性
  第3世代ケミカルトナーの登場と影響力

 4)主要レジンメーカーのケミカルトナーに対する見解と今後の対応

4.日本のハードメーカーとトナーメーカーの主要供給関係

 1)モノクロ(アナログ/デジタル)MFP

 2)カラーMFP

 3)モノクロプリンタ/FAX

 4)カラープリンタ

5.関連材料市場動向

 5-1.レジン市場

 1)日本メーカーのレジン生産動向
 (1)種類別地域別レジン生産量/生産金額(2006年~2012年)
 (2)メーカー別生産動向(2006年~2012年)
 (3)国内外のトナーメーカーへの拠点別納入量(2006年~2012年)
 (4)OEM量とサードパーティ量
 (5)ケミカルトナーによるレジン生産への影響
   i.ポリエステル系レジン ii.スチレン-アクリル系レジン

 5-2.キャリア市場

 1)日本メーカーの用途別種類別キャリア生産動向(2006年~2012年)

 2)種類別粒径別生産動向(2006年~2012年)

 3)コーティング材料別生産動向

 4)ケミカルトナーの影響

 5)OEM量とサードパーティ量

 6)主要納入先

 7)技術動向

 5-3.磁性粉市場

 1)日本メーカーの磁性粉生産動向(2006年~2012年)
 2)OEM量とサードパーティ量
 3)ケミカルトナーの影響
 4)主要納入先
 5)価格動向

 5-4.荷電制御剤(CCA)市場

 1)日本メーカーの種類別荷電制御剤生産動向(2006年~2012年)
 2)OEM量とサードパーティ量
 3)ケミカルトナーの影響
 4)主要納入先
 5)価格動向
 6)荷電制御剤の全体動向と今後

 5-5.カラートナー用色材市場

 1)日本メーカーのカラートナー用色材生産動向(2006年~2012年)
 2)ケミカルトナーの影響
 3)価格動向
 4)主要納入先
 5)カラートナー用色材の全体動向と今後

 5-6.外添剤市場

 1)日本メーカーの外添剤の生産動向(2006年~2012年)
 2)ケミカルトナーの影響
 3)主要納入先
 4)価格動向
 5)外添剤の全体動向と今後

 5-7.WAX市場

 1)日本メーカーのトナー用WAXの種類別生産動向(2006年~2012年)
 2)ケミカルトナーの影響
 3)主要納入先
 4)価格動向
 5)WAXの全体動向と今後

 5-8.カーボンブラック市場

 1)日本メーカーのカーボンブラック生産動向(2006年~2012年)
 2)ケミカルトナーの影響
 3)カーボンブラックの全体動向と今後

B.トナー市場編

B-1.海外メーカー

1.生産動向

 1)用途別成分別生産量推移
 2)メーカー別生産量推移
 3)色別メーカー別生産量推移

2.海外メーカーの個別動向

用途別成分別生産量推移/トナーの最新動向

3.海外メーカーの生産拠点一覧

 1)北米南米地域
 2)欧州地域
 3)アジア地域における生産拠点

B-2.日本メーカー

1.生産動向

 1)製法別モノクロ/カラー別生産動向(2006年~2012年)

 2)用途別成分別生産量推移(2006年~2012年)
  (1)全体 (2)国内生産分 (3)海外生産分

 3)メーカー別生産量全体推移(2006年~2012年)
 4)色別メーカー別生産量推移(2006年~2012年)
  (1)モノクロトナー (2)カラートナー

 5)トナー製法別のメーカー別生産量推移(2006年~2012年)
  (1)懸濁重合法(2)乳化重合法(3)その他(4)粉砕法
  (5)スチレン-アクリル系トナーとポリエステル系トナーの現状と今後

 6)トナー成分別のメーカー別生産量推移(2006年~2012年)
  粉砕トナーとケミカルトナーの位置付け
 (1)磁性1成分(モノクロトナー) (2)2成分(モノクロトナー)
 (3)非磁性1成分(モノクロトナー)(4)2成分(カラートナー)
 (5)非磁性1成分(カラートナー)

 7)メーカー別粒径別生産量動向(2006~2008年見込)
 (1)粉砕トナー  i.モノクロトナー ii.カラートナー
 (2)ケミカルトナー  i.モノクロトナー  ii.カラートナー

 8)高速対応トナー(モノクロ/カラー)の技術動向

 9)ハードメーカーへのトナーメーカーの納入量(2007年実績)


2.国内外生産拠点概要
 工場名/住所/電話番号

3.メーカーの個別動向(2006年~2012年)

 1)キヤノン 2)リコー 3)富士ゼロックス 4)コニカミノルタ
 5)京セラミタ6)シャープ 7)東芝テック
 8)パナソニックコミュニケーションズ 9)巴川製紙所
 10)三菱化学 11)DIC 12)東洋インキ製造 13)花王 14)東京インキ
 15)FDK 16)日立金属 17)サカタインクス 18)アイメックス
 19)日本ゼオン20)カシオ電子工業 21)三笠産業 22)大研化学工業


C.レジン市場編

1.全世界でのレジン生産動向
 1)地域別生産量推移(2006年~2012年)

2.日本メーカーの生産動向
 1)地域別種類別生産量推移(2006年~2012年)
 2)地域別種類別生産金額推移(2006年~2012年)

 3)メーカー別生産動向(2006年~2012年)
  (1)全体 (2)スチレン-アクリル系 (3)ポリエステル系(粉砕ト
  ナー用、ケミカルトナー用) (4)その他

 4)種類別地域別生産動向(2006年~2012年)
  (1)スチレン-アクリル系 (2)ポリエステル系 (3)その他

 5)トナーメーカー(工場別)へのレジンメーカーの供給量(2007年実績)
  (1)スチレン-アクリル系 (2)ポリエステル系 (3)その他

 6)レジンメーカーの生産拠点概要
  (1)国内生産拠点一覧 (2)海外生産拠点概要

3.メーカーの個別動向

 1)三洋化成工業 2)藤倉化成 3)三井化学 4)三菱レイヨン
 5)積水化学工業6)DIC 7)花王 8)星光PMC 9)その他メーカー

D.関連材料市場編

1.キャリア市場

 1)メーカー別生産量、生産金額(2006年~2012年)

 2)種類別メーカー別生産量推移(2006年~2012年)
  (1)鉄粉キャリア(2)フェライトキャリア
  (3)マグネタイトキャリア(4)樹脂キャリア

 3)用途別種類別生産量、生産金額推移(2006年~2012年)

 4)種類別粒径別生産量推移(2006年~2012年)

 5)コーティング材料別生産量推移(2006年~2008年見込)

 6)キャリアメーカーの主要納入状況(2007年実績)

 7)OEM量とサードパーティ量

 8)市場及び技術動向
  (1)市場動向(2)環境対応(3)ケミカルトナーの影響

 9)メーカー別生産拠点一覧

 10)個別メーカー動向
  (1)パウダーテック(2)関東電化工業
  (3)DOWA IP クリエイション(4)戸田工業

2.磁性粉市場

 1)メーカー別生産量推移(2006年~2012年)

 2)メーカー別納入金額推移(2006年~2012年)

 3)メーカー別主要納入状況(2007年実績)

 4)OEM量とサードパーティ量

 5)粉砕トナー用とケミカルトナー用の磁性紛

 6)メーカー別生産拠点一覧

 7)個別メーカー動向(2006年~2012年)
  (1)戸田工業(2)三井金属鉱業(3)チタン工業(4)関東電化工業

3.荷電制御剤(CCA)市場

 1)種類別メーカー別生産量、生産金額推移(2006年~2012年)

 2)市場全体動向

 3)最新技術動向
  (1)カラー対応 (2)環境対応動向

 4)価格動向

 5)荷電制御剤メーカーの主要納入状況(2007年実績)

 6)OEM量とサードパーティ量

 7)メーカー生産拠点一覧

 8)粉砕トナー用とケミカルトナー用のCCA納入量

 9)個別メーカー動向(2006年~2012年)
 (1)オリヱント化学工業(2)保土谷化学工業
 (3)クラリアントジャパン(4)藤倉化成(CCR=荷電制御レジン)

4.カラートナー用色材(Y.M.C.)市場

 1)色別生産量、生産金額推移(2006年~2012年)

 2)色材の最新動向と価格動向

 3)OEM量とサードパーティ量

 4)粉砕トナー用とケミカルトナー用の色材納入量

 5)個別メーカー動向

 (1)大日精化工業 (2)DIC (3)クラリアントジャパン
 (4)東洋インキ製造(5)山陽色素

6)メーカー動向
(1)三洋化成工業 (2)三井化学 (3)日本精蝋 (4)東洋ペトロライト
(5)クラリアント (6)他

5.外添剤(シリカ、酸化チタン、有機微粒子、他)市場

 1)種類別生産量、生産金額推移(2006年~2012年)

 2)外添剤の最新動向

 3)納入状況

 4)主要製品と価格

 5)ケミカルトナーの外添剤への影響

 6)主要メーカー動向
 (1)デグサ/日本アエロジル(2)キャボット(3)ワッカー
 (4)チタン工業(5)テイカ(6)トクヤマ

6.トナー用WAX市場

 1)生産量、生産金額推移(2006年~2012年)

 2)WAXの種類

 3)低融点商品

 4)納入状況

 5)種類別価格

 6)メーカー動向
 (1)三洋化成工業(2)三井化学(3)日本精蝋(4)東洋ペトロライト
 (5)クラリアント(6)他

7.カーボンブラック市場

 1)生産量、生産金額推移(2006年~2012年)

 2)納入状況

 3)メーカー動向
  (1)三菱化学 (2)キャボット (3)デグサ

E.電子写真ハードのトナー成分別機種一覧
1.MFPのトナー成分別主要機種一覧
2.レーザー/LEDプリンタのトナー成分別主要機種一覧
3.レーザー/LEDFAXのトナー成分別主要機種一覧


■■ 概要 ■■

商 品 名:2008年版トナーマーケット総覧
     「新ケミカルトナーの登場で変容するトナー関連市場の構造分析」
発 刊 日:2008年8月28日(予定)
判   型:A4版ワープロ製本
発   行:株式会社データサプライ
調査・制作:株式会社データサプライ
販   売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
価   格:
    ■早期割引価格 567,000円(税抜540,000円+消費税27,000円)
    ■通常価格   630,000円(税抜600,000円+消費税30,000円)
     ※上記以外に別途送料500円を申し受けます。
     ※8月25日迄にご注文頂いた場合のみ「早期割引価格」でご提供致
     します。刊行後のご注文は通常価格とさせて頂きます。

※情報商品という性質上、開封後のお客様のご都合による返品には理由の如何に
よらずお受けいたしかねます。ご了承ください。

詳細ページ: リンク


【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:谷口
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。