logo

Pioneer Consulting社、Emerging Wireless部門からモバイルコンテンツ配信分野でのディスラプティブな動向に注目した新たな調査報告書を発表

株式会社グローバル インフォメーション 2008年07月09日 15時00分
From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社Pioneer Consultingの発行する最新の英文調査報告書「Multimedia Mobile Content Distribution」の販売を開始いたしました。

米国の調査会社Pioneer Consultingが発行した報告書「Multimedia Mobile Content Distribution」では、モバイルCDN (Content Distribution Network) の出現とUOC(User Originated Content)の台頭に関する調査を行っています。エンドユーザー間のコンテンツ共有が増える中、モバイルコンテンツのバリューチェーンは2012年までに総収益機会の28%を占める164億米ドルという大きな収益機会が失われる危険性にさらされていると同社では推計しています。


同書の重要ポイントには以下の内容が含まれます。



?▽ インターネットによるコンテンツ配信パラダイムの進化図

?▽?モバイルコンテンツ配信の将来を形成する新しい動向

?▽ モバイルコンテンツ配信のバリューチェーン分析

?▽?コンテンツバリューチェーン企業の開発分析

?▽ モバイルコンテンツ配信市場の市場予測と破壊的影響のレベル



【 英文市場調査報告書 】


Multimedia Mobile Content Distribution



マルチメディアモバイルコンテンツ配信



リンク



出版社Pioneer Consulting



出版日2008/06




【 本件に関するお問合せ先 】



株式会社グローバル インフォメーション



〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3



アーシスビル 7階



担当: 営業1課



E-mail:sl1@gii.co.jp



電話: 044-952-0102



FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。